|  |  |  |

今日は、クリスマス!主の降誕の祭日です!
聖劇が終演した後、午後6時から「子どもの奉仕するミサ」が行われました。みんな、聖劇の衣装を着たまま、ミサの奉仕を行います。

 

 

普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子供の奉仕するミサ」を行います)

 

 

 

 

聖劇が終わったら、そのままミサの準備をします。
先唱が開祭の前に、始めてきた未信者の方にもわかりやすく、ミサの解説を行います。
今日の先唱は、しっかりと行うことが出来ましたね。

ミサの解説

長い間、今日という日は人々から待ち望まれていました。しかし、キリストが誕生したその日、人々は救い主の誕生に気がついていませんでした。この日、イエス様の誕生を喜んだのはだれだったのでしょうか。
それは、マリア様、聖ヨセフ、そして名もない羊飼いたちでした。イエス・キリストは、この世界の片隅で、ごくわずかな人々に見守られながら誕生したのです。まるで、何の変哲もないひとつの家庭、しかも貧しいひとつの家庭の出来事のようです。神は弱く、貧しい姿でこの世界に入ってこられたのです。
今日の朗読に繰り返されている「光、現れる、栄光、照らす……」という言葉には、1人の男の子の誕生という出来事の本当の意味があります。
栄光が現れ、光が照らす。そのことに対しての人々の反応は「見る」という言葉で表現されています。人々は一体何を見るのでしょうか。
福音書では、「布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子」の姿を見つけるとあります。世界の片隅、貧しい旅先、しかもベツレヘムの町の外の馬小屋での出産、ただそれだけと読みとる、見ることもできます。
しかし、目を覚まして、見つめてみましょう。
夜どおし働き、厳しい生活を送っている羊飼いに、喜びの知らせが届きます。「あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」と。羊飼いたちの喜ぶ様子を私たちは見ることが出来ます。
天使たちとともに、「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」と、心を合わせて歌いましょう。喜びましょう。

 

 

 

午後6時…いよいよミサが始まります。
入堂とともにフィリップ神父様が、馬小屋、祭壇に灌水、献香し、祝別しました。

 

そして、祭壇の前で馬小屋の祝福の祈りを捧げます。

 

祭壇に神父様がつかれると、神父様が回心へと導かれ、憐れみの賛歌が歌われます。そして、カンパネラが響く中、待降節に入り歌われなかった「栄光の讃歌」が歌われます。
(復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

栄光の賛歌が歌われる中、フィリップ神父様が幼子のイエスをお迎えに行き、真舟に安置されました。

 

 

そして、ことばの典礼となります。
ことばの典礼では、聖書が朗読されます。
クリスマスは、「語り部」の子の2人が始めてこられた未信者の方でも分かるように朗読箇所を説明します。

 

第1朗読は、旧約聖書の箇所が朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

第1朗読は、イザヤ書の新しい王の即位の預言の箇所からとられています。
偉大な預言者イザヤが生きた紀元前730年頃、北イスラエルは台頭してきたアッシリア帝国に屈服し、ガリラヤ地方はその属国となっていました。南ユダも王の悪い政治により人々は苦しんでいました。政治的にも、宗教的にも、乱れきり、疲れ切ったイスラエルの民を前に、嘆きながらも、神が約束されたことを忘れることなく、心を改めて神にのみ信頼することを説きます。
預言者イザヤは、イエス様が育った「暗黒の地」と呼ばれるガリラヤから、この全く光のない闇の世界に、「いずれ地の果てにまで及ぶ神の偉大な光が」と預言します。今夜、この約束が神様の限りない愛によって果たされます。

 

そして、聖劇でヨゼフさまを演じた6年生が、朗読を行いました。
朗読も侍者も、短い練習時間だったにもかかわらず、しっかりと行う事が出来ました。

 

そして、答唱!
今回は詩編を中学生が挑戦しました。錬成会でも行いましたが、教会の皆さんの前で行うのはもちろん初めて…。この日のために聖歌奉仕グループの聖歌練習にも参加しました。本当に緊張していましたね…(あまりの緊張のあまり歌う個所を間違えてしまいました……)
ミサのなかで歌われる歌は祈りです。ミサというものがどういうものか、祈りとはどういうものか、中高生会のメンバーとして、下級生にお手本を示せるようにこれからも頑張りましょう!

