本日は、灰の水曜日です。
灰の水曜日は、「土から出て土に帰っていく」ことを象徴し、回心して、復活されたイエス様にお会いすることが出来るように印を受ける「灰の式」が行われます。

松戸教会では、10時半からと、19時からの2回のミサが行われました。
フィリップ神父様がお留守にされているため、10時半のミサは、加藤豊神父様(本部協力司祭)が、そして、19時からのミサは、レオ・シューマカ神父様(築地教会)が司式してくださいました。

 

祭壇には、灰が用意されます。
この灰は、受難の主日<枝の主日>に祝福された枝を燃やしてできたモノです。

 

 

入堂されると、(灰の式があるため)回心の祈りも唱えらず、憐れみの歌、栄光の讃歌も歌わず、集会祈願が唱えられ、ミサが開祭されます。

 

 

続いて、ことばの典礼です。朗読が行われます。

 

第1朗読 ヨエルの預言 2章12~18節
第2朗読 コリントの信徒への手紙二 5章20~6章2節
福音朗読 マタイによる福音書 6章1~6、16~18節

 

朗読後、説教が行われました。

説教の中で、これから四旬節を過ごす私達に、節制(祈り・断食・施し)を通して、回心し、キリスト者としてどのように受難・死・復活というキリストの過越の神秘をお迎えするか、お話くださいました。

 

 

説教後、灰の式が行わます。
まず、加藤神父様が祈りとともに、灰を祝福されます。

 

 

そして、加藤神父様から「回心して福音を信じなさい」という言葉とともに、祝福された灰で、額に十字のしるしを受けます。

 

 

灰の式後、ご聖体を頂き、ミサが終わります。

 

 

 

なお、本日は、大斎・小斎になります。

<大斎・小斎とは?>

現在、教会はイエスの精神に戻って、祈り、愛の業との関連で断食を意義づけています。
具体的には、教会は、大斎(だいさい)と小斎(しょうさい)を定め、償いと克己を行わせ、キリストの受難に倣うようにしています。

大斎 日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満60歳に達するまでのすべての成人が守ります。
小斎 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守ります。
(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

引用元:カトリック中央協議会 ひとくちメモ「四旬節、断食、カーニバル」
女子パウロ会Laudate「キリスト教マメ知識」

 

 

ミサ後、みんな額に十字架のしるしが……

 

今日から…四旬節が始まります。
父なる神様のいつくしみを信じ、回心し、復活されたイエス様をお迎えする準備を整えましょう。