|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、前回体調を崩し、お休みされた担当の方が戻ってきました。
4か月ぶりの再会ということで、みなさん、色々お話されていましたね。
今回は、夏の野菜やフルーツが盛りだくさん。
教会に来る方だけではなく、近隣の方々も楽しみにしている即売会なので、2か月に1回になってしまい、みなさん、ここぞとばかりに購入されていました。

 

 

● 今月のおすすめ品

桃(まどか)

桃としては、しっかりとした食感のもので、(知らずに買って苦情が来るほど、しっかりしていると仰ってました)果実もあ緻密で、果汁も多く極上の食味と独特の肉質をそなえています。

 

種無しぶどう あづましずく

1粒11〜15g粒程度の大粒で、食味は酸が少なく甘味があります。肉質も柔らかく、皮離れもしやすいのでとても食べやすいです。
後味がサラッとしていて甘さがしつこく残らないので、もう一個もう一個とついつい手が伸びてしまい、いつのまにか無くなっていたという事がよく起こる…ブドウだそうです…

 

 

有機野菜

夜涼しくなった後、晩酌の肴にもぴったりな、新鮮な長なすや枝豆を持ってきて、いただきました。
朝露のついたとうもろこしも、実が綺麗に並んでいて、非常に甘くおいしいものだそうです!
 

 

次回は、10月第3週、10月15日(日)聖ミカエル祭バザーの中での販売となります。(販売ブースは教会入口すぐになります)
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(今月から松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、担当の方が高熱を出してお休みされ、NPO法人やさい畑の店長さんが、来てくださいました。
二本松教会の信徒でもある店長さんには、東北支援ボランティアを行った際(第6回第5回第2回・第1回等々)など、様々な事でお世話になっています。

 

今回も福島ならではの、野菜・フルーツ・特産品をお持ちいただきました。
教会に来る方だけではなく、近隣の方々も楽しみにしている即売会なので、2か月に1回になってしまい、みなさん、ここぞとばかりに購入されていました。

 

 

● 今月のおすすめ品

さくらんぼ

今回は3種類のサクランボをお持ちいただきました。
左から、佐藤錦、紅さやか、正光錦です。
佐藤錦は、佐藤錦は山形県で佐藤栄助氏によって「「ナポレオン」と「黄玉」の交雑種といわれており、「赤いルビー」と呼ばれ、日本を代表する品種です。その生産量も国内ではダントツに多く知名度も高い品種です。果肉は乳白色で、果肉、果汁ともに多く、品質は国内最高級です。
紅さやかは、山形県の天野高行さんが「佐藤錦」の枝変りとして発見した早生の着色系で、佐藤錦×セネカの交雑によって育成した品種です。
ハート形の大玉と、甘酸っぱいおいしさが特徴です。果肉はやわらかく食べごたえがあり、熟すにつれ、朱紅色から紫黒色に変化します。色が濃くなるにつれ甘味も増します。
正光錦は、福島県の佐藤正光氏が「香夏錦」の自然交雑実生を育成して誕生したそうです。果肉は軟く緻密で果汁が多く、甘味が強く酸味少なめな品種です。

 

 

有機野菜

この大きな新玉ねぎが3つで100円って破格ですよね!
玉ねぎ料理がお薦めです!
そして、新鮮なトマトや葉物…朝とれた物なので本当に新鮮です!

 

 

特産品

人気の揚げ饅頭は、残念ながら熱くなってきたので、また秋すぎまでおやすみです。
でも、このごはんの素も松戸教会では人気商品!
お酒のおつまみとして購入される方もいらっしゃるみたいです。

 

 

 

次回は、8月第3週、8月20日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第2週に行っています。
(2月から松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月のみとなりました。)

 

今日は枝の主日で枝の式を行うため、いつもより奥で販売となりました。
2か月ぶりという事もあり、待ちわびていた方々が、大勢いらっしゃいました。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので比較的日持ちがよいのも魅力です。
今の時期のいちごは、成長が遅い分、甘さが凝縮されているそうです。
全開よりも大きないちごですね。次回に来るときにはもうお目にかかれなさそうです。来年、お待ちしています!

