|  |  |  |

本日、ミカエル会特別企画として、第2回目となる青年有志による「徒歩巡礼」が行われました。

前回行った「徒歩巡礼」を経験したメンバーが「大変でもういいかなと思っていたけど、何故かもう1度したくなってきた」という言葉から企画が始まりました。

 

今回は、「松戸教会 → 亀有教会 → 三河島教会 → 前回お御堂に入ることが出来なかった上野教会 → 神田教会 → 麹町教会」(歩行距離・計24.2 キロ)の順に歩いて回り、ご聖体訪問し、ゴールの麹町教会でミサに与るという企画でした。また、今回の巡礼は、大学受験の近づいた参加者のために合格を祈願しようということになりました。

 

 

 

出発前には、フィリップ神父様から巡礼者の為の祈りと祝福を頂きました。

01ed87e66447aac3dfe8d1f321fb0e74280d91c8e3
0194dfd20fff1367be4bd14ac1e5eda5c960ab6792

 

 

そして、今回も原則「巡礼中に食べることは(休憩したり、食事をとったりすると先に進めなくなるので)禁止」というルールを作ったのですが……出発前に大量のお菓子を買ってきてしまったメンバーも……体力勝負なので緊急避難的な甘いものはしょうがないということで……出発することになりました。

0146ac34d104812ffcf8870c2419ef023ba0792daf

出発前にスタート地点、松戸教会の聖母子像前で記念撮影。

018735ae9f3dab430bf55020d795e327ebe5518bd4

今回もスマートフォンの地図アプリにナビゲーションを託し、巡礼をスタートしました。
今回はどんな「巡礼」になるのでしょうか!!

 

 

 

 

 

まず、最初の目的地である亀有教会を目指します。
亀有教会までは、1 時間27 分(7キロ)の予定です。

01dfd180374c95d666dab6d91d2e3efd2b9aa63d3c

 

 

スタートしてすぐ江戸川を渡り、千葉県に別れをつげ、東京都に入りました。

01eee7be597028b58259f98332b1d7dcfa87b9ccf5
0177495a7af66797970fa013c31445ae94c97c7b74

 

 

ここで…スタートして間もないのですが、いきなりここで食べるメンバーが……
遠足状態になりつつ、道を歩みます。

016ae033e93757dc6286ae27d87d91611ed1208bb0

 

 

そして、最初の目的地亀有教会に到着!
本当は、1時間半でたどり着く道のりなのですが……スマートフォンの地図アプリの違いで…2時間の道のりとなってしましました。

0173c561dd8eca1a6e0bb149e963bdb1cb40c13739

 

さっそく、ご聖体訪問をし、亀有教会の守護聖人であるアッシジの聖フランシスコの取り次ぎを願い、祈りを捧げます。

014bc723fc2744b6c59b69019e25db5e69cfaebe6b

 

お御堂を出るとエントランスホールに橋口神父様がいらして、松戸教会から歩いてきたと聞くとビックリされていました。
お隣の教会なのですが、初めて訪れるメンバーもいて、少しの間、聖堂内を見学させていただきました。

 

 

そして、三河島教会へ向かいます。
亀有教会を出る前に幼稚園入り口前のアッシジのフランシスコ像の前で記念撮影。

01f18d05b2e2a3dba549c39bdfcdce9a39d7eb83fb

 

 

 

 

 

三河島教会の途中、朝降っていた雨も完全にあがり、徐々に気温が上がっていきます。
水分補給のため、ジュースを購入します。水分はとっておかないと本当にツライのです。

01dd0da4c7c457daa4f03e02336b311721a185fbe4

 

途中、夢の千円自販機を発見!
一夢千円で買うか悩みましたが、巡礼中のため、断念。道を急ぎます。

013e08e36c053822ccc9b38de81561d81a3c59df9a

途中、スカイツリーが見え始め、前回のツラサを思い出してしまいます。

012428ce3963c377aea9005eecf616e7be126e906d

 

