|  |  |  |

主のご復活おめでとうございます!

 

毎年、復活の主日のごミサの後には、教会学校の子どもたちが、ミサの中で祝福されたイースターエッグを配っています。
今年も教会学校の子どもたちが、元気いっぱい卵を配りました!

 

今回は国際ミサだったので、日本に住む外国の方もたくさんいらっしゃり、一人でたくさん欲しい!と言う方もいたようですが(^_^;)、子供達は一人ひとつですと、大きな声でお知らせしながら配っていました。

 

たまごはすぐなくなってしまいましたね!

来週28日からは教会学校の新年度が始まります。
みんな元気に集まってくださいね! 初めて…という子どもたちも大歓迎です! 今年も楽しく勉強したり遊んだりしましょう。




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサのなかで、聖体奉仕者の任命式が行われ、11人の聖体奉仕者の任期の更新が行われました。

聖体奉仕者は主任司祭の推薦により菊池大司教様より任命されるものです。

 

聖体奉仕者の世話人を務める信徒が、菊池大司教様からの任命証を読み上げます。

 

そして、一人ひとり、フィリップ神父様から任命証が手渡されました。

 

任期は、来年の復活祭(2020年4月12日)までとなります。

 

病者、高齢者にとって病床でいただく聖体は、人々の病を担ってくださる主イエス・キリスト様に出会い、その癒しの力に触れ、主の苦しみと復活のいのちに結 ばれる大切な秘跡です。また、たとえミサに行けなくとも、父なる神様と主イエス、そして教会共同体としっかり結ばれていることの大切なしるしにもなりま す。




 |  |  |  |

毎年、神の母聖マリア(1月1日)と復活の主日(日中)のミサは、中高生が、祭壇奉仕を行っています。

教会にとって、最も大事なミサを奉仕する意味を、中高生会のメンバーは、勉強していますし、より高度なことが祭日のミサには求められるからです。

 

栄光の賛歌の際に、カンパネラを鳴り続けさせるのにももちろん意味がありますね。
栄光の賛歌は、神の子であるイエス様が「今ここに来られた!」ことを賛美しています。
カンパネラが鳴らされているとき、それはまさに神の空間にいるということを示しています。

今回カンパネラを鳴らす担当の中高生は、初めての挑戦ということもあり、美しく、高らかにならせるように、練習し、(結構、体力がいります)この日に備えてきました。

 

最後のほうは、ちょっと疲れてしまいましたが、(苦笑いを浮かべていますね…)上手にできましたね。

 

ミサ後、松戸教会で主任司祭として最後の主日のミサを司式してくださったフィリップ神父様と記念撮影!

 

中高生になって、教会学校の頃のように、主日で奉仕することは減りますが、大きなミサの担当は中高生が行います。
また、普段の主日のミサでも、出来る子には侍者リーダーとして子どもたちと一緒に入ってもらいます。香炉やカンパネラも青年同様に行えるようになりましょう。

普段全然奉仕を行わず、急に大きなミサで奉仕することになると大変ですよね。
なるべく、ミサに与るときは、侍者を務めるようにしましょう。




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサが8時から、そして、10時半からの2回のミサが行われました。

 

特に、10時半からは、国際ミサが行われ、御聖堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、エントラスもいっぱいになっていました。

 

 

入堂後、まず、フィリップ神父様が祭壇と復活のろうそくに献香されました。

 

 

栄光の讃歌の時にカナパネラが鳴らされ、荘厳に復活の主日のミサが開祭されます。

 

 

第1朗読は、ローマ軍の百人隊長であったコルネリウスから招待を受けた聖ペトロがイエス・キリストについて証言する箇所が朗読されます。 復活した主・イエス・キリストに力づけられ、聖霊に導かれた初代教会の姿を思い起こします。

 

第2朗読は、英語で朗読されました。そして、「Thanks be to God」と会衆が答えました。 今日の箇所のなかでは、洗礼によってキリストとともに死に、キリストともに復活させられたキリスト者の新しい生き方と栄光が語られます。

 

そして、復活の続唱、そして、アレルヤ唱を歌い、福音を迎えます。

 

福音朗読は、日本語と英語で、行われました。

福音朗読では、イエス様が十字架で死んでから3日目の早朝の出来事が語られます。
マグダラの聖マリアに墓が空になっていることを聞いた聖ペトロと聖ヨハネの2人の使徒が、走って墓へ向かい、墓が空になり、遺体を包んでいた亜麻布が落ちているのを見つけます。
イエスは、必ず死者の中から復活されるということになっているという聖書の言葉を、2人はまだ理解しなかったのである

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコロサイの教会への手紙 3章1~4節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

 

そして、フィリップ神父様のお説教が、日本語と英語で行われました。

 

 

 

 

共同祈願では、まず、日本語で昨夜の復活の聖なる徹夜祭で受洗された方々への祈りが唱えられました。

 

次に、ベトナム語、韓国語、英語、タガログ語、セブ語、ビサヤ語、ポルトガル語、ナイジェリア語、スリランカ語など様々な言葉で唱えられました。

 

最後に、助任司祭として2年、主任司祭として7年間、9年間松戸教会の司祭として務めてくださったフィリップ神父様への意向が唱えられました。

 

 

 

そして、感謝の典礼に入ります。

 

MCCICから花束やフルーツなど国際色豊かな奉納がされます。

 

ホスチア、水と葡萄酒の奉納は、昨夜の復活の聖なる徹夜祭で受洗された方々が行ってくださいました。

 

奉納されたホスチア、水と葡萄酒を準備し、全知全能の父である神に賛美と感謝を捧げます。

 

