|  |  |  |

6月8日から9日の2日間にわたって、東葛飾宣教協力体(松戸教会、豊四季教会、亀有教会の3教会)として福島の浪江町へボランティアへ行ってきました。豊四季教会の立花神父様を含めて総勢28名での活動となりました。松戸教会からは9名参加しました。

初日は7時半に豊四季教会に集合し、立花神父様のお祈りで活動の無事をお祈りしました。

出発前のお祈り

 

福島まではおよそ3時間半かかります。
最初に富岡駅に行き、カリタス南相馬のスタッフの方と合流しました。富岡駅は数年前にも訪れています。そのときは津波被害の跡が生々しい状態でしたが、現在はすっかり整備されました。ただし、人はいなく閑散としており、その状況が立派な施設と対照的で異様に感じました。

富岡駅

 

富岡駅周辺はまだまだ建設中です。駅から少し離れたところから見るとこんな感じです。ちょうど特急電車が通過しているところでした。

富岡駅3

 

富岡駅の近くを見て回りました。津波がれきや除染作業で発生した廃棄物などが集められています。

富岡に集められる廃棄物

 

集められた廃棄物を焼却する施設(減容施設と言うそうです)が建てられていました。

富岡の償却(減容)施設

 

「富岡は負けん!」の横断幕がありました。避難指示解除まで歩道橋につけられていて、現在はここにあるそうです。テルテル坊主は地元の人が飾った6月のオブジェらしいです。(正月には門松が並ぶそうです。)

富岡は負けん!

 

富岡駅近くの公園に置かれている、津波で被害にあったパトカーとその記念碑を見てきました。津波が迫る中、避難を促して地区を回り続けていたそうです。搭乗していた2人の警官のうち1人は行方不明とのこと。このような人達が亡くなってしまったことは、本当に残念です。

富岡のパトカー

 

モニュメントの前でみんなでお祈りを捧げました。

慰霊碑の前でお祈り

 

昼食は富岡駅近くのショッピングモールでいただきました。
食事の場所はイートインとなっていて、作業員とみられる皆さんでにぎわっていましたが、日常品売り場は残念ながら閑散としている状況でした。

富岡ショッピングモール

 

 

有名な富岡の夜ノ森公園の桜並木です。春には見事な桜が咲きます。
桜の時期に大勢の人が来ている様子はテレビで見ましたが、我々が訪れたときは通る人はまったくいませんでした。

夜ノ森公園

 

富岡町には、まだ帰宅困難地域が存在します。規制解除地域との間はこのようなバリケードで区切られていて、警備員がいます。複雑な思いを抱かせる風景です。

富岡のバリケード

 

富岡町から浪江町に向かいました。富岡町は原発の南、浪江町は原発の北です。国道6号線で原発周辺の街を抜けて行きました。相変わらずバリケードで囲まれた街がそこにありました。何度見ても異様な風景です。心に焼き付きます。

富岡から浪江へ

 

 

 

浪江町に近づいてきました。請戸の仮設焼却施設と仮設廃棄物置き場です。浪江町のがれきや廃棄物はここに集められて焼却(減容)されます。

請戸の仮設焼却施設・仮置き場

 

処理される廃棄物の山を、近くから見ました。トン袋(ゴミを入れる袋、いっぱいにすると1トンになる)が積み上げられていました。

処理施設

 

施設は、まだまだ建設中です。

処理施設2

 

請戸には防波堤がどんどん作られています。風景はすっかり変わろうとしています。

そこでこれはいったいなんだろうという不思議な景色もありました。

請戸の防波堤にて

 

請戸にある墓地です。墓石は倒れたままです。

墓石が倒れたままの墓地

 

請戸には津波の被害跡がまだ点在しています。

請戸の津波被害1

 

こちらにも

請戸の津波被害2

 

請戸小学校跡です。

請戸小学校1

 

時計は津波が学校を襲った時間でとまっています。
しかし、小学校の生徒たちは奇跡的に全員無事でした。みんなでこの近くで唯一の高台に逃げたそうです。

請戸小学校2

 

そしてその高台には、現在は慰霊碑があります。(新しい墓地も建てられていました。)カリタスジャパンのスタッフの南原さんに説明をしていただきました。大勢亡くなりました。原発の事故がなければ助かった命もあったはずです。なお、その時の模様を描いた映画が”浪江町消防団物語「無念」”です。機会があり、私も見せていただきましたが、いろいろと考えさせられる映画でした。いろいろなところで上映されている映画ではありませんが、皆さんも機会があれば、ぜひご覧ください。

記念碑の前で

 

