|  |  |  |

9月26日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝の会が行われます。
聖体顕示が行われ、聖体礼拝の会のメンバーが祈りを捧げます。

皆さんも、聖体礼拝の会のメンバーとともに祈りを捧げませんか?
多くの方の参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

 

9月9日から週日のミサの時間が変更になります。
金曜日の夕方のミサはなくなり、新たに、月曜日と土曜日にもミサが行われます。

月曜日(Monday) 9:00 A.M.

火曜日(Tuesday) 7:00 A.M.

水曜日(Wednesday) 7:00 A.M.

木曜日(Thursday) 7:00 A.M.

金曜日(Friday) 9:00 A.M.

土曜日(Saturday) 9:00 A.M.

 

お気をつけください。




 |  |  |  |

8月15日(水)、聖母の被昇天の祭日のミサは、午前10時半から行われます
ミサのなかでは、この一年間に帰天された方々への祈りを行います。

9時半よりロザリオの祈りを1環、唱えます。

なお、当日は、教会学校錬成会のため、子どもの奉仕するミサとなります。
ミサ開始、10分前より教会入り口聖母子像前から行列を行います。

 

Holy Mass celebrating the Assumption of the Blessed Virgin Mary is celebrated at 10:30 a.m. on Thursday, August 15th .
(the Rosary is prayed  from 9:30 a.m.)

 

 

聖母の被昇天とは…

聖母の被昇天の祝日は、1950年に「無原罪の聖母が地上の生涯の終わりにからだも魂もろとも天にあげられた」と教皇ピオ12世によって定義されたように、マリアが栄光につつまれて天国へ上げられたことを祝います。

聖母の被昇天は、マリアが神の母であることに由来します。マリアが神の母になったことが全世界にとって恵みであるように、マリアの被昇天は、神へと昇る全人類の被昇天のはじまりでもあるのです。

laudate(女子パウロ会)「聖母の被昇天」より

 

 

多くの方々のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

下記のとおり、東葛飾宣教協力体(亀有豊四季・松戸)主催の「平和を願うミサ」が行われます。

 

日時  DATE

8月17日(SAT) August 17 10:30 a.m.

 

会場  PLACE

カトリック亀有教会 Kameari church

 

 

3つの教会の信徒の『交わり』を通して、お互いの理解と協力を深めましょう。

ミサは信者でなくても参加することが出来ます。平和を願い、共に祈りを捧げましょう。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

Let us pray together to God for peace. Through fellowship,all the parishioners from our churches (KameariToyoshiki and Matsudo) may deepen our mutual understanding and cooperation.

We are looking forward to seeing all of you joining the Mass.

 

 

車でこられる方へのお願い  Attention

当日、会場の駐車場は利用できません。会場近隣の有料駐車場をご利用願います。

No parking space available on the day. Please use the pay parking lot near the church.




 |  |  |  |

8月6日から8月15日まで、カトリック平和旬間2019が行われます。

 

2018年平和旬間 日本カトリック司教協議会会長談話 “平和の問題に常に関心を”

 

祈りのリレーに参加しましょう。

 

また、東京教区では平和旬間の間に様々なプログラムが行われています。
講演会や平和巡礼ウォーク、平和を祈るミサなど企画されております。ぜひご参加下さい。

 

東葛飾宣教協力体(松戸・豊四季・亀有)では、8月17日(土)午前10時半から亀有教会で平和を願うミサが行われます。

 

 

平和のための祈り 2019

神よ、わたしを平和のために働く者としてください。
憎しみのあるところに愛を、
争いのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑いのあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、悲しみのあるところに喜びをもたらす者としてください。
慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを求めますように。
わたしたちは与えるから受け、
ゆるすからゆるされ、
すべてをささげて永遠のいのちをいただくのです。

出典 『カトリック儀式書 結婚式』( カトリック中央協議会 )