 

 

第2朗読は、使徒書と呼ばれる使徒によって書かれた手紙などが朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

第2朗読は、聖パウロからクレタの教会の指導者として残してきた「信仰を共にするまことの子」と呼ぶ弟子テトスへの手紙からとられています。
手紙の中で、イエス・キリストが何をもたらしてくれたかを説いています。
「すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました」。「人々に救いをもたらす神の恵みが現れ」とは、なによりも、だれよりもキリストです。
聖パウロは、今こそ神のいつくしみと支えのうちに生きていくという確信と喜びに満たされて、その恵みに生きるようにと教えます。

 

そして、聖劇で、マリア様を演じた6年生が朗読しました。
第2朗読も、朗読も侍者もしっかりと行うことが出来ました。

 

 

そして、福音朗読が行われます。

福音朗読の際の侍者の所作は、普段のミサでもあまりよく出来ていませんでしたが、今回の練習を通して覚えることが出来たと思います。これからもしっかりと出来るようにしましょう。

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

 

そして、お説教。

お説教の中で、聖劇にも触れられ、ミサの中で、ベツレヘムの町の外で、最も低い身分であった羊飼いにご降誕を祝われたイエス様こそ救世主であることを私たちの中で位置づけられるように願い、祈りましょうと導かれました。

 

 

共同祈願は、子どもたち5人が唱えました。

共同祈願は、ミサに与った方々が一体となり1つの共同体・キリストの体として、共に父である神様祈ります。
初めての挑戦の子もいましたが、「ゆっくり丁寧に」というリーダーからの指導をしっかり守り、所作も含め、しっかりと唱えることが出来ました。

 

 

 

共同祈願が唱えられた後、感謝の典礼に入ります。
実は、侍者をする子どもたちが一番苦手としている「奉納行列」から「清め」までなのですが、(少し厳しめに)練習したかいもあり、しっかりと行う事が出来ました。

 

 

 

そして、聖変化……。
ホスチアが、キリストの体へと変わります。この「キリストの体」を洗礼を受けた信者は頂き、キリストと一致したものとなります。また、共同体が、1つのパンを分け合って頂くことにより、共同体のつながりを強めていきます。

 

そして、聖体拝領…
今回は、教会学校の子どもたちが宣伝したこともあり、たくさんの方々が6時からのこどもの奉仕するミサに来てくださいました。
御聖堂には入り切れず、外で立って与った人たちもたくさんいらっしゃいました。

子どもたちの聖劇を見るために、午後5時には教会に来てくださっていた方々もたくさんいらっしゃいました。
本当にありがとうございました!

 

聖体拝領後、教会からクリスマスミサに与った子ども達に教会とMCCICからプレゼントが贈られます!
まず、フィリップ神父様がプレゼントに灌水し、祝福してくださいました。

 

そして、フィリップ神父様から子どもたちに手渡されます。
まずは教会学校以外の子供たちに…

 

続いて、教会学校の子どもたち!
昨年の失敗をしっかり反省して、下級生からお菓子をもらいに行くことが出来ました。上級生のみんなにも自覚が出てきましたね。

 

そして、閉祭…

 

本当にみんな今日はお疲れさまでした。本当にありがとうございました!

とても大変な1日でしたが、無事、聖劇、そして、ミサの奉仕を行う事が出来ました。
しかし、毎年の事ですが、最後の最後で気が抜けてしまいましたね。次回のこどもの奉仕するミサの際には、最後の最後までしっかりと行えるように頑張りましょう。

 

 

メリークリスマス!
主の御降誕おめでとうございます!

