|  |  |  |

5月26日、14:00 から聖ピオ神父の記念ミサが聖堂で行われます。

ペトロ神父様が共同司式してくださいますので、英語で行われます。

May 26, Memorial Mass of St. Padre Pio will be held from 14:00.
Father Peter will be co-officiated in English.

ぜひ、ご参加ください。

 

 




 |  |  |  |

聖霊降臨の日・5月19日(日)に東京大司教区の合同堅信式が、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にて、14:30より行われます。

松戸教会からは11名の方が、受堅されます。

ぜひご参加ください。

 

 




 |  |  |  |

復活徹夜祭

 

3月30日(土曜日)、カトリック教会では、「復活の聖なる徹夜祭(Easter Vigil」が行われます。

キリスト教の最大の祭りは、クリスマスではなく、復活祭です。そして、この「復活の聖なる徹夜祭(Easter Vigil)」は、一年の典礼のうち、最も盛大で、中心的な祭儀です。この夜、教会は十字架上で死に、葬られたキリストが復活するのを祝うのです。

 

● 典礼解説 過越の聖なる三日間 カトリック中央協議会

 

 

復活の蝋燭の準備

光の祭儀【2011年】(写真は前主任司祭の宮下良平神父様

 

 

松戸教会では、19:00より「復活の聖なる徹夜祭(Easter Vigil)」を行います。


Easter Vigil will be held from 19:00 March 30th.

 

そのなかで、「洗礼の儀」が行われ、13人の洗礼志願者が洗礼を受けます

信徒のかたはもちろん、未信者のかたも、松戸教会で行われる「復活の聖なる徹夜祭(Easter Vigil)」にぜひご参加ください。ともに復活の神秘を感謝し、盛大に祝いましょう。

 

● 2013年復活祭の模様




 |  |  |  |

21日(木曜日)【10:30】より「聖体礼拝の会のミサと聖体賛美式」が、エミリオ・マルティネス神父様の司式で行われます。
 

わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる

(マタイによる福音書 28章20節)

 

 マタイの福音書にそうあるように、「パンのかたち」の聖体を顕示して、礼拝し、祝福を受けましょう。
ミサはどなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。




 |  |  |  |

受難の主日から復活祭までの1週間は、典礼暦の頂点です。

松戸教会では次のミサ・典礼を行います。聖週間の祭儀に多くの方のご参加をお待ちしています。
共に集い、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 

24日(日曜日) 受難の主日(枝の主日)  Palm Sunday

10:30のミサは、小集会室前駐車場で枝の式を行い、聖堂まで枝の行列を行います。

 

枝の主日

 

● 2013年の受難の主日(枝の主日)のレポート

8:00~
10:30~
28日(木曜日) 主の晩餐の夕べのミサ  Maundy Thursday

● 2013年「主の晩餐の夕べのミサ」のレポート

19:00~
29日(金曜日) 主の受難の祭儀  Good Friday(大斎・小斎)

● 2013年「主の受難の祭儀」のレポート

19:00~
30日(土曜日) 復活の聖なる徹夜祭  Easter vigil洗礼の儀が行われます。

● 復活の聖なる徹夜祭に関するお知らせ

19:00~
31日(日曜日) 復活の主日  Easter Sunday 8:00~
10:30~

 

過越の聖なる三日間についてはこちらを参照ください。

● 典礼解説 過越の聖なる三日間|カトリック中央協議会

 

24日(日曜日)の受難の主日(枝の主日)は、10時半のミサで下の駐車場で「枝の式」を行い、聖堂まで枝の行列を行います。枝の行列が済むまで駐車ができませんのでご注意ください。

● 2013年の受難の主日(枝の主日)のレポート

 

「復活の聖なる徹夜祭」についてはこちらをご覧ください。

● 復活の聖なる徹夜祭に関するお知らせ

 

29日(金曜日)は、四旬節の期間、毎週金曜日に行っている「十字架の道行き」は、(イエス様の亡くなられた)15時から行われます。

●  十字架の道行 - Stations of the Cross –

 

29日(金曜日)は、大斎・小斎になります。

 

 

<大斎・小斎とは?>

現在、教会はイエスの精神に戻って、祈り、愛の業との関連で断食を意義づけています。
具体的には、教会は、大斎(だいさい)と小斎(しょうさい)を定め、償いと克己を行わせ、キリストの受難に倣うようにしています。

大斎 日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満60歳に達するまでのすべての成人が守ります。
小斎 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守ります。
(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

引用元:カトリック中央協議会 ひとくちメモ「四旬節、断食、カーニバル」
女子パウロ会Laudate「キリスト教マメ知識」