|  |  |  |

新型コロナウイルス感染症の世界的流行によって、困難な時期を過ごしている教会に向けて、典礼秘跡省は「新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の時節に」というタイトルの教令を公布しました。この教令を受けて、菊地功大司教より教区司祭宛に、東京大司教区での適応が提示されましたので、標題の件について、松戸教会ではこの提示に沿って、下記の通りに適応させることと致します。

 

 

  • まことに残念ですが、聖週間と復活祭は(引き続き)、公開のミサ・典礼祭儀を中止します。各自ご自宅で、祈り、聖書朗読、霊的聖体拝領をなさってください。
  • 祝別された枝を、ミサ再開後数週間、聖堂前のホールに置きますので、無理のない範囲でお取りください。
  • カテドラルでの大司教司式のミサ・典礼祭儀(非公開)の開始時刻、およびインターネットでのライブ中継のURLは以下の通りです。可能であれば、各自ご自宅で同じ時刻に大司教と心を合わせてお祈りください。(直接カテドラルに出向いても、ミサは非公開ですので、与ることができません。ご注意ください。)
    • 4月5日 (日) 10:00 受難の主日のミサ 
    • 4月9日 (木) 19:00 聖木曜日 主の晩餐の夕べのミサ
    • 4月10日(金) 19:00 聖金曜日 主の受難の典礼
    • 4月11日(土) 19:00 復活徹夜祭
    • 4月12日(日) 10:00 復活の主日(日中)のミサ

カトリック関口教会 youtube チャンネル

  • なお、東京教区におけるミサ・典礼祭儀は、現在のところ、無期限に中止となっています。教区よりミサ再開の指示があるまでは、中止措置が延期されていると、ご理解ください。

 

 

 

 




 |  |  |  |

新型コロナウイルスによる感染症は世界的な規模で拡大を続け、各地で重篤な症例の報告が相次いでいます。ご存じのように世界各国でも、公開のミサなど教会活動の中止が決められています。
3月19日の政府専門家会議の新たな見解に基づき、3月30日以降の東京教区の対応を以下のように定めましたので、具体的な対策をお願いいたします。

  1. 3月30日(月)以降も,当面の間、東京教区のすべての信徒を対象に、主日のミサにあずかる義務を免除します。
  2. 3月30日(月)以降、当面の間、不特定多数が参加する公開のミサを原則として中止します。
  3. 結婚式と葬儀については、充分な感染症対策をとった上で、通常通り行います。
  4. 諸行事に関しては、20名程度の小さい集まりを除いて、できる限り延期または中止するようにご配慮ください。実施する場合でも、手指消毒はもとより、換気を充分に行い、互いの間隔を大きくとり、短時間で終了するように心がけてください。
  5. 聖週間の典礼は聖香油ミサを含めすべて非公開としますが、復活祭の洗礼式については、主任司祭の指示に従ってください。
  6. いのちを守るため、特に高齢で持病のある方にあっては、自宅において共同体の祈りに加わるようになさってください。
  7. 四旬節愛の献金をはじめ、この典礼季節に特別に献金をされてきた方は、個別に主任司祭にご相談ください。
  8. なお、関口教会の信徒の方のご協力を得ておこなっている主日ミサのインターネット映像配信ですが、これを継続するとともに、聖週間の典礼も配信します。

なお映像配信については、字幕などのサービスを常時提供できないこともあります。担当してくださる方にボランティアとしてお願いしていますので、ご理解いただきますようにお願いいたします。

 

 


 

Infections due to COVID-19 has become widespread on a global level, and there is not a day without reports in the daily news about the increase in the number of infected and dead people, whether domestic or abroad.

As we pray for eternal rest for those who have died, let us also pray for the immediate recovery of those who are infected by COVID-19 and those who are currently receiving medical treatment. At the same time, we only have words of gratitude and appreciation for the excellent work of the scientists and those in the medical profession who work hard day and night responding to the situation and being involved in the treatment. Let us pray for their good health.

With the spread of COVID-19 infections at a global level, countries around the world seem to have fallen into a state of isolation. However, we hope especially during this time for the realization of a world where political leaders transcend their differences, and in trust cooperate with one another. It is also our hope that political leaders give priority to protecting all life, taking actions to ensure that not one person be forgotten from the different aspects of life.