みんなで被災者を思って、お祈りしました。

記念碑の前でお祈り

 

慰霊碑の前で集合写真を撮りました。

集合写真

 

 

去年に引き続き希望の牧場を訪れました。原発事故で飼えなくなった牛を引き取って育てています。

希望の牧場

 

小高駅近くの東町エンガワ商店でスタッフおすすめの地元の牧場のアイスをいただきました。大変おいしかったです。最近、小高駅の近くに柳美里の本屋がオープンしたというニュースを見ました。ぜひ一度行ってみたいです。

東町エンガワ商店

 

人がほとんどいなくなった仮設住宅も見に行きました。そのうちに取り壊されるのでしょう。

仮設住宅

 

 

 

宿泊先のカリタス南相馬に到着しました。

原町教会で立花神父様にミサをあげていただきました。

立花神父様の御ミサ

 

夕食はカレーでした。とってもおいしかったです。

夕食

 

食事の風景です。

 

食べ終わったら、お片付けもお仕事です。

お片付け

 

食事後、明日のボランティアのことについて、オリエンテーションをしていただきました。

オリエンテーション

 

 

食事の後は、分かち合い…です。いろいろな話をして、夜が更けていきました。

分かち合い

 

カリタスジャパンのスタッフさんに演奏を披露していただきました。

スタッフの演奏

 

 

 

翌朝はラジオ体操から始まりました。

ラジオ体操

 

朝ミサは幸田司教様にたてていただきました。

司教様の朝ミサ

 

 

カリタス南相馬の前での全体写真です。

全体写真

 

 

 

ボランティアのお仕事は浪江町で玉ねぎ畑の草取りをしました。きれいになって依頼主さんに喜んでいただきました。依頼主さんはもとはお米の農家さんだったそうですが、去年浪江町に戻って玉ねぎ畑を始めたそうです。一人で雑草は取り切れず、ボランティアをお願いしたそうです。今回はたまたまボランティアの依頼と私たちの計画が合致して、お手伝いすることができましたが、マッチングは難しそうでした。

草取り

 

 

ボランティア終了後、浪江町役場の前で。浪江町は社協と呼べるものがない状態のようです。復興にはお金も必要ですが、やはり人がカギなのですが、一度人がいなくなってしまうと戻すのは本当に大変です。実感しました。

社協前で(終了)

 

ボランティアの後は温泉によって、汗を流して帰りました。

 

これからも、東北だけの問題とせず、自分の問題として捉え、来年も支援活動を継続する予定です。そして、出来るだけ、初めての方々にご参加いただける内容にしていければと思っています。
最後に今回の活動を、祈りや支援で支えてくださった皆様本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、あいにくの雨、そして、強風…いつもの場所とは違い、屋根のある地下ホール前で行われました。ご近所の方には、分かりづらかったかもしれません。
強風で、籠が飛ばされたり、雨が入ってきてしまったりしてしまいましたが、季節の変化が感じられる野菜やフルーツは、相変わらず大人気です。葉物もピシっと伸びていて、新鮮な者だとすぐわかりますね!

 

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(3種類)

今年は、これで最後になります。
大粒のものから小粒のものまで、取り揃えています。
小粒なものは、ジャムには最適ですね。

 

 

フルーツトマト

糖度が8度以上のトマトを総称した呼び名がフルーツトマトです。(一般的なトマトの糖度は4~5とされています)
糖度は、普通のトマトに比べ2倍以上で、甘味・酸味・香りが強く、日持ちします。最近は20度を超える日も多くなってきましたから、トマトを食べたいという日も増えてきましたよね。

 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
葉物は、同じ値段で量が2倍以上というものもありました。かぶれ菜など季節のものがならびます。

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」です。
そろそろ暑くなってきて、お持ちいただけなくなる時期になってきました。
今年は、次回(6月)が最後かもしれません。

 

 

 

次回も、6月の第3週6月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、久々にずっと来ている販売に来ている方が来てくださり、色々と話に華が咲いていました。
2か月に1度という事もあり、「え?もう…」というような季節の野菜やフルーツがあり、季節の移り変わりの速さを感じます。福島という事もあり、千葉とはまた違ったものがみられるのも楽しいところですね。
今年は、夏の長雨、そして、寒波の影響で、千葉でも、葉物を中心に不作という事もあり、皆さん、心待ちにした即売会でした。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
旬のあさつきやアスパラ菜を始め、様々な野菜が並びました。
白菜やホウレンソウといった葉物もあり、あっという間に完売になってしまいました。

 

 

