|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

今月も先月に引き続き、あいにくの天気で、いつもより奥(地下ホール前)で行いました。

 

IMG_2609

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

IMG_2599

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。「第53回福島県農業受賞」を頂いたいちごです。第53回福島県農業受賞したイチゴです。
店頭には、美味しく食べられる保存方法なども掲示してありました。
「洗わず蔕をつけたまま、(冷蔵庫の)野菜室へ。5~7日保存できます。冷凍する時は、蔕を取り、水洗い後、丁寧に水を切ってから、冷凍庫へ」

 

 

 

IMG_2593
IMG_2594
IMG_2595

カブ・ほうれん草・小松菜
一度霜をかぶり、甘みをました野菜たち。新鮮でおいしいです!

 

 

IMG_2600

特産品

松戸教会では、人気が高い商品です。
ご飯の素なのですが、お酒の肴にと購入される方も多いようです。

 

 

 

 

来月も、第2週4月12日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

今月は、あいにくの天気で、いつもより奥(地下ホール前)で行いました。昼過ぎからは、雨も強くなってきてしまいました……

 

IMG_2468

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

IMG_2462

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。「第53回福島県農業受賞」を頂いたいちごです。第53回福島県農業受賞したイチゴです。
春の到来を感じますね。

 

 

 

IMG_2463

フルーツトマト
糖度の高いトマト。フルーツのように甘いです。

 

 

IMG_2464
IMG_2465

有機野菜

一度霜をかぶり、甘みをました野菜たち。新鮮でおいしいです!
とくに、曲りねぎは人気です。甘い」「柔らかい」「風味が良い」の三拍子そろったねぎです。

 

 

IMG_2467

きのこ類

肉厚なしいたいけやなめこ、関東では、めずらしいたもぎ茸など様々なきのこをお持ちいただきました。

 

 

 

 

来月も、第2週3月8日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

2015年も引き続き、よろしくお願い致します。

 

IMG_2286

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

IMG_2272

りんご(ふじ)

350グラム程度の円~長円形で、褐紅色の縞が入ります。果肉はやや粗く、果汁が極めて多く、甘酸のバランスに優れ食味良好です。

 

青りんご(王林)

300グラム程度の長円~長円錐形で、緑黄色です。果肉はやや硬めでち密、多汁で、微酸、甘味があり食味良好です。独特の芳香があります。

 

 

IMG_2270

紅大根
外皮は赤いですが、中身は白く、紅白の美しい大根です。
火を通してしまうと味がぼけてしまうので、生で食べるのがお薦めだそうです。紅白で彩られるので、お祝いの時などにも利用できますね!

 

IMG_2269
IMG_2268

有機野菜

一度霜をかぶり、甘みをました野菜たち。新鮮でおいしいです!

 

 

IMG_2267

あんぽ柿

あんぽ柿とは、「干し柿」の一種で、外皮はしっかりしていますが、果肉は半分生のようなジューシーな食感で、中がとろっとして柔らかいものを呼んで います。 あんぽ柿は、食物繊維、カルシウム、ビタミンAなど を含んでいます。「自然な甘み」が凝縮された深い味わいです。福島県伊達市で生まれ、普通の干し柿とは違い、半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のよ うに柔らかいです。

先月に引き続き、お持ちいただきました。

 

 

 

 

幸田司教様も早ミサ後降りてこられ、たくさんご購入下さいました。

 

IMG_2277

来月も、第2週2月8日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

いよいよ冬が始まりました。野菜やフルーツを見ていると季節の到来を感じます!