And as we live our Christian faith, we never lose hope in the power of prayer, thus we continue to pray in our respective places, bound together in faith.

This Lent, we are faced with a difficult challenge never had been before. Although we may agree that such is due to the spread of COVID-19, it is very unfortunate and it feels painful that the faithful are not able to attend mass nor receive Holy Communion during this Lent.

Certainly, the suspension of “public masses” does not mean that the Church community has collapsed. In the midst of facing this crisis, we are reminded to be aware and to inscribe in our hearts that we are all united together in faith. United in prayer, and in solidarity in faith with our brothers and sisters building up the body of Christ, let us shine out of darkness with the light of Christ, the source of life. As the Lord promised when he sends off his disciples, he will always be with us until the end of time (Matthew 28,20).

This crisis gives us the opportunity to be aware of living out our faith. During these difficult times, we are called to renew our faith, to reaffirm the meaning of the Sacred Host and the Holy Eucharist, to participate in the act of Spiritual Communion, and to reflect on the things we ordinarily take for granted in our spiritual life.

We are not alone in living out our faith, but rather we are bound together in community in the one body of Christ. It is especially during this time that our bond is most important. In community, we are called to protect all life. Now more than ever, compassion is necessary to protect not only one’s own life, but to protect the life of one another. We think of the various situations such as medical experts fighting against infections due to COVID-19, patients fighting against the illness, people whose lives are endangered by the present social and economic conditions. Now is the time for us to protect all lives with our fervent prayers and genuine concern for one another.

To date, the Tokyo Archdiocese has issued two advisories appealing for precautionary measures against COVID-19 infections.

And following the cancellation of public masses in the Diocese of Hong Kong on 13 February, discussions were made with Catholic medical experts, and in consideration of the view of the Expert Meeting of the Ministry of Health, Labor and Welfare on 24 February, we decided to suspend public masses for the first time. Moreover, based on the discussions during the Presbyteral Council Meeting on 9 March and taking into account the opinion of the Ministry of Health, Labor and Welfare’s Expert Meeting on the same day, it was decided to extend the suspension of public masses.

Concerning cases of COVID-19 infections, it has been reported that many of those who became infected and are now recovering did not manifest any symptoms. The big problem, however, is that many of those infected can remain asymptomatic and be a potential source of COVID-19 infections.

The Expert Meeting of the Ministry of Health, Labor and Welfare has pointed out the following environment where infections can easily spread:
“The locations where mass infections were confirmed so far are places where the following three conditions were met simultaneously: (1) closed space with poor ventilation, (2) crowded with many people and (3) conversations and vocal communication in close proximity (within arm’s reach of one another).”

As precautionary measures against influenza epidemics in the past, people with fever or those feeling sick are treated at home, whereas those who are healthy may gather at the Church without any problem. However, with COVID-19, it is possible that even those who show no symptoms can in fact be infected such that asymptomatic patients can cause severe symptoms to others, especially when transmitted to the elderly, and those with chronic illness.

Therefore, the primary reason to refrain from attending public masses is not to prevent oneself from becoming infected, but rather to avoid the possibility of becoming a source of infection without being aware of it and of putting others at risk.

Soon we shall begin with our observance of the Holy Week. Taking into consideration the opinion of the government’s Experts Meeting, the Archdiocese of Tokyo issued appropriate precautionary measures on a separate announcement.

We are now about to face a Holy Week we never experienced before. Give importance to every day of the Holy Week. Make sure you reflect on the daily readings. Pray together. Let us entrust ourselves to the power of the Lord, who triumphed over suffering and gained the glory of the resurrection. As we contemplate once again on the meaning of living out our faith, let us pray to our compassionate God the Father, that this situation may all come to an end as soon as possible.




 |  |  |  |

新型コロナウィルス感染症に伴う、公開のミサ中止について」に引き続き、菊地大司教様から15日以降の対応について、発表がありました。

それを受けて、松戸教会では、以下のように対応いたします。

  1. 3月15日(日)以降のミサも主日・週日とも中止します。
  2. 3月15日(日)から3月29日(日)まで、すべての信徒を対象に、主日のミサに与る義務を免除します。

この間、洗礼志願式、ゆるしの秘跡、十字架の道行も中止します。
葬儀は必要に応じて行います。

教会での各種集会も原則中止にしてください。
どうしても集まる場合は教会に届け出てください。

詳細は、下記、東京大司教区のホームページをご覧ください。

 

