主の平和

みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

3月1日から四旬節に入りました。
冬と春のせめぎあいが続く、今日この頃は、体調を崩しやすく、心身ともに気を付けなければいけない時期です。
聖週間中のミサには、出来ればすべて参加し、主の過越をともに過ごしたいと思っていますから、体調管理は、必須ですね。

 

 

さて、今年もハナニラをヒマラヤ杉や教会外壁の下の花壇(駐車場の前)に植えました。
満開を迎えています!たくさんのハナニラが愛らしい星型の花を咲かせています。

ハナニラは、南米原産で、日本には明治時代に観賞用として渡来しました。
花が美しく、葉と球根にニラのような匂いがあるため「ハナニラ(花韮)」とつけられました。ただ食用のニラとは別の植物です。

ハナニラの花言葉は、悲しい別れ」「耐える愛。まるで、マリア様の気持ちのようですね。
憂いを秘めたような青みを帯びた白い花色が、どこか物悲しい印象を与えることに由来するといわれます。

まさに四旬節の花ですよね。

 

 

そして、教会入口の桜も…

 

もうすぐ開花みたいですね!!
きっと復活祭を迎えるころには、満開になっていることでしょう!

楽しみです!
桜を見ながら、ご復活のお祝いをできるなんて!
日本に生まれて良かった!!
ところで、みみずの会もこれからとても忙しい時期に入ります。もし、土いじりに興味のある方がいましたら、みみずの会に入って、一緒に土いじりを楽しみませんか?
もしやってみたい!という方がいましたら、メンバーに声をかけてくださいね!お待ちしています!