今日も元気に子供たちが集まりました!

「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

みなさん「赦しの秘跡」ってわかりますか?
初聖体を受けた子は、初聖体前にやったはずです!
日本の教会の決まりに
「一年に一回は赦しの秘跡をうける!!」
というのがあります。

待降節と四旬節の季節に受けるのが良いと言われていて、
みんなには、ちょっと早いけど、3月第1週に受けてもらいます。
今日はそのための準備を教えます!

3枚のプリントを配布しました。

まず、1枚目のプリントを見てください。
赦しの秘跡を受ける前の準備の作業を始める前に
絶対的なこととして…
神さまはみんなが大好きで幸せになって欲しいと思っています。
このことは忘れずにね。

しあわせのための大事な2つのルールがあります。
これは今までの教会学校でも何度か伝えてきたし、
「教会学校のしおり」にも書いてあります。
2つのルールをプリントに書いてみてください!

答えは、
1 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい
2 隣人を自分のように愛しなさい

イエス様の時代は、613個もルールがありました。
みんなには「教会学校の掟(ルール)」があるね。しおりに書いてあります。
その中から、大事だと思うこと書いてみましょう!

さて、2枚目のプリントを見てください。
大きな丸の中に、

神 様

イエス様

と書いてありますね。
▲は、イエス様が向いている方向です。
イエス様はいつも神様を見つめています。

この丸の中に入るには、イエス様が教えてくれた「ルール」を守ること!
自分はどこにいるでしょうか?
丸の中にいる?
丸の中でも、イエス様のそばにいる?神様のそばにいる?
それともちょっと丸からはみ出しているかな?
完全に出てしまっているかな?

自分がいると思うところにしるしを書いてみてください!

さて、かけたかな?
なんで、自分はそこにいると思いましたか?
なんでそこに自分を書いたのでしょうか?

イエス様よりも神様に近く書いた人もいるかもしれませんね。
本当にそう思いましたか?もしかしたら偉くなりたいと思っちゃったのかもしれませんね。
ほんとうに神様が大好き!という理由の人もいるかもしれませんね。

丸の外に書いた人もいるかもしれません。
ルールを守れてないと思ったのかな。
例えば、毎日お友達と喧嘩しちゃうとか、
お祈り覚えてないとか。
そう思って丸から出て書いた人もいるかもね。

そんな時、また神さまの方向き直したい、と思う気持ちが大事です。
どうして神様のほう向け無くなっちゃったのかな?
どのルールを破ってしまったからそこにいるのかな?

それを赦しの秘跡のとき神父様にお話ししましょう。
考えて、プリントに書いてみましょう。

なかなか思いつかない人は、
自分は何がイエスさまと違うかな?と考えて、
イエス様からズレちゃってるところをお話しするのも良いでしょう。

赦しの秘跡はごめんなさいではありません。
怒られに行くのではありません。
「ごめんなさい」は、いまの考える作業で終わって、
赦しの秘跡のときは「神さまのところに戻ります!」と言いに行くのです!

今この時間に書けなかった人は宿題です!3月3日までに考えてきてくださいね。
書けた人も、もう少し掘り下げて考えてみてください。
例えば「友達と喧嘩した」とかだったら、
どうして喧嘩してしまったのか、
なぜそういう気持ちになってしまったのか、
という風にどんどん深く考えてみてください。

今日はこれでおしまいです!
最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

また来週も元気に集まりましょう!!