今年の聖週間のミサはコロナ感染防止対策を配慮して、例年の典礼の一部が変更されました。主の復活を迎える聖なる3日間の典礼を多くの会衆の皆さんと共に喜びのうちにお祝いしました。

3日間の典礼で変更になった内容をお知らせします。

 

4/1 聖木曜日【主の晩餐の夕べのミサ】

  • 洗足式は取りやめ
  • 拝領祈願後の聖体の仮安置所への行列を取りやめ、聖堂の聖櫃に安置
  • ミサ後会衆は各自がそれぞれ聖櫃の前で祈り

 

4/2 聖金曜日【主の受難の祭儀】

  • ミサの開始を例年の午後7時から3時に変更
  • 十字架の顕示は司祭が祭壇の前で十字架を受け取り顕示
  • 十字架の礼拝は祭壇前に置かれた十字架に司祭が崇敬後、奉仕者が十字架を会衆に向かって掲げ、会衆は自席から十字架に向かって深く礼をし、崇敬を表した

 

4/3 復活の主日【復活の聖なる徹夜祭】

  • 光の儀式は例年ルルド前で行われた火の祝福、復活ろうそくの点火、聖堂への行列を取りやめ、祭壇前で執り行い、復活ろうそくを祭壇のろうそく台に安置
  • 志願者の準備の勉強会が一年に亘って中止のため、洗礼式は行われず、水の祝福と洗礼の約束の更新の後、司祭が会衆に聖水をふりかけて祝福