下記より、動画による関口教会地下聖堂にて行われる菊地大司教様司式のミサをご覧いただけます。
是非、中継のミサに与って霊的聖体拝領し、各自が聖書を朗読し祈りを捧げる時をお持ちください。

四旬節第三主日以降のミサ動画配信

 


 

Notice from Archdiocese of Tokyoabout Suspension of Public Masses in order to prevent

“Novel Coronavirus Infections”

 

  1. All parishioners of the Tokyo Archdiocese are dispensed from their obligation to attend Sunday mass from 15th March (Sunday) to 29th March (Sunday).

  2.  In general, all public masses from 15th March (Sunday) will be suspended for the time being.

  3. During this period, these are suspended as Rite of Election, Sacrament of Penance and Reconciliation, , Station of the Cross.

  4. Funeral will be held when necessary.

  5. Please cancel all kinds of gatherings at the church as a rule. If you really need to gather, please inform the church.

 

I am asking you to send this information to Matsudo parishioners as many as possible.

 

For the details visit the following website

And We Internet streaming

in cooperation with a parishioner of Sekiguchi Church, we will have been broadcasting the Sunday mass via internet, and we hope to continue this for the time being. Through this, we are able to pray together, and I encourage everyone to receive the Lord in the act of spiritual communion.
Furthermore, since we are not relieved from our duty to pray on Sundays, let us find time to offer our Sunday prayers, in spiritual communion with the whole Church community.
As for the video streaming, it may not always be possible to provide subtitles. And so, I ask for your understanding since we are relying on the generosity of the person volunteering to take charge of the broadcast.

四旬節第三主日以降のミサ動画配信

 

 




 |  |  |  |

2月27日(木)から3月14日(土)まで、ミサは主日・週日とも中止します。
この間、洗礼志願式、四旬節黙想講話、ゆるしの秘跡、奉仕者講習会、十字架の道行も中止します。
3月14日(土)の結婚式は予定通り行います。
葬儀は必要に応じて行います。
 
教会での各種集会も原則中止にしてください。
どうしても集まる場合は教会に届け出てください。

 


 

Notice from Archdiocese of Tokyoabout Suspension of Public Masses

in order to prevent

“Novel Coronavirus Infections”

 

  • Public Masses are suspended from Thursday, February 27 to Saturday, March 14, both on the Lord’s day and weekday.
  • During this period, these are suspended as Christening volunteer ceremony, Lenten retreat, Sacrament of Reconciliation, seminars for service persons, Station of the Cross.
  • Wedding ceremony will be performed as scheduled on Saturday, March 14.
  • Funeral will be held when necessary.
  • Please cancel all kinds of gatherings at the church as a rule. If you really need to gather, please inform the church.

 

I am asking you to send this information to Matsudo parishioners as many as possible.

Fr. Atsushi ITO, Matsudo Parish Priest




 |  |  |  |

今日も「教会学校はじめの祈り」で始まりです。

「♪忘れないで」を歌いましょう。

今日は歌詞を音読して、その意味を感じながら歌いましたね。

 2番の歌詞 🎶 離さないで、胸の中のみことばを 🎶

 み言葉をたくさん学んでこの歌詞のように、ひとりひとりが自分の胸の中に大切なみ言葉を

 持てるといいですね。

さて、今度の水曜日、2月26日は何の日でしょうか?

灰の水曜日です。

皆さんが持って来た昨年のシュロの枝を典礼委員の方が燃やして灰にしてくださいました。

その灰を灰の水曜日の日に「あなたはちりから生まれ、ちりに帰る」と神父様がおでこに灰で印します。

そしてこの灰の水曜日から四旬節が始まります。「旬」とは、十日間を表します。なので四旬節は

40日間の事です。日曜日を含めると46日。6回日曜日があります。四旬節の終わりの方にイエス様が

十字架につけられて死んでしまわれる受難の日が来ます。イエスさまの苦しみを思って過ごすのが、

この四旬節です。

ではこの灰にはどんな意味があるのかな?

