|  |  |  |

6月1日から5日までファティマの聖母像が安置されていました。

このファティマの聖母像は木製で、ファティマでの聖母のご出現100周年を記念し、ファティマで2カ月かけて新しく作られました。
同地にある実物と同じ大きさ(冠を除いて約105センチ)で、今回、あるポーランド人女性が寄贈し、日本まで届けられました。

 

 

6月1日、午前9時頃、松戸教会を出発し、カテドラルまでお迎えに行きました。

そして、カテドラル到着後、高木神父様(東京教区事務局長)と関口教会の担当の方のお立会いのもと、松戸教会にお運びします。

 

午前11時頃、無事松戸教会に到着し、安置します。

 

 

そして、お出迎えした信徒たちとともに、灌水・献香し、祈りを捧げ、サルヴェ・レジーナを歌いました。

 

 

この日から多くの方々が巡礼にいらっしゃいました。

 

MCCICも、ファティマの聖母像のための活動を行いました。

 

 

 

 

6月2日に行われた初金のミサにも多くの方々が与りました。

 

入堂と共にファティマの聖母子像に献香しました。

 

第1朗読

 

福音朗読

 

 

第1朗読 使徒言行録 25章13~21節
福音朗読 ヨハネによる福音書 21章15~19節

 

 

 

そして、説教。

説教要旨

福音朗読のなかで、聖ペトロがご復活されたイエスに3度「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と尋ねられ、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と答えられたお話をされ、その言葉を正しく理解し、「主を愛している」と確かに答えられるように、ファティマに、全ての罪びとのために現れた、私たちキリスト者の模範である聖母マリアの取り次ぎを願い祈りましょう。

 

 

拝領祈願前、サルヴェ・レジーナをオルガン奏者が演奏し、ファティマの聖母像への取り次ぎの祈りへと導きました。

 

 

ミサ後、ロザリオを1環捧げました。1連ごとに「ファティマの牧童の祈り」を唱え、世界の平和を祈りました。

ファティマの牧童の祈り

主イエス・キリスト、私たちの罪を許して下さい。
私たちを滅びから救い、すべての人々、ことにおん憐れみを最も必要としている人々を
天国に導いて下さい。アーメン。

 

 

 

 

6月2日・金曜日には、聖ミカエル幼稚園の子どもたちも先生と一緒に来て、マリア様のために、みんなで主の祈りとアヴェマリアの祈りを唱え、お祈りをしました。

子どもたちが大好きなマリア様もきっと喜んでいらっしゃると思います!

 

 

 

 

聖霊降臨の主日のミサ前にも、ロザリオを1環捧げました。1連ごとに「ファティマの牧童の祈り」を唱え、世界の平和を祈りました。
また、共同祈願でも「世界平和」を願い、心を合わせて、マリア様の取り次ぎを願い、祈りを捧げました。

 

そして、退堂前にミサに与った全員で心を合わせて、サルヴェ・レジーナを歌いました。

 

ミサ後、多くの方々が写真を撮っていました。
李助祭も、記念撮影!

 

 

 

 

6月5日、カテドラルにお返しする日がやってきました。
この日もギリギリまでお祈りにいらっしゃる方がいらしていました。

午後1時半ごろ、出発前に灌水、献香し、祈りを捧げました。

 

最後に集まった全員でサルヴェ・レジーナを歌いました。

 

 

 

そして、梱包…少し寂しいですね…
これから日本中を回り、カトリック幟町教会に最終的に安置されるそうです。
また、どこかでお目にかかれたらいいですね。

 

 

短い間でしたが、ファティマの聖母像を通して、神様のいつくしみに触れることが出来たのではないでしょうか…

多くの方々が、ミサ、そして、お祈りにいらして下さいました。
共同体として多くの恵みを頂くことが出来ました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

本日、聖霊降臨の祭日に東京大司教区の合同堅信式ミサが、東京カテドラル聖マリア大聖堂で午後2時半から、岡田武夫大司教様司式で行われ、東京大司教区の各教会から多くの方々が集まりました。

松戸教会からも15名の方々とその代父母、ご家族が参加されました。

 

初めてカテドラルに来た方々もいらして、少し緊張気味です。
この数か月間、様々な事を学び、今日、堅信の秘跡を授かります。

 

 

 

 

そして、いよいよ合同堅信式が始まります。

 

 

 

まず、ことばの典礼が行われました。
第1朗読(松戸教会の信徒が行いました…)

 

第2朗読

 

そして、福音朗読

 

 

第1朗読 使徒言行録 2章1~11節
第2朗読 コリントの信徒への手紙1 12章3b~7、12~13節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章19~23節

 

 

そして、岡田大司教様のお説教が行われます。

お説教の中で、受堅される皆さんに向けたメッセージを仰られました。

「『人を愛する』ということは、大変なことです。人間にはできなくとも、神にはできないことはない。
そのおかげで、この至らないわたしが、神様から愛されている者であり、周りの人から大切にされ、赦してもらっている存在であるということを、思い起こしましょう。
そのおかげで、この至らないわたしが、神様から愛されている者であり、周りの人から大切にされ、赦してもらっている存在であるということを、思い起こしましょう。
そのようにしていただいているのだから、わたしたちもそのようにできるはずだし、そのようにしなければならないと思います。」

