|  |  |  |

ミサ後、地下ホールでティーパーティが行われました。
たくさんの方々が参加くださり、主の御降誕の喜びを分かち合っていました。
この後、帰省される方もいらっしゃり、年末の挨拶をされている方々もいらっしゃいました。帰省する前にみなさんいらしゃってくれたのですね。

 

フィリップ神父様のご発声で乾杯!

多くの方々が、集まり、ご降誕を祝い、喜びを分かち合いました。
主のご降誕、おめでとうございます!



 |  |  |  |

十クリスマスおめでとうございます!

 

24日の18時と20時半のミサの後にはお茶とお菓子が、25日10時半のミサの後には軽食が準備され、集まった皆さんがともにクリスマスをお祝いしました。

パーティーの当番に当たった常盤平地区、白井・鎌ヶ谷・船橋地区の皆さん、おつかれさまでした。




 |  |  |  |

本日、10時半からは、クリスマスミサ(日中のミサ)が行われました。

昨日の夜半のミサ(子どもの奉仕するミサ国際ミサ)とは、また違う穏やかな雰囲気のなか、ミサが始まります。

 

 

主の降誕のミサに与るため、昨晩に続き多くの方々が集まります。

 

司祭は入堂すると、馬小屋と真舟、幼子のイエス様、祭壇に献香しました。その後、馬小屋に灌水し、ミサが開祭されます。

 

松戸教会のクリスマスミサでは、日本語で歌われる「憐れみの讃歌」は、「kyrie(キリエ) 」、「栄光の賛歌」は、「Gloria(グロリア)」と、ラテン語で聖歌が歌われます。「Gloria(グロリア)」が歌われている際には、カンペネラが鳴り響き、主のご降誕を祝います。
復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

 

ことばの典礼が、始まります。

 

そして、福音朗読。

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章7~10節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 1章1~6節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章1~18節

 

 

 

フィリップ神父様は、お説教の中で、キリストのご降誕の意味を深く感じ、神への賛美と感謝をささげられるように祈りへと導かれました。

 

奉納行列が終わり、清めの前に、真舟、馬小屋、祭壇に献香しました。

 

 

昨晩に引き続き、今日も、Kyrie(キリエ あわれみの賛歌)、Gloria(グロリア 栄光の賛歌)、Sanctus(サンクトゥス 感謝の賛歌)、Agnus Dei(アニュスデイ 平和の賛歌)が歌われました。

 

平日の午前中にもかかわらず、今日もたくさんの方々が、ミサに与りました。
昨日から3回すべてのクリスマスミサに与った方もいらっしゃりましたね。

 

 

聖体拝領後、今日も、昨日に引き続き、クリスマスミサを与ってくれた子どもたちに教会とMCCICからからプレゼントがありました。

 

 

 

閉祭後、フィリップ神父様が抱かれた幼子イエス様にミサに参加した人たちが集まり、その体に触れたり、キスしたり、ご降誕の喜びを分かち合いました。

 

暖かい日差しの中、日中のミサも、たくさんの方々が参加くださり、主の御降誕の喜びを分かち合っていました。
主の御降誕、おめでとうございます!