 

 

IMG_2027

 

 

 

● 今月のおすすめ品

 

IMG_2021

りんご(ふじ)

350グラム程度の円~長円形で、褐紅色の縞が入ります。果肉はやや粗く、果汁が極めて多く、甘酸のバランスに優れ食味良好です。

 

 

 

IMG_2022

りんご(王林)

300グラム程度の長円~長円錐形で、緑黄色です。果肉はやや硬めでち密、多汁で、微酸、甘味があり食味良好です。独特の芳香があります。

 

 

 

IMG_2020

ル・レクチェ

果形はびん~短びん形で、ややでこぼこしていますが、色は熟すと黄色くつやがあり、果皮に「さび」が少なく外観が美しいのも特長です。果肉は緻密で滑らか、糖度16%以上と高く、多汁です。適度な酸味と独特の豊かな芳香をそなえています。

 

 

 

IMG_2019

あんぽ柿

あんぽ柿とは、「干し柿」の一種で、外皮はしっかりしていますが、果肉は半分生のようなジューシーな食感で、中がとろっとして柔らかいものを呼んでいます。 あんぽ柿は、食物繊維、カルシウム、ビタミンAなど を含んでいます。「自然な甘み」が凝縮された深い味わいです。福島県伊達市で生まれ、普通の干し柿とは違い、半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかいです。

なかなか放射性物質検査で放射能規定値を下回ることが出来ず、なかなかお持ちいただくことは出来ませんでしたが、ようやくお持ちいただくことが出来ました!

 

 

IMG_2023

有機野菜

一度霜をかぶり、甘みをました野菜たち。新鮮でおいしいです!

 

 

 

来月も、第2週1月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

本日、午後、「東北支援クリスマス チャリティーコンサート」がカトリック亀有教会で行われました。

この企画は、東葛飾宣教協力体が行っている3教会合の東北支援ボランティア活動(【注】東葛飾宣教協力体 第1回第2回第3回 東北ボランティア活動)がきっかけとなり、参加した若い人たちが、もっと何か違う形の支援が出来ないか考え、亀有教会の聖フランシスコ幼稚園のお母さん方が中心となって毎年行っていたチャリティーコンサートが、諸般の事情で継続が難しくなって来たことを受けて、3教会の有志で慈善演奏会をしてみようと企画されました。

 

オリジナルTシャツも販売しました。

 

IMG_2177

 

IMG_2196

 

まず、来場者全員で「東日本大震災被災者のための祈りⅡ」を唱えました。

 

IMG_2201

 

 

そして、いよいよチャリティコンサートが始まります。

 

IMG_2216
IMG_2226
IMG_2239

 

藤澤神父様のラテン語による「レソネット」

 

IMG_2264
IMG_2268

 

今回、実行委員を務められた方々による出し物。

 

IMG_2277

IMG_2286

IMG_2289

 

松戸教会のマイケル・クワイアによるグレゴリオ聖歌。

 

IMG_2299

 

IMG_2308

 

プロのオペラ歌手の方も歌ってくださいました。

 

IMG_2318

 

 

IMG_2326

 

 

 

収益金は、すべてNPO法人「福島やさい畑(毎月第2週日曜日に即売会を松戸教会で行っています)に寄付されます。

 

NPO法人「福島やさい畑」さんから御礼状を頂きました

 

いつもお世話になっております。
そして、この度は3教会とフランシスコ幼稚園の皆さまが、私たちのためにチャリティーコンサートを行って下さって、ありがとうございます。
皆さまが福島を忘れずにこうして応援して下さって、本当に嬉しいです。年月はたてどもまだまだ先の見えない福島です。力のある方は自力で新しい道を切り開いていますが、弱者は次第に弱ってきています。(ある農産物直売所を経営していた方は、結局継続が難しく今月で辞めることにしたと、私どもに伝えてきました。52歳にして失業者となります。私もそこから仕入れるようにしておりましたが、私の力も及ばず、とても残念です。)
頂いたご寄付は大事に、有効に使わせて頂きます。皆さまにもくれぐれも私たちからの感謝の気持ちを伝えて下さい。
つい先ごろ、日本全国の司教様方が被災地の視察に来られました。被災地の現状をご自分の教区にお戻りになって伝えて頂きたいと思います。復興のためにはまだまだ皆さまのお力をお借りしなければなりません。
来年も、ご無理でなかったら、どうぞ引き続き応援をお願いいたします。
皆さまの上に、神様の祝福とお恵みがたくさん、たくさんありますようにお祈り申し上げます。
心からの感謝を込めて

 

 

 

来年は、豊四季教会に移して、行う予定です。
引き続き、皆様のご支援・ご協力をお願い致します。