|  |  |  |

本日、午後1時から、松戸教会聖堂にて、東京教区・中央地区 平和旬間行事が、東葛飾宣教協力体豊四季教会亀有教会・松戸教会)主催で行われました。

 

 

まず、最初に金澤弘子さんの講演会が行われました。

IMG_4358

 

金沢さんの講演のテーマは「原発事故から学んだこと ―苦しむ命に触れて、祈りそして回心へ―」です。
2011年3月11日に起こった「東日本大震災」から4年5ヶ月経った現在の福島の現状をお話頂きました。

IMG_4344

金澤弘子(かなざわ・ひろこ)さん プロフィール

小・中学校勤務を含め、カウンセラーを30年務める。自宅に鍵をかけず、駆け込み寺として開放。現在、NPO法人「子ども自立の里」理事、自立支援カウンセラー養成講座講師、傾聴ボランティア「白河みみずく」代表、「知足庵」世話人代表。カトリック白河教会信徒。

 

 

 

続いて、漆原比呂志さんの講演会が行われました。

IMG_4367

 

漆原比呂志さんの講演のテーマは、「国際協力の現場から学ぶ『平和』」です。

日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)よりカンボジアとベトナムに各3年間派遣されたご自身の体験をとおして、「平和とはどういうものなのか?」というお話をして頂きました。

講演の最後にモハゴサナンタ師の言葉を紹介されました。

苦しみの共感からはじまる平和  -一人ひとりの心から始まる平和-

カンボジアの人々の苦しみはとても深い。
その苦しみは深い共感を生んだ。
深い共感は、平和な心をもたらす。
平和な心は、平和な人をつくる。
平和な人は、平和なコミュニティをつくる。
平和なコミュニティは、平和な国をつくる。
平和な国は、平和な世界をつくる。

IMG_4365

漆原比呂志(うるしばら・ひろし)さん プロフィール

1966年、神奈川県鎌倉市生まれ。日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)よりカンボジアとベトナムに各3年間派遣。帰国後JLMM事務局スタッフ、2004年より事務局長。2011年よりカトリック東京ボランティアセンター(CTVC)事務局長を兼任。NPO法人「東ティモール医療友の会」理事。カトリック雪ノ下教会信徒。

 

 

 

 

講演会終了後、午後2時45分から幸田司教様司式で「平和を願うミサ」が行われました。

 

開祭のあいさつのなかで幸田司教様は、「平和旬間の結び、戦後70年の終戦記念日でもありました。戦争で亡くなられたすべての方々のため、そして世界の平和のため、そして、わたしたちの先祖や亡くなった家族のためにミサをささげましょう。」と仰り、ミサを祈りへと導かれました。

DSC00035

 

 

第1朗読は、豊四季教会の方が朗読されました。

DSC00041

 

 

第2朗読は、亀有教会の方が朗読されました。

DSC00050

 

 

福音朗読は、豊四季教会の主任司祭、渡邊神父様が朗読されました。

DSC00059

 

 

 

そして、幸田司教様のお説教。

DSC00126

幸田司教様 説教

 

 

 

 

 

共同祈願では、3教会(豊四季教会亀有教会、松戸教会)の方々が唱えられました。

 

松戸教会信徒による「東日本大震災による被災者のための祈り」

DSC00067
東日本大震災によって家族を亡くし、家をなくし、生活の手段をなくして苦しむ人々のために、あなたの助けと励まし、そして、希望を与えてください。
私たちもその人たちのために支援し、犠牲をささげ、祈り続けます。
そして、1日も早く安心して暮らせる日が来ますように。
また、この震災で亡くなられた全ての人々が、聖母マリアの取り次ぎの祈りにより、あなたのもとで安らかに憩うことができますように。

 

 

豊四季教会信徒による「世界の平和を願う祈り」

DSC00068
世界平和のために祈ります。
今日、この一瞬にも、戦争や紛争の犠牲となっている人がいます。
主よ、私たち一人ひとりが「平和を作る者」として、あなたに派遣されていることを自覚し、文化や宗教、価値観の違いを非暴力で乗り越え、お互いへの理解と尊敬に溢れる寛容な社会の担い手として働くことが出来ますように。
私たちに必要な知恵と勇気をお与えください。

 

 

亀有教会信徒による戦後70年を迎える日本の平和を願ういのり

DSC00072
「平和を実現する人は幸い」というイエス・キリストのことばに励まされながら、近隣諸国、特にアジア各国との間での過ちや憎しみ合いを互いに許しあい助け合いながら神が望まれている平和な国の実現を目指していくことができますように。

 

 

松戸教会信徒による「福島の原発事故被災者の為の祈り」

DSC00074
原発事故によって故郷(ふるさと)を失い、今もなお、苦しく、不安な日々を過ごす人々の心を照らし、希望を失うことがないように支えてください。
人々の暮らしと命をおびやかす原発に頼ることの無い社会を、私たちが選び取る事が出来ますように。
すべての人の苦しみを担われるキリストがいつも共にいてくださることを、証することが出来ますように。

 

 

