本日、午後7時から「主の晩餐の夕べのミサ」が行われました。
聖木曜日の夕刻に行われるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うように命じた「最後の晩餐」を直接記念します。

 

聖木曜日の夕刻にささげられるこのミサの直前で四旬節が終わり、「過越の聖なる3日間」が始まります。
イエス様の「受難・死・復活」を一年のうちで最も荘厳に記念する「過越の聖なる3日間」は、典礼暦年全体の頂点に位置づけられています。

 

開祭の際には、四旬節の間歌われなかった栄光の讃歌を歌われました。その間、カンパネラが響き渡ります。

 

そして、集会祈願が唱えられ、ミサが開祭されます。

 

 

 

そして、ことばの典礼が始まります。

第1朗読と第2朗読の箇所も「過越の食事」についての箇所が朗読されます。

第1朗読では…

エジプトの奴隷状態から脱出する夜の事を前もってモーセとアーロンが告げられる箇所が朗読されました。
神様は、過越の際、どのような食事をとるか、どのようにするべきか、細かく告げてくださり、ユダヤ人は、エジプトを脱出することが出来ます。
神様は、「傷のない1歳の雄の子羊」を屠り、その「血を子羊を食べる家の入口の2本の柱と鴨居に塗り」、肉を火で焼いて食べろと仰ります。また、「酵母を入れないパン」を苦菜を添えて食べろと伝えます。
この出来事を「過越」と呼び、ユダヤ人は、この出来事を記念して、毎年、過越祭を祝います。

 

第2朗読では…

使徒パウロが、コリントの教会の信徒に「主の晩餐」の意味を解き明かした箇所が朗読されました。
コリント教会では、主の晩餐を祝いながら、仲間割れがあり、貧しい人への配慮に欠けているという問題がありました。そこで、聖パウロは、もう1度「最後の晩餐」でイエス様が使徒たちに仰った言葉を引用され、ミサの意味を伝えます。

 

福音朗読では…

過越祭の前日に行われた「最後の晩餐」の箇所が朗読されます。(マタイ・マルコ・ルカ福音書では、最後の晩餐は過越の食事であったと伝えていますが、ヨハネ福音書では、過越祭の前日のことになっています)
この最後の晩餐の中、イエス様は、弟子たちの足を洗い、遜ること、そして、互いに愛し合う事の大事さを身をもって示されます。

 

そして、お説教が行われました。

説教要旨

4つのどの福音書にも最後の晩餐の事が記されています。
しかし、4人の福音記者は、キリストの生涯の出来事をそれぞれ違う観点から記していますから、強調されるテーマは異なっています。
最後の晩餐の記述も同じように4人それぞれです。

今晩、私たちは、ヨハネ福音書の最後の晩餐の場面を朗読しました。
それは次の言葉から始まっています。

 

さて、過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた

 

この言葉の後、他の福音書では、キリストの体が聖変化する話が描かれています。この話は、ミサのなかで実際に奉献文で唱えられ、私たちにも親しまれている箇所です。

 

「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。 これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である 」

(マタイによる福音書26章26-28節)

 

これは、ご聖体の深い意味を表しています。
イエス様はすべての人の罪が赦され、神様と和解し、神の子となるために、ご自分の体と血を分かち合われたのです。私たちは、その御体と御血を頂くことによって、キリストとより深く一致し、キリストと同じ心を持ち、善い行いを通して、人を愛し、神と人に仕える命を捧げなければなりません。
私たちが、日頃、食べている食べ物が、体のエネルギーになるのに対して、ミサで頂くキリストのパンとぶどう酒は、キリストの心とからだに変化して、私たちの生きる糧となります。

