|  |  |  |

 

今年の聖週間のミサはコロナ感染防止対策を配慮して、例年の典礼の一部が変更されました。主の復活を迎える聖なる3日間の典礼を多くの会衆の皆さんと共に喜びのうちにお祝いしました。

3日間の典礼で変更になった内容をお知らせします。

 

4/1 聖木曜日【主の晩餐の夕べのミサ】

  • 洗足式は取りやめ
  • 拝領祈願後の聖体の仮安置所への行列を取りやめ、聖堂の聖櫃に安置
  • ミサ後会衆は各自がそれぞれ聖櫃の前で祈り

 

4/2 聖金曜日【主の受難の祭儀】

  • ミサの開始を例年の午後7時から3時に変更
  • 十字架の顕示は司祭が祭壇の前で十字架を受け取り顕示
  • 十字架の礼拝は祭壇前に置かれた十字架に司祭が崇敬後、奉仕者が十字架を会衆に向かって掲げ、会衆は自席から十字架に向かって深く礼をし、崇敬を表した

 

4/3 復活の主日【復活の聖なる徹夜祭】

  • 光の儀式は例年ルルド前で行われた火の祝福、復活ろうそくの点火、聖堂への行列を取りやめ、祭壇前で執り行い、復活ろうそくを祭壇のろうそく台に安置
  • 志願者の準備の勉強会が一年に亘って中止のため、洗礼式は行われず、水の祝福と洗礼の約束の更新の後、司祭が会衆に聖水をふりかけて祝福



 |  |  |  |

千葉県における8月2日からの「緊急事態宣言」発出に伴い、松戸教会での宣言期間中のミサは(聖母被昇天の祭日のミサを含めて)中止となります。緊急事態宣言が解除され次第、ミサは再開されます。




 |  |  |  |

2021年6月6日(キリストの聖体の祭日)

6名の子どもたちが初聖体のお恵みを授けていただきました。

聖書が朗読されて神父さまがお説教をなさった後、いよいよ式の始まりです。

保護者の方が「復活のろうそく」から「初聖体のろうそく」に火をともして、子どもたちに手渡します。

皆でお祈りをささげます。

「きょう、ぼくたちは、 初聖体(はつせいたい)のおめぐみをうけます。ありがとうございます。

きれいな心(こころ)でイエスさまをおむかえできるように 準備(じゅんび)してきました。

イエスさまと 一つになれることが とてもうれしいです。

イエスさまのような やさしい心(こころ)をもって、お友(とも)だちと仲(なか)良(よ)くし、

すすんで まわりの人のお手つだいができる 子どもになりたいです。

どうぞ おみちびきください。」

厳粛な気持ちで、ご聖体をいただきます。

・・・イエス様と一つになって、それまでの緊張が喜びに変わりました。

 

神さま、この素晴らしいお恵みをありがとうございます!!




 |  |  |  |

教会学校に子どもたちが久しぶりに集まりました。今日から対面での教会学校の始まりです。

4月から中学生になった2名の卒業式を行いました。(延期になっていました。)

神父様より証書をいただき、卒業を実感しましたね。おめでとう!

そのあと今年度の始業式です。神父様のお話を聞きました。

教会学校の今年のテーマは “ わたしたちは みんな神さまのこども    つながろう ひとつの家族 “ です。

松戸教会転入の新しいお友達が二人、教会学校に入りました。お友達、増えて嬉しいですね。久しぶりに会うみなさん。昨年の2月以来なのですから、学年は2学年上になっていて、昨年1年間のみなさんを見ていない。でも、それぞれ大きく成長していることに驚きました。

これからまた、ともにイエス様のもとへと歩いていきましょう。

 




 |  |  |  |

   昨年からコロナの影響でみんなが集まっての通常の授業ができません。

教会学校では2月よりZOOMによるオンラインでの授業を開始しました。

各ご庭の通信環境や時間制限もあり、対面の授業のようにはいきません。

それでも同じ時間に一緒にお祈りしたり、絵本でイエス様のお話を聞いたり、

みんなが神様を通してつなっがているということを感じられます。