中高生は、中高生の勉強会のある毎月第1週の10時半のミサでは、教会学校の子どもたちとともに侍者リーダーとして、祭壇奉仕を行っています。
侍者リーダーは、聖変化や拝領の際にカンパネラを鳴らしたり、教会学校の時に得た経験をもとに、ミサの次の事を考えて、教会学校の子どもたちに指示をおくり、ミサを滞りなく進められるようにします。

 

神の母聖マリアの祭日のミサや復活祭(日中)では、普段なかなか教会に来れないメンバーが教会に来ることもあり、中高生と、担当のリーダーが祭壇奉仕を務めます。
侍者の動きが変わっていたり、典礼の細かな変更を伝え、それ以後も祭壇奉仕が行えるようにする貴重な機会となります。

 

本日行われた、神の母聖マリアのミサも祭壇奉仕を務めました。

 

久々に行いましたが、色々覚えていましたね。
カンパネラの鳴らすタイミングもしっかり把握していました。

 

これからも、教会に来た時には、教会学校の子どもたちと一緒に祭壇奉仕を行いましょう!