|  |  |  |

年間第29主日、今日のミサのなかで教会学校に通う2人の子どもたちが洗礼、そして、初聖体の秘跡に与ります。
今日の日のために、普段の教会学校のなか、そして、夏休み中に行った洗礼講座、2度の初聖体のための講座を受けました。

 

 

 

お説教後、いよいよ洗礼式となります。
1人1人、フィリップ神父様から呼び出され、祭壇の前に立ちます。

 

そして、十字のしるしをフィリップ神父様、ご父兄、代父から受けます。

 

諸聖人の取次ぎを願い、連願が会衆によって唱えられます。

 

 

洗礼に使う聖水を祝福します。

 

そして、2人の洗礼志願者たちにフィリップ神父様と李助祭が、「悪霊の拒否」を問い、悪を捨てる覚悟を表します。次に、洗礼志願者たちは、同じくフィリップ神父様と李助祭の3つの問いに答え、「三位一体の神への信仰」を宣言します。

 

 

そして、いよいよ、1人ひとり、祝福された聖水を3度注がれ、「父と子と聖霊の御名」により『洗礼』が授けられます

 

 

そして、聖香油が受洗者の子ども達の額に塗られ、聖霊を受けます。

 

続いて、キリストに結ばれた新しい人になったことを表す「しるし」として、代父は受洗者の子どもたちに白衣を着せ、フィリップ神父様が「あなたがたは、新しい人となり、キリストを着るものとなりました」と宣言します。

 

 

代父は、李助祭から、復活ろうそくから火を点けた蝋燭を渡され、受洗者へ手渡します。そして、フィリップ神父様は「光の子として歩みなさい(エフェソの信徒への手紙5章8節)」と、仰れます。

 

蝋燭が受け渡されると、受洗者の子ども達に「洗礼名」が与えれます。
聖人から頂いた洗礼名は、子ども達の新たな誕生と使命を表すものです。

 

洗礼名を与えられた子どもたちに、フィリップ神父様からお祝いの言葉が贈られます。

 

会衆の皆さんからも、祝福の大きな拍手が贈られました!

 

 

 

共同祈願の際には、受洗者の子どもも唱えます。
洗礼の喜び、これから初聖体に与る喜び、キリスト者として生きる決意、そして、ご父兄、教会学校のリーダーや仲間達、見守ってくださっている教会共同体への感謝が込められていました。

 

 

 

受洗後、初めての奉仕は、奉納です。
事前に教会学校のリーダーから指導を受けた通り、しっかり行う事が出来ましたね。

 

 

 

平和の挨拶の際には、フィリップ神父様と李助祭が祭壇から降りてこられて、平和の挨拶を受洗者の子どもたちと行いました!

 

 

 

そして、いよいよ初聖体
はじめてのご聖体は、どのようなものだったのでしょうか?

 

 

 

聖体拝領後、教会からお祝いが贈られます!

 

 

そして、会衆の皆さんに一言ずつ!
(洗礼や初聖体よりも緊張していましたね…)

 

 

ミサ後、記念撮影!!

 

 

ご家族の方々が、受洗した2人よりも喜ばれていたのが、印象的でした。
もちろん、教会の皆さん、教会学校の仲間たちも喜びにあふれています!

この後、教会学校で2人の受洗・初聖体を祝うパーティが行われました。

 

洗礼は、ゴールではなく、スタートラインです。
どうか今日受洗、そして、初聖体を受けた子どもたちには、今日の思いを忘れないようにこれから教会学校で仲間たちと過ごしてください!

受洗、そして、初聖体、本当におめでとうございます!




 |  |  |  |

On October 14th, 2017, the Catholic Matsudo Church had a healing mass in honor of St. Pio of Pietrelcina.

 

 

Delegates from the Philippine Center for St. Pio of Pietrelcina, Inc. brought to Japan the glove relic of St. Pio.
This is the 4th visit of the group to the church.

A stampita of St. Benedict and some medals were distributed when the people started coming in the church.

 

A rite of eucharistic exposition and benediction of the blessed sacrament started at 5:00 pm, presided by the Parish Priest, Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC with the song “ O Saving Victim “ .

 

Fr. Philip talked about the life of St. Pio after which everybody then observed silence and focused their attention to the Eucharist and feel the real presence of Jesus Christ.

 

 

After about 20 minutes of silence, the presider incensed the monstrance and the people sang the Tantum Ergo and repeated the Divine Praises after the presider.

 

 

The people then prayed the Holy rosary lead by the MCCIC followed by the veneration of the relic.

 

People sang Salve regina…

 

 

At 7:00 pm, the holy mass started. During the communion, a blessed bracelet rosaries were distributed to the people as a small token.

 

(*)Fr.Philip blessed bracelet rosaries before holy mass

 

 

 

Individual blessing with holy oil took place after the holy mass. There were about 200 people who came and joined the celebration.