徐々に足に痛みが出始め、階段や坂の登りはよいのですが、降りるのがつらくなってきました。

01488840eba21ab1f83a25a8154be2a6010d7c3d97

 

今回のコースで一番長い区間ということもあり、初めて参加したメンバー徒歩巡礼はツラサを実感し始め、経験しているメンバーも思い起こし始めました。

0126a1a30039bc854b1c4bca6cf7f904ef9e04ccd6

 

 

ようやく、三河島教会に到着。
8キロ・約2時間の道のりでした。

01db68bd50626008859f5da2dece4d6bd5af8bf145

 

教会入口前にある聖ドン・ボスコ像の前で記念撮影。
(守護聖人は、使徒聖ヨハネなのですが、サレジオ会系の教会だからでしょうね…)

0101113b7b22de8c99e9ff418e0fce7bd240c9f992

 

そして、3階にあるお御堂を目指します。

01d4a3b031d699ab732c7b408a211b451b1cc49a31

 

駐車場にあるマリア像。

01f4eab0486081f5380a1e262cc5e7670bb00d7cb6

 

聖堂入口の聖母子のレリーフ。

0128df211d5c72589c27444bf7e356e8ef4606dc3a

 

2階踊り場のイエスの御心像の御像と聖母子像。

01df7aacc938dd3af032b6b64116905dea4053ba71

 

そして、お御堂へ…と入口を開けようとすると…ミサが行われている音が……
さすがにお御堂に入ることは出来ません。ご聖体にお会いすることが出来ません…

0177d22be29c27d827b93f84de4c60115e8d033eb8

 

 

しょうがないので…イエスのみ心像と聖母子像、入口にあったマリア像に祈りを捧げました。
そして、イエスのみ心像と聖母子像のところに「御言葉おみくじ」があったので、1人ずつそれを頂きました。

01526ffca270ad2821c847e0fe0bdedc5ded7b35d8
011d49a1729b5b64804c2f583083c53e06096f17f4

 

まず1人目…、
「真理の霊が来るとあなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる(ヨハネ16:13)」

 

2人目は…

「あなたは、自分の言葉によって義とされ、また、自分の言葉によって罪ある者とされる(マタイ12:37)」

0122809e034e125d14b51274ea9916ff093fbf21f4

 

3人目は…

「適格者と認められて神の前に立つ者、恥じるところのない働き手、真理の言葉を正しく伝えられる者となるように努めなさい(二テモテ2:15)」

0142bdb1255b7b2b7d6cf9565574d429ec7d14e206

 

4人目は…

「知恵の案内者は神であり、知恵者を導くのは神である(知恵7:15)」

01c5cb4b1d5c76bc1ce476b4d42ff1ab05dd0ffb97

 

5人目は…

「婦人は慎ましい身なりをし、慎みと貞淑をもって身を飾るべきであり、善い業で身を飾るのが、神を敬うと公言する婦人にふさわしいことです。(一テモテ2:9-10)」

016d8c94e70e39884a031dd56afee3e94fd9b8f5cf

きっとそれぞれに今必要な御言葉を頂いた気がします。不思議なものですね。巡礼をする青年たちに神様からのご褒美かもしれません。

その後、ご聖体訪問できなかった事で少し精神的にダメージを受けてしまい、ここで少し休憩をしました。しかし、前に進まなければなりません。次の目的地、上野教会を目指します。

 

 

 

 

 

上野教会までは、まさに「下町」という道を通りました。前回と違い、東京の町並みを歩けたおかげで精神的には大分楽だったような気がします。

0144864758efaa7ef7a4cd9a09e59b2da21dd40d92

 

 

そして、上野教会に到着。約2キロ25分の道のりでした。

01c1d02b3a3b4a87f2ce28dafd201b1f9d8b23001f

 

前回のゴール地であり、お御堂に入れなかったので、前回の参加者は喜びに満ちています。お御堂まで走って向かっていました。

014429b45c091b9a3d887a064ff77b6d54209accc8

 

 

そんな彼を、後ろから追いかけ、お御堂へと入りました。

013742588860c7b20017a9a0f6e0d987d04b926807

 