 

 

有機野菜

春野菜が並びます。
かぶら菜は、松戸教会でも人気の野菜です。一番下の写真は、小松菜の花なのですが、市場には出回らず、農家の方々が収穫して食べる事が多いそうです。
新鮮な旬の野菜を楽しめるのも即売会ならではですね!

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」
わざわざ車で来て、購入される方も。
実は、季節ものです。暑い時期は販売していません。もしかしたら、次回はお目にかかれないかも…

 

 

 

次回は、6月第2週、6月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
今月は、担当される方がいつもと違う!いつもの方は、福島の現状をお伝えする講演会で公演されるために、4月にいらしてくださった方(普段は関口教会を担当されている方)がきてくださいました。

 

 

今月のおすすめ品

洋ナシ(ル・レクチエ)

気品漂うエレガントなシルエットから、「西洋梨の貴婦人」とも呼ばれています。ルレクチェは西洋梨の中でも栽培が難しく、現在はフランスでも栽培されておりません。
ラ・フランスとル・レクチエは同じ洋梨ですが、実際に食べ比べてみると、かなりの違いがあることに気づきます。ルレクチエの豊かな芳香とまろやかな食感は、ラフランスを凌ぐと言われています。果皮に斑点(さび)多く、独特の甘い香りと酸味の少ない濃厚な甘みが特徴です。
高級種で、1つ150円はかなりの特価です。(ありがとうございました!)

 

 

峠のそば

松戸教会でもおなじみの「ゆべし」を生産されている只見町のヤマサ商店さんの峠のそば。
ヤマサ商店さんは、八十里庵”というそば屋さんを営んでいらっしゃいます。そのヤマサ商店さんが生産した会津産のソバ粉を使ったとてもおいしい生そばです。

 

 

img_8225

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」
わざわざ車で来て、購入される方も。
実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

 

 

来月も、第2週1月8日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

本日、午後2時から、東葛飾宣教協力体主催(豊四季教会・亀有教会・松戸教会)第3回東北支援クリスマスチャリティーコンサートが、松戸教会聖堂にて開催されました。150人に及ぶ方々にご来場頂き、暖かい雰囲気の中、バラエティーに富んだ9団体の演奏が行われました。

 

この企画は、東葛飾宣教協力体が行っている3教会合の東北支援ボランティア活動がきっかけとなり、参加した若い人たちが、もっと何か違う形の支援が出来ないか考え、亀有教会の聖フランシスコ幼稚園のお母さん方が中心となって毎年行っていたチャリティーコンサートが、諸般の事情で継続が難しくなって来たことを受けて、3教会の有志で慈善演奏会をしてみようと企画され、今年が3回目の開催となります。
今年のテーマは「平和」です。

 

 

 

まず、今回のチャリティコンサートの実行委員長より挨拶、開会の宣言がありました。

 

そして、フィリップ神父様から開会の挨拶がありました。

 

そして、今回のテーマ「平和」に合わせ、「アシジの聖フランシスコの平和の祈り」を、来場者全員で唱え、開会となりました。

 

 

 

それでは、ラインナップ順にご紹介していきます。

聖ミカエル幼稚園の子供達

松戸教会に併設されている聖ミカエル幼稚園の子どもたち!

