|  |  |  |

四旬節最後の主日である今日は受難の主日(枝の主日)でした。今日から聖週間が始まります。

松戸教会では、8時、そして、10時半からミサが行われました。

 

 

DSC01111

 

 

10時半からのミサでは、春の暖かい日差しの中、信徒が、下の広場でお待ちし、枝の式を行いました。

交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

DSC01118

 

そして、枝(棕櫚の葉)をもった信徒を祝福をして頂きます。

 

DSC01122

 

DSC01125

 

松永助祭による入城の福音朗読。

 

DSC01128

 

 

福音朗読 マタイによる福音書 21章1~11節

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

ダビテの子を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

DSC01132

 

DSC01134

 

 

ご受難の朗読は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

DSC01143

 

 

そして、松永助祭が松戸教会に赴任されて、初めての主日のミサでの説教を頂きました。

 

DSC01161

 

 

ミサの終わりに、フィリップ神父様より大阪教区から赴任された松永助祭のご紹介があり、ご挨拶を頂きました。

 

DSC01209

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 

 

 

 

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節
第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節
受難の朗読 マタイによる福音書 27章11~54節



 |  |  |  |

今日は、午前10時から聖週間を迎えるための大掃除がありました。

多くの方に参加して頂き、ありがとうございます。

 

午後5時からは、聖週間のための侍者会を行いました。

 

IMG_0319

 

フィリップ神父様のご指導のもと、受難の主日(枝の主日)、聖木曜日、聖金曜日の典礼の式次第の確認をし、当日に備えます。

 

IMG_0326

 

明日の受難の主日(枝の主日)から始まる聖週間は、カトリック教会にとって最も大事な1週間となります。

特に過越の聖なる3日間(聖木曜日・聖金曜日・復活の主日)は、教会暦の頂点となります。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。




 |  |  |  |

この四旬節に私たちは信仰の旅の中で今どこにいるのでしょうか。復活祭に向けて私たちは何を準備したでしょうか。復活祭まであと半分ぐらいのところです。復活祭はおそらく私たちが一番待ち望んでいるときでしょう。復活祭の勝利には何が必要でしょうか。私たちの生活の中で何が復活してほしいですか。
なぜなら、復活祭は単なる彩られた卵たちや、太っちょのチョコレート、大御馳走の日ではありません。四旬節は毎金曜日の肉なしピザのような決められた犠牲の40日間だけではありません、もつともつとそれ以上のものなのです。

 

復活することの喜びと威力を経験するために私たちは嘆き悲しみ悔い改める経験を通して旅をしなければなりません。私たちは死という無力さを経験しなければなりません、すなわち、自己中心性の消滅、俗世間的な自分の消滅、キリスト的でない行動の消滅。
この四旬節に神様は私たちを招いておられます。「今こそ、心からわたしに立ち帰れ、断食し、泣き悲しんで。」 断食は、罪を退け、聖なる中で成長できるように自分を律してよりよい生活にあらためるときだけ価値があります。イエス様は私たちが断食して内面的に変わることを私たちに求めておられます。
今年の四旬節も半ばとなりましたが、私たちの信仰の旅はいかがですか。毎日の練習で聖性が大きく成長しましたか。変えねばならない自己中心的な態度や習慣を選んでしまいましたか。断食と祈り、慈愛をしっかり身につけた決意を通して、私たちはそのよくない行動に打ち勝つことができるのです。こんなにもがいていることを神様に話しましたか。神様は手招きしているでしょう、「今こそ、わたしに立ち帰れ、断食し、泣き悲しんで。」

預言者ヨエルと詩編51は、罪深さに気づいて変わらなければと悔い改める人々には神様は慈悲深いことを私たちに想い起こさせてくれます。変わらなければと思うことに良心の呵責を感じる人がいますか。神様の慈悲深さにずつと焦点を置いておきましょう、それを通して私たちは救われて、癒やされて、そして最後は復活させられたと感じることができるでしょう。

 

私たちの四旬節の課題であるようにただ一つの罪への傾きを認識して働きかけることにより、その罪をイエスに渡し、四旬節の終わりまでにイエスの十字架に釘で打ち付けると、イエスがそれを神にささげて叫ぶ声が聞こえるでしょう、「彼らをお許しください…!」。
その罪はイエスとともに死に、そして私たちは新しいいのちに生まれ、新しい聖性の段階にあげられ、キリストとの新たなつながりができるでしょう。
この前の「灰の水曜日」に私たちは額に悔い改めの印をいただきました。ゆるしなさい、変わりなさいと意識して、この四旬節の間、私たちは復活祭に向けて準備をして神様の助けを願います。

 

キリスト共同体としての信仰の旅に参加して、私たちはいろいろなタレントと人々というたまものをいただいています。この4月に6人の人たちが私たちの「聖体奉仕者」になります。ミサの中で奉仕して、ご病人の訪間の時ご聖体を渡してくださいます。
また、4月12日には大阪教区から助祭が派遣され、来年まで10ヶ月間、小教区の活動を手伝ってくださいます。我らが聖体奉仕者と助祭さんたちを祈りと協力でしっかり支えていきましょう。共に歩む旅が私たちのキリスト共同体に豊かな信仰をもたらし、主のぶどう畑で働く使命を果たすキリスト者に成長できますように。

 

松戸教会主任 フィリップ・ボニファチオ神父




 |  |  |  |

本日、3月29日、嘉松神父様(カトリック中央協議会)をお迎えして、10時、そして、13時半から2度の共同回心式が行われました。

 

IMG_8457

 

四旬節中に私たちが心がけるべきことは -祈り、節制、ほどこし-ですと、嘉松神父様は熱心に説かれました。「節制」とは断食を意味します、「施し」とは、人を幸せにするー人の幸せを願うことです、と話されました。

 

IMG_8459

 

講話の後、5人の神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

10003901_10152048351342151_1473579383_n

 

This is during the “Way of the Cross” at Matsudo church on 23 March 2014 just before the Tagalog mass.