上野教会の祭壇には、ヨハネ福音書の冒頭の部分が記されていました。

019bc291b99a0eb0e3fcdebe442e2766841169a0a9

 

少しの間、ただ祭壇を見つめ、御言葉に触れ、ご聖体訪問できた感謝し、そして、上野教会の守護聖人聖ベルナデッタの取り次ぎを願い、祈りを捧げます。

010776b43bc6562f6883a225c8f99eaa397561ce9a
01488d17925438002b65c72ee4af30ea485f6c49a4
01366c527db0200d1da7789cea8344c66fc75888e3

 

上野教会は、結婚式が行われた直後だったらしく、もう少し早く到着していたらまたご聖体訪問出来なかったかもしれませんでした。
上野教会のイエズス会中国人センターで奉仕されている愛徳カルメル修道会のシスター熱田もちょうどいらして、「頑張ってね」と励ましの言葉を頂きました。

 

 

 

 

そして、神田教会へと向かいます。
神田教会は、聖堂が、国の登録有形文化財にされている教会で、一番楽しみにしている教会です。

 

上野駅前を通り、アメ横、不忍の池、東京ドーム…などなど名所を通るので、人ごみの中を進まなければならず、体力が奪われます。

01862ddf140ca28cd70bb9b785d4f9d7ab3c533562
0133623233014958aa2f13d6fff6b51905e2df40c7

 

途中、湯島天神の前では、大学受験を目の前にしている参加者が、偶像崇拝の誘惑をかられます。しかし、もちろん、その誘惑を断ち切り、前に進みます。

01bd05f91ae8813882f2e04eda9ddda7098a5ae59a

 

しかし、食の誘惑に負けた参加者も……

01f89ef089a1e54d848d311edf30c086123ef36055
011dd891f10e6ab658abe38a29a693b11e50940da4

 

 

そして、神田教会に到着。3.9キロ約1時間の道のりでした。

その聖堂のすばらしさに圧倒されます。

01aa8b302da2f9bb979808d0fe588d3a38cfd5cd76

 

 

胸を躍らせながら、入口に向かうと……既に門が閉まっていました・・・・・・・・

01827312a72f24bb4a45d67fae3a6b16c022b1a19d

 

今までの疲れがどっと押し寄せてきて、ご聖体訪問出来ない寂しさに襲われました。
司祭館に灯りはついているのですが……
なんとか少しの時間だけでもご聖体を訪問させてもらえないかと思いつつ、ただ茫然と聖堂を門の外から眺めます。

01a51b409b6f712cd96310c670f4685ecdb3f08b9c
018e798a04d92ee9bb44fab18db126bc1f4b5ab7f9

 

 

精神的にも肉体的にもかなりダメージをおってしまいましたが、麹町教会のミサの開始時間が迫っている中、いつまでも落ち込んで前に進まないわけにはいきません。

ここで参加者の1人が「自分にナビをさせてもらえないか」と立候補してきたので、「もちろん」と承諾し、ナビを任せ、麹町教会への歩みをスタートしました。

 

 

 

 

この頃になると、日没を過ぎ、あたりも暗くなってきました。
ここからは時間との闘いなのですが、明らかに歩くペースが落ちてきました。

010a863c273f67b1d5aa1ee6a85674d55b2682de15

 

途中、旧一橋邸跡、皇居のお堀を通り、大手門前を通り、千鳥ヶ淵の前を、皇居ランナーの邪魔になりつつ、前へ前とひたすら歩きます。会話もほとんどなくなってきました。

01e6c23df043f773233a9b5610c91dd58624e25a90

 

神田教会でご聖体訪問できなかったことで体力的・精神的披露が表に出始め、ナビをしている参加者に「あとどのくらい」と10分おきに聞くような感じになってしまっていました。

 

 

ナビに立候補した目的は、ここを経由して、麹町教会に向かうためだったと……。

好きなアニメの舞台のモデルになったところだそうです。(違う意味での)聖地巡礼ですね。まぁ…こういうのも徒歩巡礼ならではの楽しみですよね。

01e50b2d0d6f936fae2e56650a534371e2c9bd4568

 

