|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、復活の主日ということもあり、多くの方が教会にいらしていました。
この即売会を行っている間、地下ホールでは、パーティ……そんな大混乱のなか、即売会が行われました。

 

 

● 今月のおすすめ品

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
菜の花や春キャベツのような、千葉ではすでに終わってしまった野菜が手に入るのも、この即売会のだいご味ですすね。

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」です。
そろそろ暑くなってきて、お持ちいただけなくなる時期になってきました。
今年は、次回(6月)が最後かもしれません。

 

三五八たくあん

福島ではおなじみの、(塩3,こうじ5,蒸し米8の割合の漬床に漬けることから、名づけられた)三五八漬けのたくさん。
ご飯のおともには最適です!

 

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。
今年は、今回でイチゴは最後になるそうです。

 

 

次回も、6月の第3週6月16日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今月は、冬物の最後ですね。2か月おきになったので、季節の変化がとても分かりやすくなりました。
そして、待ち構えて買う方も多くなってきました。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

あんぽ柿

福島県伊達市梁川町五十沢で大正年間に開発されました。
渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる独特の製法で作られます。半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかいのが特徴です。カリウム、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいて、
蜂蜜柿は、種ありの品種です。皮は固く果肉はトロッとした食感の干し柿です。体にも優しいそうです。サラダに使っても美味しいそうですよ。

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

葉物

福島の厳しい寒さの中育った葉物たちは、野菜本来の味が強いです。

 

 

次回も、4月の第3週2月21日(日)8時ごろから即売会を行っています。
復活の主日ということもあり、多くの方が教会にいて、教会には、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

季節が流れるのが早すぎますね。もう冬物…。

 

 

● 今月のおすすめ品

洋ナシ(ル・レクチエ)

気品漂うエレガントなシルエットから、「西洋梨の貴婦人」とも呼ばれています。ルレクチェは西洋梨の中でも栽培が難しく、現在はフランスでも栽培されておりません。
ラ・フランスとル・レクチエは同じ洋梨ですが、実際に食べ比べてみると、かなりの違いがあることに気づきます。ルレクチエの豊かな芳香とまろやかな食感は、ラフランスを凌ぐと言われています。果皮に斑点(さび)多く、独特の甘い香りと酸味の少ない濃厚な甘みが特徴です。

 

りんご(ふじ 蜜入り)

福島県のリンゴ産地は他のリンゴ主産県と比較して温暖な地域に位置しています。そのため、秋の成熟期でも落葉が少なく、光合成を十分に行うので、養分を果実に送り込むことができます。蜜が入ることでさわやかさに甘みが加わり、バランスのとれた美味しさです。

 

葉物

福島の厳しい寒さの中育った葉物たちは、野菜本来の味が強いです。

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

 

次回も、2月の第3週2月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

本日、午後2時から、カトリック豊四季教会で東北支援クリスマスチャリティーコンサートが開催され、200人近くの方にご来場頂き、暖かい雰囲気の中、バラエティーに富んだ7組の演奏が行われました。

 

この企画は、東葛飾宣教協力体が行っている3教会合の東北支援ボランティア活動がきっかけとなり、参加した若い人たちが、もっと何か違う形の支援が出来ないか考え、亀有教会の聖フランシスコ幼稚園のお母さん方が中心となって毎年行っていたチャリティーコンサートが、諸般の事情で継続が難しくなって来たことを受けて、3教会の有志で慈善演奏会をしてみようと企画され、今年が5回目の開催となります。

 

 

 

今年のテーマは、Prayer (祈りです。

コンサートの始めに、開催場所であるカトリック豊四季教会の主任司祭、立花神父様からご挨拶がありました。

 

そして、福島の現状、寄付先である「NPO法人福島やさい畑」さんのレポート、活動の紹介がありました。

 

 

全出演者のパフォーマンスは、以下からご覧いただけます。是非ご覧ください。
 

 

 

 
今回のチャリティコンサートにも、松戸教会の信徒が、3組演者として参加しました。

フォークローバー

曲目

  • J.S.Bach / G.F.Gounod / Ave Maria (歌& ダンス)
  • テゼの歌 Laudate Dominum
  • 愛のあかし

 

 

ジャズ研バンド

曲目

  • Jingle Bell Rock
  • Let it Snow
  • Thanks for Christmas

 

 

ゴスペルフラ&リトルアドベントストーリー

曲目

  • 聖劇「三博士 スピンオフ物語」
  • ゴスペルフラ「天よ 露をしたたらせ」

 

今回、出演した松戸教会のグループ!本当にお疲れさまでした。素晴らしかったです!

 

ゴスペルフラの3人は、最後の最後まで踊りをチェックしていました。。。

 

 

今回のコンサートでも、松戸教会の信徒は、出演だけではなく、裏方としても活動していました。
聖堂入り口前で担当を松戸教会の信徒が務めていました。

 

松戸教会のコスモスの会がクリスマスグッズの販売を行っていました。

 

そして、今回の実行委員会のみなさん!本当にお疲れさまでした。

 

 

豊四季教会の信徒の方々、亀有教会の信徒の方々、その他、多くの方々が、来場して下さりました。心から感謝申し上げます。
松戸教会の信徒のなかには、「行かれないけれどチケットは買う」という方もいらっしゃり、本当にたくさんのご協力を頂きました。
その中から必要経費を除き全額「NPO法人福島やさい畑」に寄付させて頂きます。
福島の方々に心を寄せ続けるためにも、この活動が今後も続いていけますよう、これからもご支援を宜しくお願い致します。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

本来ならば、先月行われる予定でしたが、都合が合わず、今月お越しいただきました。
来ていただいたのは、久々に長年担当して下さった方、久々にお会いする事もあり、会話が弾んでいました。

今月は、少し早い秋の訪れを感じさせる農産物、フルーツが並びました!

 

 

● 今月のおすすめ品

五百川

2003年、福島県中通り地域の農家、鈴木清和さんが、コシヒカリの突然変異種として発見して、8年間の育種を経て2010年より品種登録されました。命名は当地を流れる河川、五百川からとられました。福島県中通り地域を中心に作付けが行われています。育成のスピードも速く、8月頃には刈り入れができるため、台風などの被害を受けずにすみます。
味は、コシヒカリの味を継いでいて、背丈が低いため、倒れづらく、ハズレが少ないことも特徴です。
この時期に新米を出荷できるのも大きな特徴です!

 

今年最後の桃になります。
伊達白桃は、福島県の菅野正光氏が「白鳳」の偶発実生を育成した極晩生の白桃種です。
果重は330~380g位の大果で、果肉はやや硬くやや粗ですが、多汁で甘味多く酸味少なく、追熟すると、とろけるような食感になります。

 

ぶどう(高尾)

高尾』は1956年(昭和31年)に東京都農業試験場(東京都立川市、現農林総合研究センター)の芦川孝三郎氏が育成、選抜した巨峰の実生改良種です。果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。
種無しなので食べやすですね。

 

 

 

次回も、12月の第3週12月16日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
また、10月の聖ミカエルバザーでも、NPO法人「福島やさい畑」の商品が並びます
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。