|  |  |  |

ホームページでのお知らせが遅くなりましたが、11月17日(日)13時半から、コンプリ神父様による聖骸布の講演会が当松戸教会で行われます。

皆さん、聖骸布についてご存知でしょうか?イエス様がお亡くなりになった時にイエス様を包んだとされている布のことです。今はトリノの大聖堂に大切に保管されています。この布の真偽性については、いろいろな説がありますが、科学的な測定(炭素同違法)の結果として、現在は14世紀のものとされています。

しかし、今回コンプリ神父様に講演会をしていただくのにあたって、コンプリ神父様の御本を真摯に読まさせていただきました。1点面白かったのは、この布に血の跡が残っているのですが、十字架を背負った跡があるのですね。十字架ってみなさん十字のものをかついでいったと思っていませんか?私は思っていました。実際には横の棒だけで縦の棒はゴルゴダの丘にあったそうです。で、この布にはその跡がしっかり残っているそうです。また、いばらの冠による血の跡があるですとか、足を折られていないですとか聖書に書かれたイエス様のご受難のあとがそのまま残っているそうです。

聖骸布の第一人者である、コンプリ神父様と一緒に、聖骸布を通してイエス様のご受難とご復活に思いをいたしませんか?興味を持たれた方はぜひ、松戸教会に足をお運びください。

講演会の後には、コンプリ神父様との懇談会がございます。聖骸布のことはもちろん、キリスト教の話や、日常の信仰生活の話などどんなことでも構いません。一緒に話しましょう。

偶然にも直前にBS-TBSで聖骸布に関する放送があります。
11月15日(金)21時から22時54分
ヨーロッパ財宝ミステリー3x西島秀俊 奇跡の秘宝 聖骸布の謎

https://www.bs-tbs.co.jp/culture/kisekinohihouseigaifunonazo/

ご覧いただき、興味を持ったらコンプリ神父様の話を聞きに来てください!!

 

聖骸布講演会ポスター

 




 |  |  |  |

7月から主任司祭伊藤淳神父による勉強会が行われます。

 

「福音の喜び」の勉強会 (全9回)

  • 対象

どなたでも参加できます。(未信者の方も参加できます。)

  • 日時

毎週月曜日 9:40~10:40

  • 場所

地下ホール

  • 内容

教皇フランシスコの使徒的勧告「福音の喜び」を教材に、その内容を伊藤神父様が解説してくださり、参加者で分かち合います。

 

 

教皇フランシスコ「ミサ・洗礼・堅信」の勉強会

  • 対象

どなたでも参加できます。(未信者の方も参加できます。)

  • 日時

毎週金曜日 9:40~10:40

  • 場所

地下ホール

  • 内容

教皇フランシスコの「ミサ・洗礼・堅信――教皇講話集」を教材に、その内容を伊藤神父様が解説してくださり、参加者で分かち合います

 

【『新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所】の勉強会

  • 対象

どなたでも参加できます。(未信者の方も参加できます。)

  • 日時

毎週土曜日 9:30~10:00 (土曜日の週日のミサ後)

  • 場所

地下ホール

  • 内容

2015年に「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づき、変更された箇所を中心に、典礼について勉強します。

 

 

 

使徒的勧告「福音の喜び」」「ミサ・洗礼・堅信――教皇講話集」は、各自ご用意ください。
その他、参加費等は頂いておりません。
筆記用具をご持参のうえ、ご参加ください。

 

たくさんの方々のご参加をおまちしています。




 |  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会がマリア会の髙田神父様をお招きして、下記の日程で行われます。今回は「典礼」について勉強していきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

シリーズ ミサ典礼について考える
第一回テーマ ミサ典礼を見直そう
日時 11月10日(土) 15時から18時まで
場所 カトリック松戸教会 地下ホール
講師 髙田裕和神父様(マリア会)



 |  |  |  |

 

各講座・勉強会のお知らせです。

 

キリスト教(入門)講座

講師:松戸教会 カテキスタ グループ

1年をかけて、キリスト教の基礎を学んでいきます。
洗礼を希望れる方、教会の教えについて知りたい方、聖書について興味ある方、キリスト教を基礎から学びたい信徒の方などを対象としています。
(注)日曜コースと金曜コースと内容は違いますが、どちらを受講しても洗礼を受けることが出来ます。

● 日曜コース

7月15日(日)まで。
9月2日(日)より、再開。

● 金曜コース

7月20日(金)まで。
9月7日(金)より、再開。

 

 

「愛のよろこびを味わう」(水曜日 午前10時より)

講師:フィリップ神父

教皇フランシスコの著書「愛のよろこび」をフィリップ神父の解説を交えながら、通読し、分かち合います。

7月18日(水)まで。
9月12日(水)より、再開。

 

主日のミサの朗読箇所の勉強会(木曜日 午後6時半より)

講師:フィリップ神父

次の週の主日のミサの朗読箇所を朗読し、フィリップ神父の解説を伺い、分かち合います。

7月19日(木)まで。
9月13日(木)より、再開。

 

宮原大地助祭の勉強会(土曜日 午後5時より)

講師:宮原 大地 助祭

聖ヨハネ・パウロ2世教皇の使徒的書簡「主の日ー日曜日の重要性」を教材に、その内容を宮原助祭が解説してくださり、日曜日の多様な側面を考察しつつ、その変わることのない価値と重要性を参加者で分かち合います。

7月7日(土)まで。
9月29日(木)より、再開。




 |  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会がグアダルペ宣教会のイグナシオ神父様をお招きして、下記の日程で行われます。シリーズで行っている勉強会ではありますが、初めてお聞きになってもお分かりいただける内容です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

題目
シリーズ カトリック教会における共同体性(最終回)
教皇フランシスコからの呼びかけー現代に生きる教会共同体への問いかけ
内容
  1. フランシスコとは誰ですか?
  2. 非ヨーロッパ人が教皇に任命されたことの意味
  3. 教皇が私たちや現代社会そのものに求めているもの
  4. 教皇の発した「4つの文書」を理解しよう
日時 6月16日(土) 15時から18時まで
場所 カトリック松戸教会 地下ホール
講師 イグナシオ・マルティネス神父(中央協議会/グアダルペ宣教会)