(引用)岡田大司教様のお説教

 

 

 

 

お説教後、いよいよ堅信の儀が行われます。

 

まず、堅信志願者が、岡田大司教様の問いに答え、悪霊の拒否と洗礼の約束の更新を宣言します。

 

そして、岡田大司教様から按手を受けます。

 

1人ずつ聖香油を岡田大司教様の前に出て額に塗油していただき、秘跡を授けられました。

 

 

 

 

共同祈願は、参加した全ての代父母や受堅者がそれぞれ唱え、祈りを捧げます。

 

奉納も、受堅者によって行われました。

 

 

 

 

そして、ミサに参加した誰もが喜びと聖霊を感じる中、聖体拝領が行われました。

 

 

 

 

夕陽が内陣に差し込む中、派遣の祝福を受け、閉祭となりました。

 

 

 

 

ミサ後、受堅者、ご家族、代父母、李助祭と、ルルドの前で記念撮影!

 

最後に受堅者のみで…!

 

 

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!




 |  |  |  |

東京教区の合同堅信式で無事7人の中高生が堅信の秘跡に与りました。

 

今日のために春休みに集中講座を行いました。みんな、内容を覚えていますか?

 

先日の徹夜祭で受洗され、今回堅信に与る方々8名と一緒に堅信に与るためにカテドラルまで来ました。
李助祭、代父母の方々、ご家族とともに合同堅信式が始まるのを待ちます。みんな…ちょっと緊張しているかな…?

 

 

お説教後、いよいよ堅信式が始まりました。

 

 

岡田大司教様から按手を受け、聖香油を塗油されました!
松戸教会は、左側に座っていたので最後の方だったこともあり、他の方が堅信を受ける様子を見ていて、心の準備が出来ていたようでした。

 

 

堅信に与り、これでようやく「入信の秘跡」を終えました!
勉強も大変だったと思いますが、これでようやく1人前の信者ですね!
もちろん、これからも勉強は続きますが…みんなには、神様から「決して消えない神様の愛のしるし」を頂いたのですから、信徒として「教会を善い場所」にする努力も大人と一緒に頑張りましょう!
そして、堅信を受けていない中高生のみんなも是非勉強会に参加して、堅信を与りましょう。

 

最後に…中高生の7人、そして、ご家族の方々、ご堅信、本当におめでとうございます!




 |  |  |  |

本日、聖霊降臨の主日を祝いました。

五旬祭(過越祭から50日後。ユダヤ教では、シナイ山で十戒をモーセが受けた事、そして、春の収穫を感謝する農業祭としての意味がある。日常の仕事が禁じられる安息日であり、トーラ(モーセ五書)の学習、ルツ記の朗読などが行われる。食事には肉を使わず乳製品を食べる)に、キリストが約束された弁護者である聖霊が私たちに降り、私たちの福音宣教が始まったことを記念して祝います。

今日、この日、キリスト者の福音宣教が始まり、教会が誕生しました。

 

聖霊降臨とは?

聖霊が内面に働きかけ、すべての人の救いのための業を行い、教会を発展させるために、聖霊は弟子たちとともに永遠にとどまるために、弟子たちのうえに下ったのです。
これを聖霊の降臨といいます。

聖霊降臨の日に教会は多くの人の前に公に現わされ、説教によって諸国民への福音の宣布が始められた。
そして、普遍的信仰において結ばれる諸国民の一致が、新約の教会を通して予告された。この教会は、すべての国語を語り、愛をもってすべての国語を理解し、受け入れ、こうしてバベルの離散を征服する」。
このことから聖霊降臨が教会活動の始まりだといわれ、特別に祝われます。

引用:聖霊降臨とは?

 

 

さて、今日は、東京大司教区の合同堅信式が行われます。

入信の秘跡の最後の秘跡であり、いつも共にいてくださる聖霊を受け、聖霊の賜物を受ける「堅信」の秘跡が、聖霊が降り注ぎ、教会の福音宣教が始まった聖霊降臨の主日に行われるのがふさわしいとされているからです。

松戸教会からは、15名の方々が堅信に与ります。
共同祈願のなかで、堅信を迎える15名のために、松戸教会として心を1つにして祈りました。

そして、聖体拝領後、合同堅信式で堅信に与る中高生から一言ずつ挨拶がありました。

 

 

今年は、ファティマの聖母像をお迎えして、聖霊降臨を祝いました。

 

「教会の誕生」を記念する日ともされる、この聖霊降臨の主日にもう1度、より多くの方々に福音を伝えられますように。




 |  |  |  |

本日、主の昇天の祝日のミサは、東葛飾宣教協力体の司祭交流のため、亀有教会の松田 清四朗神父がいらっしゃり、司式してくださいました。

(フィリップ神父様は豊四季教会へ、豊四季教会の立花神父様は亀有教会にて司式されました)

 

初めて松戸教会にいらしていただきました。
今後、お隣ということで、様々な場面でお世話になるとおもいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、是非、松戸教会にお越しください。