|  |  |  |

このコンサートは、東葛飾宣教協力体亀有豊四季・松戸の3教会)の東北ボランティアで知り合った仲間たちを核として一昨年に始まったもので、今回で6回目となります。

今年のテーマは「Harmony~調和」です。

みんなでイエス様の御生誕をお祝いし、 全世界に平和が訪れるようお祈りしましょう。
今年もいろいろな方のご協力を得てコンサートを開催出来ることに感謝し、ご降誕の喜びを皆さんと分かち合うひとときを持ちたいと考えています。
また同時に、地震、原発事故、風評被害の影響を受けて、それまでの生活が一変してしまった福島の被災者の方々を忘れない、という気持ちを新たにする機会にもなればと思います。

歌、ダンスなど9団体(予定)が参加する、楽しく温かいコンサートです。どうぞお越しください。

当コンサートの収益は NPO法人福島やさい畑~復興プロジェクトに全額寄付致します。

原発事故以後、風評被害に苦しむ福島県内の農家を応援するために立ち上げられた。
検査で安全が確認されたにもかかわらず、風評被害により売れなくなっている農家の野菜、果物、お米などを買い取り、販売している。また県内の仮設住宅の方々への野菜の配布も行っている。

 

開 催 日

2019年12月7日(土曜日)

 

開 場  /  開 演

開場 1:30 PM

開演 2:00 PM ( 終了時間 4:30 PM )

 

ラインナップ( 出演者 )

開 催 地

カトリック松戸教会

 

チケット

¥500(高校生以下、無料)

 

FACEBOOKのアカウントをお持ちの方は下記からイベント登録が出来ます。

 

 

多くの方々のお越しをお待ちしています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を奇数月第3週に行っています。
今月はもうすっかり秋モード。秋のフルーツなどが並び始めます!

 

 

● 今月のおすすめ品

桃(暁星)

暁星は、あかつきの枝変わりとして発見された桃です。福島県伊達郡で育成され、1986年(昭和61年)に品種登録されました。
サイズは240~260gくらいの中玉で、甘味が強くて酸味は少なめです。果肉は乳白色で紅色が差すこともあり、果汁が多くてなめらかな口当たりです。また、肉質は緻密でかたく、日持ちがよいのも特徴です。収穫してすぐなので、1日2日、見ていただいて召し上がると、食べごろになるそうです。
あっという間に売り切れてしまいましたね!

 

黄桃(黄ららのきわみ)

ゆうぞらと川中島白桃の交配から生まれた『黄ららのきわみ』は、名前の通り、黄色い外見と果実の桃です。『黄ららのきわみ』は黄金桃、甘甘燦燦、黄貴妃に続く黄色く珍しい品種として、菱沼農園でも2015年度より収穫と出荷を開始した新しい品種のひとつです。肉質は、硬めの桃ですが、追熟させて、3,4日常温で置いて、柔らかくなってから食べるととてもちょど良いです。眩しいくらいに黄色い外見と水々しさを兼ね備えた果実が特徴的です。

 

ぶどう(高尾)

果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。生産方法や販売方法などについての試行錯誤を繰り返しながら、次第に認知され、現在「高尾」は贈答用高級ブドウのブランドとして定着しています。 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
ナスなど秋を感じさせる野菜もありますね!葉物はシャキとして新鮮さが伝わります!

 

 

次回は、11月の第3週11月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

  • NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクトのブログ

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

本来なら先月6月に行われる予定でしたが、お休みになってしまいましたので、今月行われることになりました。
持ってきていただいたものも、完全に夏に向かっています!

 

● 今月のおすすめ品

桃(暁星)

暁星は、あかつきの枝変わりとして発見された桃です。福島県伊達郡で育成され、1986年(昭和61年)に品種登録されました。
サイズは240~260gくらいの中玉で、甘味が強くて酸味は少なめです。果肉は乳白色で紅色が差すこともあり、果汁が多くてなめらかな口当たりです。また、肉質は緻密でかたく、日持ちがよいのも特徴です。収穫してすぐなので、1日2日、見ていただいて召し上がると、食べごろになるそうです。
あっという間に売り切れてしまいましたね!

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
トマトなどの夏に旬を迎える野菜が野菜が並び始めました。ブルーベリーも採れたて、葉物はシャキとして新鮮さが伝わります!

 

なめこ

大きなカサのなめこ。2番なめこというそうです。
一般的な菌床栽培では、収穫は1回だけですが、同じ培地からもう一度なめこを育ててるそうです。2番なめこは、味も香りもより天然物に近い風合いに育ちます。

 

 

特産品

福島ならではの色々な特産品が並びます。人気のえごまや塩こうじ系の特産品はあっという間になくなります。
ご飯のお供になるような特産品も多いので、ぜひお試しください。

 

 

枝付き枝豆

新鮮さが表れている枝豆!ビール好きには、この季節には欠かせないですね!

 

 

次回は、8月の第3週8月18日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、復活の主日ということもあり、多くの方が教会にいらしていました。
この即売会を行っている間、地下ホールでは、パーティ……そんな大混乱のなか、即売会が行われました。

 

 

● 今月のおすすめ品

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
菜の花や春キャベツのような、千葉ではすでに終わってしまった野菜が手に入るのも、この即売会のだいご味ですすね。

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」です。
そろそろ暑くなってきて、お持ちいただけなくなる時期になってきました。
今年は、次回(6月)が最後かもしれません。

 

三五八たくあん

福島ではおなじみの、(塩3,こうじ5,蒸し米8の割合の漬床に漬けることから、名づけられた)三五八漬けのたくさん。
ご飯のおともには最適です!

 

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。
今年は、今回でイチゴは最後になるそうです。

 

 

次回も、6月の第3週6月16日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今月は、冬物の最後ですね。2か月おきになったので、季節の変化がとても分かりやすくなりました。
そして、待ち構えて買う方も多くなってきました。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

あんぽ柿

福島県伊達市梁川町五十沢で大正年間に開発されました。
渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる独特の製法で作られます。半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかいのが特徴です。カリウム、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいて、
蜂蜜柿は、種ありの品種です。皮は固く果肉はトロッとした食感の干し柿です。体にも優しいそうです。サラダに使っても美味しいそうですよ。

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

葉物

福島の厳しい寒さの中育った葉物たちは、野菜本来の味が強いです。

 

 

次回も、4月の第3週2月21日(日)8時ごろから即売会を行っています。
復活の主日ということもあり、多くの方が教会にいて、教会には、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。