たくさんの喜びをありがとうございました!!




 |  |  |  |

本日、10時から、そして、13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

 

まず、本間 研二神父様(イエズス・マリアの聖心会)から、講話を頂きました。
柳田神父様は、始めに主の祈りへと導かられ、祈りと共に共同回心式が始まりました。

講和の中で、本間神父様は、「回心」についてもう1度深く考えられるように私たちを導かれました。
神様に向かう、神様との関りを取り戻すということが、私たちにとってどのようなものなのか。
ゆるしの秘跡が、私たちにとってどのようなものか、もう1度考える機会を与えてくださいました。

 

 

 

講話の後、本間神父様、立花神父様(豊四季教会)、松田神父様(亀有教会)、柴田神父様(アウグスチヌス会)、フィリップ神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、待降節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。

フランス、ルルドで聖ベルナルデッタにご出現になったマリアは、ご自分を「無原罪の御宿り」と言われました。マリアは神様の特別な恵みによって、その存在の最初からあらゆる罪から守られていたのです。
今日は、イエスの母となるように選ばれたおとめマリアが、救いの恵みを予め受け、聖アンナの胎内に宿った時から、全能の神からの唯一無比の恩恵の賜物と特典によって、原罪の汚れから完全に守らていたことを記念した祭日です。

 

 

入堂と共に祭壇、そして、無原罪のマリア像に献香します。そして、待降節に入り歌わなかった栄光の讃歌を歌い、集会祈願を唱えます。

 

 

そして、ことばの典礼が行われます。

 

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節

 

 

そして、お説教。

説教要旨

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。
教皇ピオ9世は、無原罪の宿りを1854年12月8日、これを正式に信仰箇条(キリスト者が信じるべき教え)として宣言しました。
しかし、これ以前も救い主イエス・キリストの来臨におけるマリア様の重要な役割は広く認められ、受け入られていました。
神様は、人類を愛していおられます。アダムとエヴァを通して、罪がこの世に入った時、神様は、人類を救うために御ひとり子をこの世に遣わす決心をなさいました。この御計画は、ナザレというガリラヤの小さな町の1人の乙女の努力を得て、成就しました。
神様は、この乙女が、聖霊の力によって神様の子を宿す準備として、乙女が母親の胎の中で受胎した時から全ての罪をおかさないように、なされました。マリアが、大天使聖ガブリエルのお告げを聞いた時、彼女は、神の御旨に対して、無条件にすべてを受け入れました。
「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

今日、私たちもイエス様によって再びこの世界に救いが訪れる事を願い、私たちの生活の中で神様のみ旨に心を開くことが出来るように祈りましょう。
そして、マリア様がなさったように主が私たちのためになさった偉大な事を祝いましょう。
神様は、マリア様が母の胎内で受胎された時から、無原罪である事、御子の母として仕えることを定められたように、神様は、私たちも、洗礼を受けた時から罪から解放し、ご自身を愛するようになさいました。ですから、新しい歌を主に向かって歌いましょう。

今日のミサのなかで、罪から解放されるように招かれていることの偉大さを思い起こし、私たちの母、聖母マリアの取り次ぎを願い、祈りましょう。
父と子と聖霊のみ名によって。

 

 

感謝の典礼に入り、

奉納行列が行われ、祭壇の準備が整うと、フィリップ神父様が、献香が行われます。

 

そして、司祭・会衆への献香

 

奉献文が祈られ、聖変化、ご聖体・御血の顕示が行われます。

 

 
今日の祭日を多くの方々がともに祝いました。

 
退堂前には、サレヴェ・レジーナ(Salve regina)を歌いました。

主の御降誕はもうすぐです。
聖母の無原罪の宿りの意味をもう1度思い起こし、聖母マリアの取次を願い、祈りましょう。




 |  |  |  |

クリスマスの4週前の日曜日から待降節が始まります。
今年は本日・12月2日(12月1日の日没)から待降節が始まり、カトリック教会の新しい1年が始まります。
毎年、待降節第1主日から朗読箇所(A年・マタイ福音書、B年・マルコ福音書、C年・ルカ福音書)が変わり、今年はC年(マルコ福音書)が朗読されます。