灰には過ちを改める、悔い改める意味があります。

四旬節の間は、特に三つの事を大切にしなさいと言われています。「ごめんなさい」「愛の行い」「祈り」です。自分を振り返り、悪いことをしてしまった相手に対しても、また、いつもどんな私達をも絶えず愛してくださる神さまにも「ごめんなさい」します。ゆるしの秘跡ですね。

またこの期間、たとえば、大好きなものを我慢するという断食をすることもあります。でも、食べ物を我慢するだけが断食ではなく、困ってる人に積極的に手を差し伸べたり、周りの人にやさしくすることも断食だと神様は言われます。

最後は「いのり」ですね。この期間によく行われる祈りが「十字架の道行」です。これは、イエス様が死刑を告げられて、十字架を背負いながら十字架につけられる場所まで行かれ、そこで亡くなるまでを14の場面で思いえがきながら祈っていくものです。一度なかのみんなでやりましょう。

さて、四旬節の中の6つ目の日曜日を、受難の主日(枝の主日)といいます。今年は4月5日です。

新しい枝を持って枝の行列をしますよね。

翌日の4月6日からご復活に向けて大事な聖週間となります。

その中で聖木曜日には洗足式があります。(イエス様が弟子たちの足を洗います)

聖金曜日はまさにイエス様が十字架につけられ、午後3時に息を引き取られました。

聖土曜日復活徹夜祭では、光の祭儀からミサが始まります。イエスさまが死んで真っ暗闇だと

思っているところに、イエス様が復活されて闇の中にぱあーと光が輝きます。復活徹夜祭は喜びにあふれます。

そして日曜日、4月12日は復活の主日です。四旬節についての話はおしまいです。

 

それでは今日のミサの福音(マタイ5:38~48)の後半を見ていきましょう。

聖書を読むと、イエス様の話を聞いた人々は非常に驚いたと、書かれているところがたくさんあります。

今日のイエス様の話もみんなビックリしたと思います。イエス様は「わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と言われました。

どうしてビックリしたのでしょうか。

「隣人を愛し、敵を憎め」というユダヤ教の教えを守ってきた人々にとって、

敵を愛し、自分を迫害するもののために祈りなさい」

という、イエス様の教え(神様の思い)は驚きでした。

 
では、なぜこのようにイエス様は言われたのかというと、
「あなたがたの天の父の子となるためである」と。さらに、
「あなたがたの天の父が完全であられるように あなたがたも完全なものとなりなさい」とも言われました。
 
これを聞いてどう思う?自分を迫害するもの、敵の為に祈ることができそう?
…ビックリ…むずかしい…きびしい
そうですよね。難しいよね。
 
 
 それではイエス様は、みんなちゃんとやるんだよと言って天の高みから見ているだけなのかな?
どうもそうではないみたいです。
 イエス様は、人間にとっての八つの本当の幸いについて話されたことがありました。その第一番めの幸いが
「心の貧しい人々は幸いである、天の国はその人たちのものである」というものでした。
日本語で心が貧しいというと何か悪いイメージがあるけれど、聖書では神様に頼る人、自分は何でもできる、自分は偉いと思うのではなく、神様の前にへりくだって、どうしたら良いでしょうと神様に聞く人の事ですね。
神さまに頼るのですよ。またある時こんなことも仰いました。
イエス様が、弟子たちに「金持ちが天の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」と言われ、弟子たちがびっくりして、それでは誰が救われるのだろうと言った時、「人間には出来ないが、神は何でも出来る」と言われました。神様は私たちの心が弱くて、中々できないことを十分わかっておられます。
だから、神様は私たちが神様に祈り願うことを待っておられるのです。願い求めるとやれる力を下さいます。
「完全なものになりなさい」とイエス様はおっしゃるけれど、私たちが自分の力でやりなさいとはおっしゃってはおられないのです。
そう考えると、完全なものになり天の父の子になれそうですか?どうかな?
人間には出来ないが神には出来るとイエス様はおっしゃっているので、お祈りの時に願いましょう。
お祈りする時は、自分の気持ちを素直にイエス様に伝えましょう。「意地悪するあのお友達は嫌です。でもあのお友達のために祈ります。その力をください」と祈ると良いですよ。そうするとそのお友達の事が段々嫌ではなくなってきます。神様がそうしてくださいます。
この四旬節、心貧しいものとしていつも神様に祈っていけば、少しづつ完全なものになって行けそうかな。
それではもう一度、♪忘れないでを歌って最後アヴェマリアの祈りをして終わります。