主の平和

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

最近、とても暑いですね。
この時期にこれだけ暑いと夏になったらどれだけ暑くなるのでしょう……………
今日は、久々に雨。気温も心地よい感じでしたね。九州地方では梅雨入りとしたらしいですね。もう間もなく首都圏も梅雨入りすることでしょう。そしたら、もう夏ですね…時間の流れが早過ぎます。

そしてこの時期の草木の成長はハンパないです!
Σ( ̄□ ̄;)
雑草があとからあとから生えてきます。抜いても抜いても追い付きません。

水を吸った草木は強いです!
ちなみに私は真夏にビールを飲むときは、だいぶ前から一滴も水を口にしません。
そうすると…渇いた喉に…あぁぁ何てビールが美味しいんでしょうか

考えただけで喉が鳴るのです。
O(≧∇≦)O
O(≧∇≦)O
O(≧∇≦)O
(…危険なので決して真似をしないでください)

 

 

教会も復活節が終わり、しばらく教会行事はお休みです。松戸教会の守護聖人「大天使聖ミカエルの祝日」を祝うミサまでちょっと余裕が出来るかもしれませんね。こういう時期を使って、黙想会や巡礼に行ければいいなぁと思ったりもしています……。

教会入口のマリア様も今日の雨は気持ちよさそうですね。
5月は聖母月でしたし、聖ミカエル幼稚園のマリア行列もあったりして、お忙しいかったでしょう。

 

 

 

マリア様の花壇も植え替えが終わりました。

八重咲きのチューリップも終わりましたので(球根はもちろん残してありますよ!)、蛍袋(フクロボタル)を植えました。この数日の暑さのせいか、例年より10日くらい早く開花してしまいました。雨の滴がとても似合う花ですね。名前の由来は子供がこの花でホタルを包んだから、提灯の古名「火垂る袋」が転じた名前、など諸説いろいろあるそうですが、梅雨の時期に咲くイメージが強いので、個人的には、アジサイと同じくらい雨がとてもよく似合う花なのかなと思っています。花言葉は「忠実・正義」だそうです。

 

01e0f6fbbce66afda1d2c0e6b96ba086d27568f7cb

 

 

 

もうちょっと花壇に近づいて、観てもらうと「ラベンダー」の花が咲いているのが分かると思います!
古代ローマ人は入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだため、「洗う」という意味のラテン語「lavare」が花名の語源であるとされています。

本来香りのない植物だったそうですが、マリア様がイエス様の産着をラベンダーの花の上に干したところ芳香を放つようになった」との伝説があって、聖母子像の花壇にはぴったりの花ですよね。

花言葉は、沈黙、私に答えてください、期待、不信感、疑惑
「疑惑」の花言葉は、ラベンダーが不思議なほどに強い香りを放つことにちなんでいるそうです…

 

01001f15a1cf8bca78cd80431b077ad3784783b332

 

 

 

ところで……

みなさんに謝らないといけないことが……
クジャクサボテンの花………終わってしまいました……。

写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていて「綺麗だね」「すごいね」と…話しているうちに…このようなことに……。まさにクジャクサボテンの花言葉の「儚い美」状態で……。

本当に大きな花なんですよ!……………枯れてしまった花からも想像できると思いますが……

 

014807d285f1d1a54b0a9ab2b553a789fad9fce20f

 

だが、しかーし、諦めるのは早いです!写真を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、もう1つ蕾があります!
今度こそ!写真に収めますから!

みなさんも松戸教会に来て、聖母子像の花壇を必ずチェックして、クジャクサボテンが咲いていたら、みみずの会のメンバーにすぐ知らせてくださいね!
よろしくお願いします!!