|  |  |  |

今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)です。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)
今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

教会入口で、用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

D30_7232

 

 

午前10時半からのミサでは、まず、「枝の式」が行われます。
信徒は、外の駐車場で、フィリップ神父様を待ち、交唱を歌い、神父様をお迎えします。

D30_7244
D30_7243
D30_7246

 

そして、枝の式が始まり、枝を持った会衆を祝福する祈りが唱えられます。

010a4f916828111e452342bcb12112cbcc0fb99184
D30_7253
011beba6a4a7206fbfb6c029d11c5e2dd7443abd0d

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

01b2640cf0556defdeb0d0c52a4776688fc0d039e0
D30_7266
019e6253c66bf6c2c3319fd32986727aaf4747f4af
D30_7283

 

 

そして、入城の福音朗読が行われます。

014287a08562b1c64521d0cb81e949e6d1263933ea

 

福音朗読 ルカによる福音書 19章28~40節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

D30_7300

 

行列が、聖堂に入ると、今度は「聖なる町に」を歌います。

01f850e4cad20df40599a436c98d826b0f5302140e
01cb0e267373d570a715546d2085ad1c32c1b6e303
019d395944f86b1f9870e8aacf03923af7faa295c8

 

 

 

そして、ことばの典礼が行われます。

01792836b78e73e349bf33a1ac299db80a06395ad1
01ad87d38c9d9c1bfedfc367815d3a0c87d89202de

 

詠唱は、今日は少し長めのものが歌われます。

016e1fa400e373598e9a62c035fd08f988b54d9756

 

 

そして、受難朗読が始まります。
ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

IMG_0005

019b98598679e1763ca3027c8b75eccb49b64c0882

 

イエス様が亡くなられる箇所では、頭を下げて、しばらく沈黙のうちに祈ります。

IMG_0011
012238c0cc86e70470cc5b1f0b764308994808d590

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
受難朗読 ルカによる主イエス・キリストの受難 23章1~49節

 

 

そして、お説教が行われます。

01132be2b372ca9c9483748777e2cc97b0bd4a1cc9

説教要旨

今日から聖週間が始まります。
聖週間の間、イエス様の受難・死・復活を思い起こしながら、神様のいつくしみに深く触れることに私たちは招かれています。
枝の主日は、イエス様のエルサレム入城の福音書がいつも朗読されます。
イエス様は、エルサレムにまるで凱旋されるかのように入城されました。しかし、その後、様々な受難に合われました。それは、肉体的なものだけではなく、精神的な苦しみをも受けられました。
今日の福音書のなかには、それらのことは記されていませんが、主の受難の祭儀等に読まれる今日の箇所の長いかたちの福音書にはその事が描かれてます。
それは、イエス様が、深く愛し、信頼していた弟子たちから裏切られたということです。
しかし、裏切られ、否定されたにもかかわらず、イエス様の彼らの行動すらもあわれみ、赦されたのです。
おそらく、私たちの中には、裏切れ否定されたイエス様の事を、気の毒に思う人がいるかもしれません。また、裏切り否定した人々に神様からひどい罰を受けたら良いと思う人もいるでしょう。
しかし、そうではありません。
神様は、イエス様の受難を通して、私たちを強く深く愛し、赦してくださっているのです。私たちは、神様の愛無しでは生きていくことは出来ません。
私たちが心の安らぎをもって、主の復活に与るためにはどうすればよいでしょうか?それは、まず神様と和解し、他の人と共に互いに赦しあうことです。それが復活をお迎えする準備となります。
私たちのために苦しまれたイエス様の事を思い、また、今まで四旬節の務めをあまりしてこなかったと思う人は、せめてこの1週間を、愛と犠牲に満ちたものにしましょう。
その為にも、是非、聖週間の典礼に参加されることをお勧めします。
父と子と聖霊のみ名によって。

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。
聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越の神秘に感謝しましょう。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
先週、お休みでしたので、第3週の本日行われました。今日は、受難の主日ということも多くの方々が教会にいらっしゃいました。

 

01aec0aa9798c89662b9a46befd55fd5647ee33d89

 

 

 