清めの前の献香が行われます。 フィリップ神父様が復活ろうそく、祭壇に献香されます。

 

 

 

そして、聖変化が行われます。

 

 

 

そして、聖体拝領……

 

 

普段、教会に来れない方々もいらっしゃり、400人以上の方々がミサに与り、主のご復活を共に祝います。
そのために、聖体奉仕者が御聖堂に入れずにエントランスホールでミサに与った方々や、御聖堂の右側の列、左側の列に座っている方々にご聖体を授けます。

 

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICコーラスが歌います。国際ミサならでの光景ですね。

 

 

聖体拝領後、イータスーエッグの祝福が行われます。
家に持ち帰り、改めて家族とご復活の喜びを分かち合えて頂けたらと思います。
(卵を運ぶのは、青年達です)

 

 

お知らせの時間には、教会学校の新6年生が、来週行われる2019年度の入学式・1学期始業式のお知らせをしてくれました。
小学生の皆さん、是非教会学校に来てくださいね!

 

 

ミサの終わりに、洗礼を受けた時の事と思い起こし、私たちもそれぞれの生活の場でキリストの証人となるよう派遣の祝福を受け、ミサが閉祭されます。
(最後にアレルヤ!と主のご復活の喜びを表します)

 

 

松戸教会では、昨日行われた復活の聖なる徹夜祭のなかで受洗された7名の方々を、新たな家族として迎えることが出来ました。
本当にご受洗おめでとうございます。

そして、主のご復活おめでとうございます!!!




 |  |  |  |

 

主任司祭 Parish Priest

フィリップ・ボニファニチオ神父

Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC

 

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、

主のご復活、おめでとうございます! 皆さん一人ひとりに、大きな喜びと希望をもって、復活祭おめでとう!と心から願います。復活祭は、イエスが死のふちからよみがえり、ご復活を通して希望が始まることを祝うときです。

復活祭は「希望の日」と言うことができます。イエスはファリサイ派の偽善者とローマの圧政に立ち向かいました。イエスの愛を伝えることは特権階級の宗教家と政治家にはタブーとされることでした。私たちはいつも生と死のたたかいの中にいました。イエスは死刑を宣告され、神を冒涜したという罪で処刑されました。イエスの死と共に、弟子たちは闇に呑み込まれるように、その場から逃げることを選びました。新しい世界への希望は十字架の上で握りつぶされたかのように思われました。失望が続くもっとも長い夜でした。しかし、主のご復活でその失望は希望の喜びに変わりました。キリスト教の信仰がその朝、愛と希望の知らせを持って誕生しました。一介の漁師たちが、聖霊によって力を与えられ、世界中に新しく愛を伝え始め、ついにキリスト教会を建ち上げたのです。キリストは約束したとおり三日目に死者のうちから復活なさいました。その日、人類の歴史が変わりました。その不思議なできごとの神秘性が私たちに希望を与えてくれます。私たちを癒し、力づけてくれる希望を喜び祝います。

さらに、私たちが生きる世界にはたくさんの希望を必要とします。この世は希望が奇跡を起こしてくれることを待ち望んでいます。ご復活のその日、弟子や婦人たちは墓に行ってみると、キリストが葬られていた場所から石が取りのけられているのを見ました。キリストのご復活は私たちの心の中にある石を取り除くことを意味します。つまり、ご復活の不思議なできごとが、この世に生きる一人ひとりの魂に癒しと平和と和解をもたらすように、私たちの心を動かすのです。これこそ、今日の世界に生きる教会が語り伝えて行かなければならない使命なのです。今日生きていることを、この復活祭ミサで喜び祝いましょう。さあ、いっしょに行動に参加して、人が作り出した墓に閉じ込めて出られなくしている石を取りのけましょう。

平和が始まり、さらに前進しますように。私たちの生きる社会や世界が、希望のない世界から平和と繁栄の世界に引き上げられ、「約束の地」になりますように。

ハッピー・イースター!

 


 

 

Easter 2019 Message

 

Dear brothers and sisters,

 

Happy Easter to you all!  With great joy and hope I wish each one of you, a happy Easter!  Easter celebrates the rising of Jesus from darkness of death into dawn of hope through resurrection.

Easter is a day of Hope.  Jesus stood against the hypocrisy of the

Pharisees and the oppression of the Roman Power.  His message of love was a taboo for the Religious and political elites.  Our struggle has always been between death and life. Jesus was condemned to death and murdered as a criminal because, for people he blasphemed God.  With his death, darkness seemed to engulfed his disciples and chose to flee from the scene.  Hope of a new world seemed to have been strangled on the cross.  It was the longest night of despair.  But Resurrection turned that despair into a celebration of hope. Christianity was born on that morning with the message of love and hope.   The simple fishermen were empowered through the Spirit to start a new worldwide wave of love that culminated in establishing the Christian Church.  Christ rose from the dead on the third day as he promised.  Human history changed that day.  Hope is the secret of that wonder. We celebrate that hope that heals and empowers us.

And our world needs a lot of hope.  This world waits for the miracle of Hope. On the day of resurrection, the disciples and women went to the grave but found the stones removed from where Christ was buried.   Easter is about removing the stones in our hearts and lives. Therefore, let the wonder of Easter, touch every human soul in this world so as to bring healing, peace and reconciliation. This is the prophetic mission of the church in today’s world. We celebrate life today in this Easter!  Come let us together join the march to roll out the stones that have entrapped people in man-made graves.

Let Peace break forth in the dawn.  Let our society and the world be raised from hopelessness into Peace and prosperity and become the Promise Land. 

 

Happy Easter!