次回は、4月の第3週4月15日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

聖ミカエル祭バザーを挟んだので、実質4か月ぶりの登場です。
もう冬の野菜やフルーツが並んでいます。前回は夏だったのに…やっぱり、隔月だとそういう風になってしまいますね。
今日は、風が強くなることが予想されたので、いつもより奥で販売しました。その分、信者じゃない方は、気づきづらかったかもしれません。

 

 

● 今月のおすすめ品

りんご(ふじ 蜜入り)

福島県のリンゴ産地は他のリンゴ主産県と比較して温暖な地域に位置しています。そのため、秋の成熟期でも落葉が少なく、光合成を十分に行うので、養分を果実に送り込むことができます。蜜が入ることでさわやかさに甘みが加わり、バランスのとれた美味しさです。

 

西洋ナシ(ラ・フランス)

ラ・フランスは、果肉は、石細胞が少なく多汁でとろけるように柔らかく、高級マスクメロンのような食感で、糖度も14-15度にもなりそれでいてそれを脇でしっかりと支えるやさしい酸味があるので甘ったるいわけではなく、濃厚な味わいが楽しめます。そして何よりも、芳醇な芳香があり、西洋梨の最高峰といわれてきました。

 

サゴハチ

福島などでは有名な「三五八漬け」の素です。名前の由来はレシピの割合から、食塩、麹、蒸米を3:5:8の割合で混ぜあわせたのが由来です。 糠漬けのように混ぜる手間もなく約6時間から1日の漬け時間であっさりとした麹浸けができます。「嫁修行いらず」と言われているくらい、手軽に作れます。

 

峠のそば

松戸教会でもおなじみの「ゆべし」を生産されている只見町のヤマサ商店さんの峠のそば。
ヤマサ商店さんは、八十里庵”というそば屋さんを営んでいらっしゃいます。そのヤマサ商店さんが生産した会津産のソバ粉を使ったとてもおいしい生そばです。

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

 

 

 

次回も、2月の第3週2月18日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

11月10日、11日の両日にわたって、松戸教会としては13回目の、そして、東葛飾宣教協力体として亀有教会・豊四季教会・松戸教会の3教会合同では9回目の「東北支援ボランティア活動」に、(亀有教会主任司祭・松田神父様を含む)総勢18名で行ってまいりました。

今回は、実際のボランティア活動は行なわず、カリタス原町ベースNPO福島やさい畑のスタッフに現地をご案内いただき、現状を見聞して今後のボランティアの方向を考えるという主旨で、スケジュールを組みました。

 

出発前、今回の感じ教会の松戸教会の信徒より趣旨説明があり、立花神父様の祝福をいただき、カリタス原町ベース(カトリック原町教会)に向かいました。

 

 

去年伺ったときは、まだ施設をカトリック原町教会の敷地内に移設中であったカリタス原町ベースは、無事に新築され、新たな場所で活動をおこなっている状況です。(前回はちょっとだけ、移設のお手伝いもしました。)1階に開かれているカフェは、寺内応急仮設住宅集会所で開いていたサロンを移設してきたものとのことです。(以前のサロンに、ボランティアとしてお伺いしました)ぱっと見て柿が干してあるのが目に飛び込んできました。原町で療養中の幸田司教様のブログによると1週間ほど前に取ってきた柿のようです。


カリタス原町ベースの写真です。

 

 

まず、松田神父様に司式していただき、原町教会でミサをささげました。
被災して亡くなった方々のこと、大変な思いをしながら被災後の生活を送っているみなさんのことなどを思いながらミサにあずかりました。

 

その後、カリタス原町ベーススタッフの案内で被災地を回りました。

いくつか紹介します。

 

津波の跡地に建てられたメガソーラー施設です。
ちょっと異様な光景ではありました。

 

現在の仮設住宅です。集約が進んでいて、こちらの仮設住宅は全員退去したそうです。

 

仮設住宅は集約されてこちらに移っているとのこと。でも人は少なく異様でした。

 

希望の牧場。映画にもなりました。震災というよりは原発事故で行き場のなくなった牛を引き取って飼育しています。

 

希望の牧場管理人の吉沢さんのアツいお話を聞きました。吉沢さんは千葉県出身だそうです。

 

浪江町で給油をしていたときの街の写真です。
浪江町は一部地域について帰宅困難地域の指定が解除されましたが、人はほとんど戻っていません。人っ子一人いない異様な状態が伝わりますか?