● 今月のおすすめ品

016965e62365095008fc80c068dd0e1f95e82ddce7

いちご(とちおとめ)

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので比較的日持ちがよいのも魅力です。
今の時期のいちごは、成長が遅い分、甘さが凝縮されているそうです。

 

 

01882e3c2e410211472c8dda72d989b0a99b319f9f
01bfb9f0f7002f48f1f9941282f5812a454d1265df

有機野菜

にらや葉玉ねぎなど、春野菜が登場してきました。
伝統野菜「しのぶ冬菜」や少し紫がかった「あやめ雪(かぶ)」など珍しい野菜が人気でした。
新鮮な旬の野菜を楽しめるのも即売会ならではですね!

 

 

01b4a44e4839dd4d6a3d839941514bee79e3636d19

フルーツトマト(期間限定)

普通のトマトよりも糖度が高いトマトをフルーツトマトといいます。(品種名ではありません)
フルーツのように甘いです。

 

 

0151c6f914f2d2c4b3cc0f6e901a548734b62b8daf

揚げ饅頭

松戸教会でも大人気商品が、福島県二本松花月堂花屋の『あだたら山の揚げまんじゅう』です。
箱買いされる方も多く、あっという間に売り切れてしまいます。

 

 

 

 

来月は、第2週4月10日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

 

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

017c41e436722393f6e5266ef46255c0d45873db79

今日は、前回に続き、第2回目の堅信のための勉強会です。
堅信の勉強会のカリキュラムは、以下のページに掲載されています。

 

今日は、受堅希望者のみの勉強会です。(月1回、第1日曜日は受堅者も含めた中高生の勉強会と合同になります。)出席者は3名。1人が風邪でお休みでした。

さて…今日の内容は、「堅信」についてです。
これから「なぜ自分たちが勉強するのか」ということを知っておくことはとても大事なことです。

今回も、主の祈りを唱えてスタートです。

 


 

 

今週のテーマ

● 堅信って何? ●

前回は、「神様がつけてくださったしるし」について勉強しました。
神様が、私たち罪人にもう1度神様のもとに戻れるように「しるし」をつけてくれるのだというお話です。
神様がいかに私たちを愛しているのか、そして、その神様の愛をみんなに授けようとしてくれたお父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんたちの愛を感じてもらえたらと思います。

さて…そのしるしはどうやって私たちにつけられるのでしょうか?
それは、「秘跡」というものをうけることで得られます。
秘跡」は、7つあり、それらは大きく分けて3つに分けられます。(全部与る場合でも6つですが…)
1つの1つのしっかりとした説明は、また今度別の機会にしますが、簡単に説明します。

  1. 入信の秘跡

    洗礼
    キリスト者となります
    初聖体
    キリストと同じものとなります
    堅信
    与えられたしるしを強めてくださいます

  2. 交わりや使命を与えられる秘跡

    結婚
    一生のパートナーを与えてくださいます
    叙階
    一生の役割、そして、司祭としての権能を与えてくださいます

  3. 癒しを与えてくださる秘跡

    ゆるしの秘跡
    神様から離れてしまった罪(前回参照)を赦してくださり、もう1度キリスト者として生きる力を与えてくださいます
    病者の塗油
    昔は、終油の塗油と言われていて、臨終の間際に与えられるものでしたが、現在は、病気や怪我、手術などと向き合う力を与えてくださいます。

秘跡を与ることによって、「私たちが見る事の出来ない神様の愛、存在を感じる事が出来る」ようになります。秘跡は、神様・キリストとの出会いそのものであり、キリストご自身が秘跡そのものなのです。

 

さて、今日は、この7つの秘跡のなかでも堅信についてしっかり覚えて帰りましょう。
堅信は、先程話したとおり、洗礼で得たしるしを強められるために与ります。なぜ、このようなしるしをうけることになったのか。
今日は、聖書をひいてみましょう。普段、聖書を引きますか?それでは、使徒言行録8章14-16節までを開いて読んでみてください。使徒言行録はどこにあるかわかる?

