|  |  |  |

本日、年間第15主日の10時半のミサ後、今年洗礼・堅信を受けられた6名とその代父母、さらに、愛徳カルメル修道会のシスターたち、洗礼や堅信のための勉強会を担当したカテキスタをお招きし、「受洗・受堅を祝う会」が行われました。

 

冒頭、会の進行を務めるヨゼフ会副会長より、挨拶がありました。

 

そして、まず、フィリップ神父様により、ご挨拶を頂きました。
「洗礼や堅信は、スタート地点であり、キリスト者の道は始まったばかり」というお話がありました。

 

そして、フィリップ神父様が食前の祈りへと導かれました。

 

そして、ヨゼフ会副会長が乾杯の音頭をとり、乾杯!!

 

 

 

しばらく、参加者で食事を楽しみます。
代父母の方々や共に入門講座を過ごした方々と会話が弾んでいました。

 

 

 

受堅者・受洗者のみなさんに、司牧評議会委員長より挨拶がありました。
挨拶の中で、共同体に早く馴染んで貰えるように、教会の活動等、様々な説明が、委員長より行われました。

 

そして、ヨゼフ会会長・マリア会会長、青年の代表から、それぞれ挨拶があり、会の紹介と活動報告が行われました。
男性信徒はヨゼフ会、女性信徒はマリア会、そして、青年は青年の活動にそれぞれ入会・参加して頂き、教会での活動を活発に行って頂けたらと思います。

 

 

次に、受洗者・受堅者の方々から自己紹介が行われました。
自己紹介のために配られたカードに応えるかたちで、それぞれ挨拶して頂きました。

 

 

そして、金曜日と日曜日の入門講座、堅信講座を担当して下さったカテキスタ3人の方々からそれぞれご挨拶を頂きました。
カテキスタの皆さんも本当に喜ばれていましたね。
お話のなかであったように、何か信仰生活で困った事があれば、代父母さんやカテキスタの方々に相談していただければ幸いです。みんなで一緒に成長出来ればよいですね。

 

 

今回も、心得のある信徒の方々が点ててくださったお茶やお茶菓子をお出してくださいました。

 

実は今回も、昨年受堅・受洗した方々達は、この会に裏方として参加してくださっていました。

 

教会学校の子も今回はお手伝いしてくれました。

 

 

 

そして、代父母を代表して3名の方からお祝いの言葉頂きました。

 

 

今回スタッフとして裏方の仕事をしてくれた、『昨年度の受洗者・受堅者の方々』の紹介があり、お2人からお祝いの言葉と1年間信者として生活しての感想をお話して頂きました。

 

 

 

最後に、なんと今日誕生日を迎えられたお2人にサプライズでバースデーケーキをマリア会の方々が用意してくださいました!
しかも、代母と代子で同じ誕生日だったそうです!

お誕生日おめでとうございます!

 

 

終わりに、シスターが終わりの祈りへと導いてくださり、「いつも喜んでいなさい」を歌い、散会となりました。

 

 

 

最後にフィリップ神父様、愛徳カルメル修道会のシスターたち、受洗・受堅者の方々とその代父母、カテキスタの方々で記念撮影!

 

お手伝いしてくださったマリア会の方々や昨年の受洗・受堅者の方々も一緒に!

 

受洗者・受堅者と代父母がより関係を強くし、早く教会共同体に馴染んで頂けたらと思います。
教会共同体も皆さんとの関りがより強いものになるように、積極的に関わっていけたらと思います。




 |  |  |  |

7月15日(日)に受洗・受堅を祝う会をヨゼフ会とともに行いました。

今年の復活祭、合同堅信式で受洗、受堅された成人6名とその代父母、講師の方達とともに食事と御茶をいただきました。

最後にはサプライズでバースデーケーキの登場もあり、受洗された方々に楽しんでもらえたと思います。




 |  |  |  |

10時半のミサのあと、
教会学校のメンバーで「西日本豪雨災害 緊急救援募金」の呼びかけを行いました。

少ない人数での呼びかけでしたが、
たくさんの方が募金をしてくださいました!

ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!

 

 

さいしょに「教会学校・はじめの祈り」を唱えてはじめます!