  • クリスマスの鐘
  • グローリア
  • 神様のぬくもりのしるし

 

 

亀有教会の子ども会「麦の実子ども会」

  • It Came upon the Midnight Clear
  • あわてんぼうのサンタクロース

 

 

松戸教会ゴスペルフラ部

松戸教会のゴスペルフラ部と中高生たちによる朗読

  • the Prayer
  • 御手のなかで

 

 

MCCIC(Matsudo Catholic Church International Community)

松戸教会の外国人コミュニティの聖歌隊とダンスグループ

  • Mary’s Boy Child Jesus On My Lard Medley
  • We wish you a Merry CHRISTMAS

 

 

ザ・トナカイ

  • 赤鼻のトナカイ~音楽世界一周メドレー

 

 

 

 

ジャズ研バンド

  • the Christmas song
  • Happy Christmas(War is over)

 

 

 

マイケルクワイヤー

松戸教会の聖歌奉仕グループの4人と亀有教会の藤澤神父様によるカトリック教会の原点であるグレゴリオ聖歌

  • Puer natus est nobis
  • Tota pulcha es,omaria
  • Atende Domine,et miserere,quia peccabimus tibi

 

 

4クローバー

福島ボランティアをきっかけに、音楽で繋がったメンバーによる歌声。

  • Ave Maria(独唱)
  • かいばのおけで(Away in a Manger)
  • クレド

 

 

Yasu&Frank

カトリック豊四季教会の信徒によるピアノ&フルートのデュオ。

  • グリーンスリーブス
  • Salut d’amour
  • 「管弦楽組曲 第2番」より ポロネーズとバディネリ

 

 

来場者・参加教会の方々全員 斉唱

  • あめのみつかいの

 

 

 

豊四季教会の信徒の方々、亀有教会の信徒の方々、その他、多くの方々が、来場して下さいました。心から感謝申し上げます。
松戸教会の信徒のなかには、「行かれないけれどチケットは買う」という方もいらっしゃり、本当にたくさんのご協力を頂きました。

 

コンサートのなかでは、実行委員会から福島の現状が報告され、今回のコンサートの収益の寄付先である『NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクト』の説明がされました。

 

 

2011年3月11日の東日本大震災により、福島第一原発事故がおきました。

福島県全土で農産物の多くが生産停止となり、その後、除染作業等をして、放射能検査で安全が確認された農産物でも売れないなど、風評被害は甚大なものでした。そこで、愛する郷土の復興を願い、福島の再生のために設立されたのが、「NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクト」です。

主な活動

  • 首都圏での野菜販売
  • 県内の仮設住宅の方々への野菜配布

 活動資金

  • 個人の支援者の定期的な寄付
  • 教会のチャリティーバザーなどの大口寄付

主な支出

  • 首都圏の野菜販売で、1か所につき2万円の経費。
  • スタッフの給与、車の維持費、事務所の光熱費、通信費など。

 

現状は、大口寄付が減り運営に響いています。
このような現状を知り、今回も支援先とさせて頂きました。

 

 

 

第3回東北支援クリスマスチャリティコンサート収支報告

 収入

項 目 金 額 備 考
チケット販売収益  ¥200.000
  • 松戸教会 254枚(MCCIC 15枚含)
  • 亀有教会  42枚
  • 豊四季教会 69枚
  • 当日券   35枚

(チケット単価 500円)

寄付金  ¥31.954
マリア会寄付  ¥8.441
合 計  ¥240.395

 

 支出

項 目 金 額 備 考
出演者交通費  ¥25.000
  • 出演者A:¥5.000
  • 出演者B:¥8.000
  • 出演者C:¥2.000
  • 出演者D:¥10.000
フライヤー 作成費  ¥2.036
チケット 作成費  ¥1.455
プログラム 作成費  ¥1.740
雑費  ¥1.080  腕章購入・等々
茶菓子 費用  ¥8.441 コンサート終了後、松戸教会地下ホールにて茶話会が行われました。
手数料  ¥340 振込手数料
合 計  ¥40.092

 

収 益

項 目
収入合計 - 支出合計 ¥240.395 - ¥40.092 ¥200.303

 

最終寄付金額 ¥200.303

 

福島の方々に心を寄せ続けるためにも、この活動が今後も続いていけますよう、これからもご支援を宜しくお願い致します。