皆さんひとり残らず全員に、新年おめでとうございます。新しい年が皆さんにとって実り多い、平和に満ちた一年となりますように。

イエス様の生涯はマリア様で始まります。したがって、新年を「神の母、聖マリア」のお祝いでスタートするのはふさわしいことです。マリア様は「神の母」となったので、ずっと喜びの母であり、世界中の喜びなのです。だから、伝統的に新年の初日のあいさつは喜んで、「新年おめでとう!」です。

「新年おめでとう!」
このことばを年の初めに皆さんは何回聞くでしょうか。
そして、あなたは何回同じあいさつをするでしょうか。ただ習慣的にあいさっしたのですか、それとも本当に心から願つたあいさつでしたか。言い換えると、新しい年に幸福を見つけるのは本当に可能なことでしょうか。もちろん、この世に生きていつの年でも完全な幸福を期待するのはまちがいかもしれません。完全な幸福を求めて、私たちみんなが持ちている生来の、貪欲な衝動だけしか、次に来る人生を満足させられないのです。
聖アウグスチヌスが言っているように、「主よ、あなたはご自分のために私たちをお造りになりました。あなたの中に休息を見つけるまで、私たちの心が休まることはありません。」
しかし、だれもがこの世の生涯で持つことができる平和、深くどこまでも続く平和があります。快楽を幸福だと思ってしまうのもまた誤った考えです。快楽と幸福は一つにはならないし同じものではありません。実際、快楽はとても重大な不幸のもとにもなり得ます。アルコールやドラッグを楽しむことによって、どれだけたくさんの不幸が引き起こされているでしょうか。おそらく多くの人々にとって姦通ほど不幸の原因はほかにないでしょう。また、多くの物を所有していることが幸福と思うのもまちがいでしょう。物が人々を幸せにできるのならば、私たちは世界で一番幸福な者と言えるでしょう。私たちは昔のどの時代の人たちよりもたくさんの物を持っています。
不幸にも、私たちは物を所有することで始まり、物に所有されることで終わるのです。
多くの不幸を引き起こすのは、私たちの欲望、持っていない物への強いあこがれです。私たちのするべきことは、人を愛して、物を使うことです。物があふれている社会を見回してみると、物を愛して、愛する物を手に入れるために人を使います。幸福を探せば見つけられると考えるのも間違っています。
世界人権宣言は人類ひとりひとりに「生命、自由、幸福の追求」を保証しています。 しかし、幸福は何から副産物として生じたのですか。副作用みたいに付随的に生じる幸福があるのは何ですか。
答えはベツレヘムで見つかるでしょう。それが何かを見るためにベツレヘムに行ってみましょう。洞窟の中を見てください。布にくるまれて飼い葉桶に寝かされている美しいおさなごから目を移してまわりを見てみましょう。そこには私たちが探し求める幸福は何一つありません。お金もなく、名声もない、権力もなく、生活の便もなく、娯楽もない、ただ町はずれにある空っぽの寒々とした洞窟だけしかありません。

さて、飼い葉桶のイエス様の前でひざまずいているマリア様とヨゼフ様を見ましょう。
ふたりは疲れているはずです。彼らは75マイル(120キロ)かそのぐらいの道のりをナザレからベツレヘムまで、ロバの背中で揺られながら歩いて来たのです。おなかもすいていたでしょう。3日ぐらい前にナザレを出発してから食事らしい食事はしていません。
ふたりは真冬のじめじめした洞窟の中でどんなに寒かつたことでしょう。自分の生まれた故郷の親類たちの間でも、村の宿屋にも泊まる場所がみつからなかったのは、とても屈辱的なことだったに違いありません。こんなことばかりあってもなお、マリア様とヨゼフ様はこの地上を歩むいちばん幸福な人たちなのです。
この地ベツレヘムでふたりから私たちは驚くべき逆説を教えられます。イエス様の愛と奉仕の中で自分自身を失うときだけ、私たちは幸福を見出します。この世が決して与えることのできない幸福、しかもだれも私たちから取り上げることのできない幸福です。
でも、どのようにして私たちはイエス様の愛と奉仕の中で自分自身を失うことができるでしょうか。イエス様はそれをたいへん簡単にわかりやすく教えてくださいました。
『これらの最も小さな人のひとりにしてくれたのはわたしにしてくれたのである』