聖ヨハネは、なぜ自らの福音書にこの箇所を描かなかったのでしょうか?
聖書学者たちによると、初代教会の時代のキリスト者は、ご聖体の本当の意味を理解していなかったそうです。パウロ書簡にも、初代教会では分裂があったことが記されています。
傲慢な人たちがいたり、貧しい人たちが虐げられていたり、キリストの福音書に従わない人もいたそうです。
福音書を記した聖ヨハネは、聖体拝領を通して、キリストの心をもって、キリストのように変えられるべきだということを強調したいと願い、生き生きとしたキリストの姿を伝える必要性を感じたのでしょう。

それで、この時代には僕(しもべ)が主人を迎える時にした(主人の)足を洗う行為を、キリストが行ったという事を書き記したのです。

 

主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。
わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。

 

ご聖体を頂く時には、いつもヨハネ福音書に描かれているキリストの生き方を思い起こしましょう。
弟子たちの足を洗っておられるイエス様は、身を低くして、人に仕える模範です。
神と等しいものであることに執着されようとはせず、かえって、自分を無にして、僕の身分となり、人間と同じものになったのでした。
人間の姿で現れ、へり下り、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

イエス・キリストは、私たちのためにご自分の命を犠牲にされました。
私たちも、キリストにならって、たがいに命を捧げ合う生き方ができますように。

父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。

 

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 12章1~8節,11-14節
第2朗読 コリントの教会への手紙 11章23~26節
福音朗読 ヨハネによる福音書 13章1~15節

 

 

 

 

お説教の後、今日、朗読された福音書のなかでもあったように、イエス・キリストが最後の晩餐の夜、自ら弟子たちの足を洗うことにより、ご自分が「仕えられるためではなく、仕えるために来た」ことをお示しになったことを記念し、洗足式が行われました。

(12使徒、イスラエル12部族からちなんで)松戸教会の8つの地区から各1名ずつ、MCCICから2名、青年から2名の12人の信徒が代表して、フィリップ神父様に足を洗っていただきました。

 

 

 

 

共同祈願が唱えられた後、感謝の祭儀が始まります。
まず、奉納行列が行われ、感謝の気持ちとともにホスチアとぶどう酒・水が奉納されます。

 

 

 

 

そして、奉献文が司祭によって唱えられ、聖変化が行われます。
最後の晩餐のなかで、最後の晩餐でキリスト自身が仰せになった言葉をもって供え物のパンとぶどう酒がキリストの御体と御血になったことを示します。

 

イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。」
また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。言っておくが、わたしの父の国であなたがたと共に新たに飲むその日まで、今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」

マタイによる福音書 26章26-29節

 

会衆は深い信仰と尊敬をもってそれを仰ぎ見ます。
聖変化は、普段鳴り響くカンパネラもなく、静寂の中、行われます。イエス・キリストの受難が始まっていることが示唆されます。

 

 

その後、聖体拝領が行われました。
同じ1つのパンを分け合うことを通して、キリストとの一致を深く味わいます。こうして、ミサが一致の秘跡であり、キリスト者の生活の中心であることが明らかにされます。

拝領前の信仰告白「主よあなたは神の子キリスト、永遠のいのちの糧、あなたをおいてだれのところへ行きましょう」という言葉をキリスト者は改めて噛みしめ、ご聖体を頂きます。

 

 

 

 

聖体拝領後、祭壇上のご聖体に献香し、ご聖体を別の場所に移動します。

 

そして、ご聖体を仮祭壇に移します。

 

 

信徒たちは、左右に分かれ、詩編55と詩編27を唱和して祈ります。

 

 

そして、最後に、仮祭壇にご聖櫃をおさめ、タントゥム・エルゴ(Tantum ergo)を歌いました。

 

その後、その場で閉祭の歌を歌い、閉祭となりました。

 

 

 

 

ミサ後、仮祭壇の前でお祈りされている信徒の方が大勢いました。

 

 

 

祭壇上のすべてのものを取り除き、裸の状態にされます。聖体ランプも灯っていません。
キリストの受難と死が始まったのです。

 

明日は、聖金曜日「主の受難」の祭儀です。