 

ちょっとした寄り道をすまし、いよいよゴールへと向かいます。
ミサの始まる6時までになんとかつかなければなりません。ペースアップして進みます。

 

四ツ谷駅が見えてくると、全員のテンションが上がります。
お隣の上智大学の前では、かなり喜びが表に出ていますね。

0192f549860a41400ad7014c2e7ce389e62bd03a66

 

 

そして、ついに…麹町教会に到着!
全員欠けることなくゴールすることが、出来ました。約7キロ1時間半の道のりでした。

01def26919906a58eb906da6ef28f2d63de6a84884

 

 

今日歩いた道をずっと記録していたモノです。
計27.1キロキロ、6時間52分というのは、すべての教会を巡り(+聖地1か所)をまさに「歩いていた」道のり・時間です。

013c6d69290cbee11a5bd3db80025be894737dd93e

 

 

 

 

ゴールの地、麹町教会で、待っていてくれていたメンバーと合流し、共にミサに与ります。

010f3f08b899c5e909df55f3d990ffe27741bf39b6

014dd9d2bc91c3da655f8a8337ca0751f2c03ea1e2

 

ミサの間、今までにないくらい深い黙想をしていました。
あまりに深い黙想だったためか、お説教が終わっても気づかない参加者も……。

この巡礼が無事終わったことを神様に感謝し、共に歩んだ仲間に感謝し、そして、ご聖体をいただく事への感謝を捧げました。

015b96b14fb6be6da11a57a61fee65618afbc434a3

 

 

 

 

ゴール後、(2回目ですが)恒例になったご褒美のラーメン。
今回も早ミサから与ったために朝食をとれなかったので、本当に美味しい「ご褒美」となったようです。

01cb4f4fddfb44687a8dab25abb18db6e37d27f70c
01696319c510ca7b4ab9b5b587c2fbec3f467d9b8e
019ef5f3aea4cb8aca2e8e9d4b33912a3a82e82f29
011f69f0e831b8c88500d512916ef5eb1d4706b528

 

 

 

 

今回の徒歩巡礼を通して、青年達は仲間意識をかなり強められたと思います。
フィリップ神父様が祝福して下さった時に「周りに迷惑をかけないように…」という言葉もあり、みんなが自分以外をいたわり、多少辛くても楽しく前に進めたことは本当に神様のお恵みでした。
教会聖堂を見た時の安心感とご聖体から頂く力を改めて感じた巡礼になったようです。

「今は全く考えられないけど、しばらく経ったらまたやりたくなるかもしれない」という言葉もありました。次回、また行う時には、新しい参加者が表れることを期待しています。

 

つらかった部分もありましたが、青年たちにとって本当に実りの多い巡礼となったようです。
本当にお疲れ様でした!




 |  |  |  |

本日、年間第33主日の10時半からのミサのなかで「七五三の祝福」が行われました。

 

フィリップ神父様が、七五三を迎える子どもたちを前にお祈りを唱えられました。

IMG_5673

 

 

お祈りの後、こどもたちを祝福されました。

IMG_5679
IMG_5683

 

 

そして、教会から記念品とおメダイがプレゼントされました。

IMG_5687
IMG_5696
IMG_5694

 
ミサ後、フィリップ神父様、そして、ご家族一緒に記念撮影。

IMG_5700

 
そして、侍者を務めてくれたいた子どもも七五三のお祝いをもちろんします。

IMG_5710

 

 

 

今日はいつもよりちょっとおめかしして、ミサに与りました。

七五三を迎えた7人の子どもたちの健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます。




 |  |  |  |

先週からクリスマスカード作りも始め、クリスマスまでの準備が進んできていますね。
今日はクリスマスまでの準備の一環として、「受胎告知」について詳しくお勉強しました。

最初は「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

IMG_1868

今日はマリアさまのことについてお勉強するので、リーダーがマリア様の絵を持ってきてくれました。そして、今日も歌を練習しましたが、マリアさまについて歌っている「マリアさまのこころ」を練習しました。

IMG_1869

この絵のマリアさまの胸のところに描かれているものは「マリアさまのみこころ」を現しています。今日歌う歌にぴったりの絵ですね!