そして、最後に会衆全員で「平和のための祈り 2015」を唱えました。

DSC00079
神よ、戦後70年にあたり、心からの願いをささげます。
あらゆる差別をなくし、いのちと人権を尊重する社会をつくることができますように。
国と国、民族と民族が、対話と相互理解の努力を続けることができますように。
無関心を乗り越え、格差と貧困の問題に取り組むことができますように。
地球環境を大切にし、すべての生きものと共存することができますように。
神よ、わたしたちに、武力によらない平和への道を歩ませてください。

 

 

 

 

 

DSC00081
DSC00085
DSC00089

 

そして、聖体拝領。

DSC00103

 

 

 

ミサの終わりに、幸田司教様からともに東日本大震災被災者の為にご一緒に活動されてきた金原さん、漆原さんとミサをあげられた事を感謝される言葉がありました。

DSC00109

 

 

 

 

 

ミサ後、多くの方が残り、懇親会に出席されました。

DSC00115
DSC00117
DSC00120
DSC00121

 

 

 

 

戦後70年の節目に行われた「平和旬間行事」を通し、もう1度戦争のない社会の尊さ、そして、今なお苦しみを味わい平和を甘受できない人々がいる現実を考えさせられました。
幸田司教様が、お説教の中で仰っていた通り、この終戦の日・8月15日「聖母の被昇天の祭日」にした決意を忘れないように過ごせればと思います。




 |  |  |  |

平和旬間行事の後(講演会・平和を願うミサ)行われる懇親会の準備を致しました。

お菓子・ケーキやフルーツ、飲み物を手配し、各テーブルに用意しました。

 

DSC00061
DSC00062
DSC00060

 

 

懇親会が無事終わった後は、片づけを行いました。

 

このようにマリア会は、松戸教会でパーティやお茶会が行われる際には、準備を担当しています。

今後もより多くの皆様がマリア会の活動に参加して懇親を深め、松戸教会の諸活動に資することができますようご協力をお願いいたします。




 |  |  |  |

本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、午前10時半からミサが行われました。
ミサのなかでは、今年1年帰天された方への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

019a43de6c4464d8b909e7c4df098d6329a40327e4
017a9c062777c965d5823be4c49164f75bab4b9fa7

 

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

IMG_4334w
IMG_4331w

 

 

 

入堂とともに無原罪のマリア像に献香されました。

IMG_4336

 

 

開祭の儀では、今年に帰天された方々の名前が読み上げられ、このミサのなかでの祈りへと導かれました。

DSC00011

 

 

第1朗読

DSC00014

第2朗読

DSC00016

 

そして、福音朗読…

IMG_4339

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

 

DSC00124

説教要旨

今日は、聖母の被昇天の祝日です。
8月は少し悲しみのある月です。広島と長崎の原爆での被害を祈念し、そして、子ども達も夏休みが終われば、新学期が始まります。毎日、忙しく働いている大人たちも訪れるやがて秋への準備を進めようとしています。

8月15日の被昇天のお祝いは、マリア様の人生の終わりを記念しています。
収穫の時期の始めにあり、教会の歴史のなかで1400年間にわたって祝われています。それはとても大切な時期だと思います。なぜならば、マリア様はイエスさまの収穫の最初のひとりであったからです。そして、マリア様は、私たちにも神様の下に行くことを望まれているからです。

被昇天の日には、マリア様がご自分の使命と人生の終わりに体と魂とともに天の栄光に与りました。
天は、神様の計画を受け入れて、愛の人生を送っていった聖母の運命の完成でした。自分の望みや目的があったでしょうが、天使の尊敬深い挨拶によって、神様の計画がもたらされました。それは驚きに満ちたモノでした。大工の妻として満足していたマリア様は、特別な扱いはご自分にはふさわしくないと思っていましたが、柔和に神様のみ旨を受け、「私は主の婢です。お言葉の通りになりますように」と仰いました。

今日のお祝いには、マリア様の役割について黙想しましょう。
イエスさまの人生の背景に聖母の姿があり、ずっと聖なる息子の使命に協力していました。メル・ギブソンの映画「パッション」で描かれている通り、マリア様には大事な役割がありました。
そこから私達にもメッセージが伝わってきます。
質素な生活をおくりながら、色々な喜びと悲しみが味わい、十字架の下で息子の死体を抱いたマリア様なら私たちの苦しみもきっと分かってくださるでしょう。

今日は、救いの伝承を伝える、とても喜ばしい祝日です。
私たちの体は聖霊の神殿であることを思い起こし、私達も神様の栄光の下に入る日を待ち望んでいます。
マリア様と同じように歩き、私達も完全な人間として、体と魂とともに神様を仰ぎ見ることになるでしょう。

このミサの中で、マリア様と同じように。私達も神様の計画を受け入れ、イエス・キリストをこの世に表すために自分を捧げることが出来るように祈りましょう。

父と子と聖霊のみ名によって。

 

 

 

続いて、感謝の典礼に入ります。
奉納の際にも祭壇に献香しました。

DSC00025

DSC00027
DSC00028
DSC00029

 

 

今年は、土曜日に行われたこともあり、多くの方々が被昇天のミサに与れました。
帰省されていた方も参加されていたようです。

 

8月15日は、聖フランシスコ・ザビエルが日本に初めて上陸した日であり、日本の終戦の日でもあります。
マリア様の被昇天にそのような出来事が起こる意味を思いを巡らせることが出来たらと思います。