 

With so much gratitude, we thank the Philippine Centre for St Pio of Pietrelcina, Inc. for always visiting the church.




 |  |  |  |

本日、年間第27主日のミサは、東葛飾宣教協力体の司祭交流のため、豊四季教会の立花 昌和神父がいらっしゃり、司式してくださいました。

(フィリップ神父様は亀有教会へ、亀有教会の松田神父様は豊四季教会にて司式されました)

 

 

 

初めて松戸教会にいらしていただきました。
今後、お隣ということで、様々な場面でお世話になるとおもいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、是非、松戸教会にお越しください。




 |  |  |  |

10月4日(日)は、アシジの聖フランシスコの記念日です。

(4日が水曜日なため)本日、カトリック松戸教会では、あらゆる人々を愛し、動物・自然を愛して生命の尊さと平和を説いたアシジの聖フランシスコに倣い、午前10時から動物たち(ペット)の祝福が行われました。

 

 

10時前から、教会ではあまりなじみのない、犬の鳴き声が響きわたっています!
飼い主さんもみんな楽しみにしてきてくれたのでしょうか?

 

 

そして、午前10時より地下ホール前に集まり、神父様より挨拶があり、主の祈りを唱えました。

 

そして、アッシジの聖フランシスコについてお話がありました。

 

 

お話の後、参加者全員でアッシジの聖フランシスコが作った祈り「太陽の賛歌」を唱えました。

太陽の賛歌

神よ、造られたすべてのものによって、私はあなたを賛美します。

私たちの兄弟、太陽によってあなたを賛美します。
太陽は光をもって私たちを照らし、その輝きはあなたの姿を現します。

私たちの姉妹、月と星によってあなたを賛美します。
月と星はあなたのけだかさを受けています。

私たちの兄弟、風によってあなたを賛美します。
風はいのちのあるものを支えます。

私たちの姉妹、水によってあなたを賛美します。
水は私たちを清め、力づけます。

私たちの兄弟、火によってあなたを賛美します。
火はわたしたちを暖め、よろこばせます。

私たちの姉妹、母なる大地によってあなたを賛美します。
大地は草や木を育て、みのらせます。

神よ、あなたの愛のためにゆるしあい、病と苦しみを耐え忍ぶものによって、私はあなたを賛美します。
終わりまで安らかに耐え抜くものは、あなたから永遠の冠を受けます。

私たちの姉妹、体の死によってあなたを賛美します。
この世に生を受けたものは、この姉妹から逃れることはできません。
大罪のうちに死ぬひとは不幸なものです。

神よ、あなたの尊いみ旨を果たして死ぬ人は幸いなものです。
第二の死は、かれを損なうことはありません。

神よ、造られたすべてのものによって、私は深くへりくだってあなたを賛美し、感謝します。

 

 

 

 

そして、フィリップ神父様が「ペット・動物たちへの祈り」を唱えられました。

 

祈りをすますと、神父様が集まった方々、そして、ペット(もちろん、聖ミカエル幼稚園のオカメインコのピーちゃん)たちに灌水して祝福されました。

 

 

最後にルルドに移動して、参加者で記念撮影!

 

 

 

そこに…遅れていらした方も…
もちろん、フィリップ神父様が灌水し、祝別しました。

 

 

記念撮影後は、交流会…

来年まで元気で過ごして、また、教会に飼い主さんと一緒に来てくださいね!
お待ちしています!




 |  |  |  |

本日、9月29日は、大天使聖ガブリエル・大天使聖ミカエル・大天使聖ラファエルの祝日です。

松戸教会では、午前10時半から、守護聖人・大天使聖ミカエルの祝日、松戸教会に併設されている聖ミカエル幼稚園の創立記念日を祝い、サレジオ会の関谷 義樹神父様司式でミサが行われました。

 

 

 

入堂と共に、祭壇、そして、大天使聖ミカエル像への献香し、ミサが開祭されます。

 

 

まず、ことばの典礼が行われます。

第1朗読…

 

そして、福音朗読が行われました。(主日・祭日ではないため、第2朗読は行われません)

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 12章7~12a節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章47~51節

 

 

説教は、聖ミカエル幼稚園の園児の子にもわかるように、大天使聖ミカエルのお話、そして、私たち信徒が歩むべき道についてお話くださいました。

 

 

共同祈願は、聖ミカエル幼稚園の先生方が唱えられました。
最後の意向は、聖ミカエル幼稚園の子どもたちへのものでした。

 

 

 

 

 

そして、聖体拝領…
平日の午前中にも関わらず、聖ミカエル幼稚園の先生方を始め、園児と保護者の方々、そして、信徒とたくさんの方々がミサに与りました。

 

退堂の際には、大きな声で閉祭の歌を歌う子どもたちの声が御聖堂に響き渡っていました。
きっと、幼稚園で習った歌なのでしょうね!

松戸教会が献堂された同じ年に創立された聖ミカエル幼稚園も今年で創立67周年ですね。
これからも多くの子ども達の明るい声が響き渡る幼稚園であってもらえたらと思います。

最後に、霊名祝日を迎えられた皆様、おめでとうございます。