歌う前に、まずは「マリアさまのこころ」の歌詞を確認しました。

IMG_1871

そして、船津神学生の伴奏に合わせて歌います。

IMG_1872

歌の時間が終わると、リーダーがみんなにプリントを配りました。

IMG_1874

プリントには問題が4つ書かれています。リーダーのお話を聞いて、順番に問題を解いていきました。

Q.1とQ.2は11月1日の教会学校で勉強したことのおさらいですが…みんな覚えていましたか…?
Q.1は「教会のカレンダーはいつから始まるのかな?」です。日にちは毎年変わるのですが、今年は11月29日です。
Q.2は「待降節とはどういう意味かな?」です。リーダーが漢字の意味を教えてくれました。「“待”は待つ、“降”はおりる、“節”は期間ってことだよ。」漢字の意味が分かれば簡単ですね。答えは、「イエスさまが天から降りてくるのを待つ期間」です。

IMG_1876

みんな真剣に答えを書き込んでいますね。

Q.3は「下の絵はだれとだれかな?」です。プリントに描かれている絵を見て答える問題ですが…リーダーが「分かる人!」と呼びかけると2人手を上げてくれました。あてられた子が「ガブリエルとマリアさま」としっかり答えてくれました!正解です!

「この絵のガブリエルとマリアさまはどんなお話をしているのか…次のページに書いてあるので、ひとり1行ずつ読んでみましょう。」
次のページに書かれているのは「ルカによる福音」の一場面です。「受胎告知」と言われる場面ですね。

IMG_1882

読み終わったところでリーダーから質問です。「ガブリエルには役割がありますが、どんな役割かな?」「ガブリエルはマリアさまに何を伝えにきたのかな?」「マリアさまはそう伝えられてどうしたかな?」みんなで考えてみました。

そして、リーダーからはこんな質問も…「この時のマリアさまは何歳だと思う?」
みんな、「20歳!」とか「100歳!」と答えてくれましたが…残念!不正解です。
小学五年生の子に「きみと同じくらいだよ」と言うと「え…?!」と声が上がりました。諸説ありますが、マリアさまは11歳くらいだったそうです。その子に「もし自分が「イエスさまを身ごもる」って言われたらどうする?」ときくと「ちょっと無理…」と答えていました。そうですよね…。いかにマリアさまがすごいか、皆に伝わったんじゃないかと思います。

そしてプリントのQ.4「“おめでとう。恵まれた方。主があなたと共におられる。”みんながよく知っている言葉だよ。何の言葉かな?」
これは、みんながいつも唱えている「アヴェ・マリアの祈り」に入っている言葉なんです!「おめでとう」は「アヴェ・マリア」、「恵まれた方」は「恵みに満ちた方」、「主があなたと共におられる」は「主はあなたと共におられます」と言い換えると、「アヴェ・マリアの祈り」の冒頭になりますね。ガブリエルが言った言葉がお祈りに含まれているんですね。

そして最後の問題として、リーダーが「マリアさまってどんな人かな?」とみんなにききました。
「マリアさまは、神様をよく信じていて、神様の言葉をすぐに受け入れました。神様によく従う人なんだよ。」

「何か質問がある人?」ときくと、「“わたしは主のはしためです。”のところの、はしためって何?」とひとりの子が質問してくれました。
はしためは、しもべとか、めしつかいという意味です。めしつかいは主人のことを信頼しておつかえする人ですね。そして主人の命令に従いますね。「主のはしため」ってことは、神様を信頼していて、神様の命令に従う人ということです。

みんな今日のお勉強で、マリアさまがどんな人かよくわかったでしょうか?最後に、マリアさまに倣って生活していけるように、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えました。

IMG_1879

今日お勉強したこと・わからなかったことなどは、お家の人とお話してみてくださいね。
また来週も、元気に集まってくださいね!