 

カリタス原町ベースのホームページで案内をみてみると、今回回ったのは、案内していただける場所の半分くらいをなんとか回れた感じでしょうか。もっといろいろと紹介したかったとおっしゃっていました。ちょっと希望の牧場で時間をとられすぎてしまったかな、と思いました。お話自体はよかったのですが。特にみてほしかったのは富岡町の夜ノ森の桜並木だそうで、見られなかったのは大変に残念でした。

スタッフの山田さんにお伺いしたところ、いまは浪江町の方にもボランティアにいっているそうです。原発周辺の街はなにも終わっていない、これからなのだということと、まだまだお手伝いできることはあるのだなということを実感しました。

 

 

 

原町にお別れをして、一路二本松へ向かいました。考えてみれば、ここは原発事故の日に避難された方々が通った道なのだなと思い起こされました。我々は二本松の岳温泉のホテルに泊まりました。食事もおいしく、サービスも行き届いていて、おすすめの宿です。

窓からの風景です。きれいですね。(翌朝の様子ですが)

 

食事後、部屋に集まりみんなで歓談しました。

 

 

 

 

2日目になりました。ホテルでおいしい朝食をいただいたあと、ホテルを出て、NPO福島やさい畑のお話を伺いに向かいました。

まず、カトリック二本松教会に向かいます。


お御堂でお祈りをささげた後、NPO福島やさい畑代表の柳沼さんにお話を伺いました。

下記に内容をまとめます。

  • 福島やさいの販売活動を続けているが、いまだに3割くらいの売り上げが戻らない状況である。
  • 売り上げを増やすために、加工まで行っている。また、新しい顧客の開拓を進めている。
  • 仮設住宅について、避難指示が解除されたため、ほとんどの住民が退居した。現在残っているのは10世帯以下。NPOやさい畑は支援を続けている。
  • 退居した住民には賠償金も打ち切られる。苦しい生活が待っている。
  • 避難指示解除されて戻ったのは1~2割程度である。
  • 仮設住宅では、共同体ができてきたところで解体された。残された人、移った人の孤立化も問題である。
  • 特に高齢者は問題である。主な問題点は、つぎの3点。1. 畑がない。(昔から作っていた野菜を作れない) 2. 一緒に暮らすつもりだった子供と離れてしまった。3. 家賃がかかる。(もともとはかからない)
  • 現在60戸あった仮設住宅に住んでいるのは3世帯である。特に夜などは不気味である。
  • そこに住んでいる高齢者は外に出てこない。できるだけ訪問して連れ出すようにしているが難しい。
  • NPO福島やさい畑としては、生活困窮者を助けることを目的にフードバンク活動を始めた。ぜひ協力していただきたい。

 

カトリック二本松教会で全員集合!!

 

 

続いて、柳沼代表の案内で、NPO福島やさい畑と取引のある農家さんを2軒訪問しました。

最初は、有機農家の大内さんです。
有機農家はもともと健康志向のある人たちがお客さんですので、大変だそうです。
それでも野菜はだいぶ戻ったとのこと。ただ、大豆はなかなか戻らなくて大変とのことです。

 

綿の畑に行きました。綿の実に初めて触りました!!

 

ただ見学するだけでは面白くないからということで、収穫体験をさせていただきました。収穫した野菜は購入しました。

大根畑の様子です。

人参畑の様子です。

 

 

続いて、リンゴ農家の武藤さんを訪問しました。

 

リンゴも収穫させていただきました。引っ張っても取れないのですが、上に持ち上げると簡単に取れるのにびっくりしました。農家さん訪問と言いながら、とっても楽しんでしまいました。

おいしそう!!

 

 

個人的な感想にはなりますが、今回のやさい畑訪問ではすっかり楽しませていただきました。歓迎してくださった、NPO福島やさい畑のみなさま、農家のみなさまにはとっても感謝しています。逆に福島のみなさんにも訪問をとっても喜んでいただき、やはり、定期的に現地に行くことは必要なことだなと再認識しました。今後も少しでもかかわっていきたいと思います。

 

 

 

二本松で昼食をとり、最後の目的地である那須のトラピスト修道院へ移動しました。

 

紅葉がきれいでした。

 

修道院でお祈りをささげました。

歌やお祈りが聖堂に響いて、とても気持ちよかったです。

 

 

シスターから、お話を伺いました。
必要なことを会話するほかは沈黙の世界だそうでびっくりしました。

 

以上が報告となります。

行ってみて感じたのは、一つには、被災者の状況も変わってきており、ボランティアのあり方も見直す時期に来ているということ。一方で、変わらず助けを必要とする人はいて、ボランティアを続ける意義はまだまだありそうだということでした。

いろいろと考えされられました。
ありがとうございました。