だから、新年最初の日に、神様のおめぐみを求めましょう。
イエス様をもつと親密に知ることができるように、イエス様をもつと熱心に愛し、もつとぴったりくっついて行かれるようにと。
そうすれば、私たちも隣人を愛し、困っている人たちに仕えることができます。そうすることで、真の意味で『新年おめでとう!』になるでしょう。
皆様、新年おめでとうございます!

 

 


 

 

New Year’s Message for 2017

 

 

Happy New Year to one and all. May the coming New Year be prosperous and peaceful to all people.

The life of Jesus begins with Mary. Therefore, It is appropriate that we begin the New Year with a Feast of Mary, the Mother of God. Since Mary is the Mother of God she is the mother of joy, joy to the world. So the traditional greeting on this first day of the New Year is one of joy: Happy New Year!

Happy New Year! How many times did you hear that on New Year’s day or today?
How many times did you give that same greeting to others? Was it just a conventional greeting or was it a real wish? In other words is it really possible to find happiness in the New Year?
It would be a mistake, of course,to expect perfect happiness this year or any year in this life. This innate, in satiable drive We all have for perfect happiness can only be satisfied in the next life.
As St. Augustine said,  “Lord, you have made us for yourself and our hearts are restless until they rest in You.”  
But there is a deep, lasting peace that everyone can have in this life.

It would also be a mistake also to identify happiness with pleasure. Pleasure and happiness are not one and the same thing. In fact, pleasure can be the cause of very great unhappinesse How much unhappiness has been caused by the pleasure of alcohol, heroin or cocaine? Perhaps nothing has caused as much unhappiness to as many people as the pleasure of adultery.
It would be a mistake also to think that happiness consists in amassing possessions. If things could make people happy, we would be the happiest people in the world. We have more things than any other generation.

Unfortunately we begin by possessing things and end up with things possessing us. It is the desire, the craving for things we do not have, that causes so much unhappiness. We are supposed to love people and use things. In our affluent society we turn that around and love things and use people to get the things we love. It would be a mistake also to think that we can find happiness by seeking it. The Declaration of Human Rights guarantees every human being the “right to life, liberty and the pursuit of happiness.” But what is happiness a by-product of? What is it that has happiness as a side effect? The answer is to be found in Bethlehem. Let us go to Bethlehem to see what it is.
Look into the cave. Take your eyes away from the beautiful babe wrapped in swaddling clothes lying in the manger and look around. There is none of those things in which we seek happiness. There is no riches, no fame, no power, no conveniences, no pleasure, nothing but an empty, cold cave on the outskirts of town.

Now look at Mary and Joseph kneeling before Jesus in the manger. They must be tired. They have traveled 75 miles or so from Nazareth to Bethlehem on foot and on the jolting back of a donkey. They must be very hungry. They haven’t had a real meal since they left Nazareth some 3 days ago. They must be cold in this damp cave in the midst of winter. It must have been very humiliating for them to discover no room among their relatives in their ancestral home or at the village Inn. Yet in the midst of all of this, Mary and Joseph are the happiest people to walk the face of this earth.

Here in Bethlehem they are teaching us the amazing paradox that it is only when we lose ourselves in the love and service of Jesus do we find happiness.
Happiness that this world can never give and no one can take from us. But how can we lose ourselves in the love and service of Jesus? Jesus has made it very simple, “Whatever you do for one of these least brethren you do for me.”

So on this first day of the New Year let us ask for the grace to know Jesus more intimately, love him more ardently and follow him more closely . In so doing we can love and do service to our neighbors in need. By that this may be a truly a Happy New Year!

Happy New Year to all.