今日は夏の錬成会で歌う予定の歌、「キリストと共に」を歌いました。

歌ったことのない歌で難しかったと思いますが、
錬成会でも歌うから頑張ってくださいね!
また練習しましょうね。

 

 

 

今日は、ゲームをしながら勉強してもらいます!
みんなに、聖書に出てくる人の名前が書いてある紙か、「せりふ」が書いてある紙が配られます。
名前を持っている人はその人が言ったせりふのプリントを持っている子を探し、せりふを持っている人はその台詞を言った人の名前のプリントを持っている子を探しましょう!
みんなで声をかけあって、自分のペアの人を探してください!

 

プリントが配布されました。
みんな移動してともだちに声をかけて、ペアを探しましょう!

 

ペアが見つかった人はその場で座りましょう。

 

ちょっと難しいのもあったね。
声を掛け合って相談してみましょう。
リーダーからヒントもでました!

すべてのペアがみつかったところで、こたえあわせです。
ペアで前に出て発表してもらいました。

 

最初のペアは…
マリア イエス様のお母さん
「私は主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

正解です!
イエス様が産まれますよ、と大天使ガブリエルがマリアさまに伝えたとき、マリアさまがこういいました。

 

二番目のペアは…
洗礼者ヨハネ
「わたしは水であなたたちに洗礼を授けたが、その方は聖霊で洗礼ををお授けになる。」

正解です!
この時代は、川の水に沈めて、もう死んじゃうかもって時にやっと水からあげる…
というのが洗礼のやり方でした。
イエス様も洗礼者ヨハネから洗礼を受けました。

 

三番目のペアは…
マグダラのマリア
「わたしは主を見ました」

こちらも正解です!
マグダラのマリアは、イエス様の弟子だった女の人です。
イエス様が亡くなって3日目に復活したのを一番最初に見た人です。
イエス様の弟子たちみんなに、「イエス様をみた!」と伝えた時の言葉です。

 

四番目のペアは…
百人隊長
「本当に、この人は神の子だった」

正解です!
百人隊長はイエス様の受難と死を最初から死んでしまうまで見届けた人です。
イエス様を信じてなかった人が、イエス様の受難と死をみて「本当に神の子だった」と言ったのです。
とても大事な台詞ですから、覚えておきましょう。

 

五番目のペアは…
ペトロ
「主よ、あなたは何もかもご存知です。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」

イエス様が復活したあと、イエス様と一緒にお話したときのことばです。
イエス様が「わたしを愛しているか?」とペトロに3回きいたときの、3回目のときのペトロの台詞です。

さて、ローマには誰がいるでしょうか?
ローマ教皇さまがいますね。
教皇さまは聖ペトロの後継者です!
バチカンのサン・ピエトロ大寺院のご聖櫃の真下にペトロのお墓があります。

 

 

六番目、最後のペアは…
パウロ
「わたしは弱いときにこそ強いからです。」

正解です!
聖パウロは復活される前・十字架以前のイエス様にあったことがない人です。
復活したイエス様にあい、回心しました。
パウロはキリスト教信者みつけたら殺してたけど、イエス様に出会って外国人にキリスト教を広めるようになりました。
捕まっちゃって病気になっていた時、手紙に「弱いときこそ強い」と書きました。
みんなが心配しないようにそういうふうに書きました。
なんで弱い時こそ強いんでしょうか??
弱い時こそ、神様がそばにいてくれるからです!

全員正解でしたね!ちゃんとペアを見つけられました!
最後に、人数の関係で余ったけど用意してあった2問も紹介しました。

 

ピラト
「お前がユダヤ人の王なのか」
イエス様が捕まってしまって、総督のピラトが尋問した時のせりふです。

トマス
「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、
また、この手をそのわき腹にいれてみなければ、わたしは決して信じない」
イエス様が弟子たちに現れた時、トマスはいませんでした…
それでこう言ってしまいましたが、イエス様はトマスのところにも現れてくださって、トマスの指を手の釘跡と脇腹の傷跡に当てるようにと言って、さわらせてくれました。
そのときイエス様は「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」と言います。
みんなもイエス様見たことないよね?でもみんな信じていますね。

 

 

さて、最後に、「主の祈り」を唱えておわりました。

今日は、みんなで声を掛け合って楽しく学べましたか?
教会学校に来たら、いろんな子に話しかけてみてくださいね。

また来週、元気に集まってくださいね!