はい。ありがとうございます。
このお話には2つの意味があります。
1つは、「言葉による洗礼」を与っただけでは、少し力が足りない。もう1つは、使徒ペトロ、使徒ヨハネは、聖霊降臨によって、イエス様と同じ力を得て、私たちに「聖霊を注ぐ力」を得られたということです。
これによって、「堅信」という秘跡が生まれ、その永遠に刻まれる堅信という「しるし」は使徒たち、現在は、使徒の権能を受け継いだ司教様たちによって行われるものとなりました。だから、5月15日の堅信式は、カテドラルまで行くわけですね。(聖霊については、今度しっかり勉強します)

そして、聖霊の力によって、洗礼で受けた恵みを生涯を通して実践し、キリストの証し人として振る舞えるようになります。
もちろん、この事も聖書に書いてあります。
では、今度は旧約をひらいみましょうか。イザヤ書61章1節を開いて読んでみてください。イザヤ書は、さてどこにあるでしょう・・・・イザヤ書は多いから、適当に開くと意外とイザヤ書かも…
詩編より前かなぁ後ろかなぁ。バビロン捕囚の前かなぁ後ろかなぁ…。

はい。ありがとうございました。
「主なる神の霊」、つまり、聖霊を注がれるのは、「貧しい人々に良い知らせを伝える」ためです。「良い知らせ」、つまり、「福音」とはなんですか?福音とは、「神の子イエスによって神の国が始まったこと」ですよね。ミサの閉祭の時に神父様がなんとおっしゃるか覚えてますか?
行きましょう。主の平和のうちに」と仰います。
どこにいくのでしょうか?そう、福音宣教に行くんですよね。つまり、その力を堅信のしるしを受けることによって、与えられたわけです。
今まで、洗礼・初聖体、そして、堅信に至るまでは、みんなはある意味、教会やお父さん・お母さんの意思で教会に来て、教会学校に来て、ミサに与って…という生活を送っていましたね。
たとえば、「主の祈りが唱えられない」「使徒信条が唱えられない」「教会が嫌い!」とか、これは、みんなの責任じゃなくて、教会共同体やお父さん・お母さんの責任です。
みんなが洗礼を受ける時に、「信仰を育て、1人前の信者とする」ということを、お父さんやお母さん、そして、教会共同体は神様に誓いました。でも、堅信を受けた後は、もう「自分の責任」になります。もう1人前の信者となるわけです。ある意味、成人式みたいなものだよね。
ちょっと心配になってきちゃいましたか?
でも大丈夫。それだけの力をみんなは5月15日の聖霊降臨によって与るわけです。(だから、今も勉強しているのだよね…)
堅信によって、洗礼によって私たちの心に出来た「聖霊の神殿」にたくさんの聖霊を注ぎ込んでくれます。そういうとイメージしやすいかなぁ。
聖霊は、鳩の絵でよく表されます。こう白く輝いた鳩がブワァーと注がれる感じ。
では、最後にマルコ1章2節から13節まで読んでみましょう。マルコ…福音書だよ。4つの福音書の何番目でしょう?

はい。ありがとうございました。
聖霊がブワーと注ぎ込まれる感じがイメージしやすいと思います。そして、その時、神様がこう仰るよね。「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者
これはイエス様の「洗礼」のお話だけど、みんなも堅信によって「神様の愛する子、神様の心に適う者」になるのです。

今日は、枝の主日で、色々準備がありますから、ここで終わりにしますが、今日から始まる聖週間、特に過越の聖なる3日間はイエス様の「受難・死・復活」に与る、とても大事な3日間です。
「復活祭だけ行けばいいや!」じゃなくて、出来るだけ3日全てのミサに与るようにしてくださいね。

それでは、最後にアヴェ・マリアのお祈りを唱えて終わりにしましょう。

 

 

 


 

さて、次回の勉強会は、4月3日・9時15分から「堅信のための勉強会」も兼ね、中高生の集まり(勉強会)として、行います。
筆記用具とノートをもって、集まってください。

堅信を希望する中高生の皆さんは、しっかり今回の内容を確認して、勉強会に来てくださいね。
堅信の勉強会のカリキュラムは、以下のページに掲載されています。