待降節とは…

待降節は二重の特質をもつ。それはまず、神の子の第一の来臨を追憶する降誕の祭典のための準備期間であり、また同時に、その追憶を通して、終末におけるキリストの第二の来臨の待望へと心を向ける期間でもある。この二つの理由から、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時であることが明らかになってくる。

カトリック中央協議会 典礼解説「待降節」より

 

待降節の主日では、栄光の讃歌は歌われません。
4つの主日を通し、救い主イエス・キリストの来臨(ご降誕)、そして、再臨の準備を整え、その時を待ちます。
この2つの意味で、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時です。

待降節は、第1主日・第2主日・第3主日・第4主日とあり、徐々にイエス・キリストの降誕を待ち望む気持ちを高めていきます。
アドベントクランツに、主日を重ねるごとに1本ずつ火を灯し、私たちの心にキリストを待ち望むことを呼びかける助けとしています。(クリスマス・ミサでは、中央に蝋燭に置かれ、火が灯します)

松戸教会公式twitterアカウントでは、主日ごとに火が灯っている蝋燭が増えていく様子を写真におさめ、投稿していきます。

 

今日は待降節第1主日ですので、入堂後すぐフィリップ神父様が、アドベントクランツの祝福をし、1本目のろうそくに火を灯します。

祭壇には、馬小屋も設置されました。
待降節の主日を重ねるごとに様々なサントン人形が足されていきます。ご降誕の際(主の降誕・クリスマス)には、飼葉桶にイエス様が安置されます。完成は、三博士が置かれる主の公現(1月6日)ですね。

 

 

ヨゼフ会のみなさんを中心に今年も飾りつけを行ってくださいました。

 

そして、典礼委員の方々が、聖母子像横の馬小屋の中や聖堂エントランスのツリーやアドヴェントクランツの飾りつけや準備を行ってくださっています。

 

 

松戸教会では、こうして、イエス様のご降誕への気持ちを少しずつ高めていきます。

クリスマスを教会で過ごそうと考えてらっしゃる方がいましたら、待降節の日曜日に教会に是非いらっしゃってください。(もちろん、未信者の方も大歓迎です)ともにクリスマスを迎える準備を致しましょう。




 |  |  |  |

今日は「王であるキリスト」の祝日です!
この日は、教会歴最後の主日です。
この日を祝い、10時半のミサの前に教会学校を中心に行列を行いました。

 

10時15分、フィリップ神父様が教会入り口の聖母子像前へ…。

 

聖母子像前に神父様が来られると、王であるキリストの絵が描かれている教会学校の十字架に灌水、献香を行いました。

そして、教会学校の子どもたちが、「イエス様がいちばん」を歌います!

 

 

「イエス様がいちばん」が歌い終わると、いよいよ行列が始まります。

教会学校の子どもたちが中心となり、「あめつちをつくり」を歌い、聖堂へと向かいます。

 

 

行列が終わり、会衆がお聖堂に入った後、フィリップ神父様が入堂されます。

 

そして、福音朗読

 

第1朗読 ダニエル書 7章13~14節
第2朗読 ヨハネの黙示録 1章5~8節
福音朗読 ヨハネによる福音書 18章33b~37節

 

 

フィリップ神父様によるお説教。

 

典礼暦年最後の主日「王であるキリスト」の祭日は、1925年に、教皇ピオ11世が回勅をもって、定められました。

私たちは、この祭日を祝い、世の終わりが滅びの時ではなく、神の国の完成の時であること、キリストがこの世界の支配者であること、この王であるキリストが再び来てくださる喜びの時であることを祝いました。

 

次週から新しい典礼暦年がはじまります。。。