|  |  |  |

10:30からのミサの後、教会学校の子どもたちが、国際ミサに向けた「祈りのリレー」を呼びかけました。
15日から23日まで、大天使聖ミカエルの取り次ぎを願い、9日間の「ノベナ」を行います。その参加を呼びかけました。

「祈りのリレーの参加お願いします!」と大きな声で呼びかけてくれました。

たくさんの方が祈りのリレー参加表に記名してくださいました。ありがとうございました。




 |  |  |  |

二学期最初の授業は、侍者会です。
最初は幼稚園に集合しました。
歌の練習をするためです!

いつもどおり「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

 

 

今日は9月24日に行う「ミカエル行列」で歌う歌を練習してもらいます。
歌詞も覚えてほしいので、しっかり練習してください!!

曲は「みつかいの」です。
大天使聖ミカエルの歌です!

 

24日には「大天使ミカエル」ということばが出てくる3番を繰り返し歌うので、3番を何度も練習しました。
みんなちょっと声が小さいですね…リーダーの声しか聞こえないのですが…。
あまり歌ったことのない曲だったから難しかったでしょうか?
24日にはしっかり歌えるようにしましょう。

 

 

歌の練習を終えて、御聖堂に行きます。

侍者会を始める前に報告があります!
今日教会学校に来ている1人と、今日は来ていないもう1人が、10月22日に洗礼を受けることに決まりました!

おめでとう!!
洗礼を受ける子は皆の前で「がんばります」とコメントをくれました。
みんな10月22日のミサに出て、一緒にお祝いしましょう。

 

 

 

今日は初心者チームと上級者チームの2グループに分かれて練習しました!
「もうできるから」と言ってる子がいましたが、まだまだですよ。
もし1人とか子どもたちだけで…リーダーの助けもなしに侍者をやることになったら、出来ますか?
上級者チームは侍者のリーダーを目指して、
初心者チームは上級者やリーダーの助けがなくても動けるように、
しっかり覚えましょうね。

 

 

上級者チームは奉納のときの動きを重点的に練習しました。

奉納者を迎えにいかない侍者は、カリスの準備をします。

奉納者を迎えにいって帰って来るときは、神父様が中央に出てこられてからにしましょう。
最初の練習ではそのことを忘れてしまっていましたね。
 

みんな真剣に練習できていましたね!

 

 

 

初心者チームはまず、入堂・退堂の練習を行いました。

背の順で並ぶことや、位置、スピード等に気をつけてくださいね。

退堂のときの並び順が分からなくなってしまいましたね…

入堂の時同じ順番に並んでくださいね。背の低い人が先頭です!

 

その後、幼稚園ホールに移動して、朗読者の誘導と奉納の練習をしました!

リーダーが大人でも間違いやすいポイントを説明しました。
まず祭壇に上がる前、十字架に礼をしますが、そのときは深く頭を下げます。
その他の礼は、軽くで良いです!
祭壇に上がる時の礼、神父様への礼などは、十字架に礼をするときよりも浅くしましょう。

他の注意点は、祭壇に上がった時、ふらふらしたり、きょろきょろしたりすると目立つということです。
しっかりまっすぐたって、もしきょろきょろしてしまいそうだったら目を閉じるのも良いでしょう。
目を閉じていれば、朗読を良く聞けるかもしれませんね。

あとは朗読者の方と一緒に動く、ということです。
侍者と朗読者の動きがぴったりあっているととても綺麗です。
ばらばらだと、かっこわるいです。
侍者が朗読者の方にあわせられるようにしましょうね。

 

次に奉納の練習です!

一番侍者に慣れているはずの子は、侍者リーダーとして他の侍者に指示をだす練習もしました。
自分たちでつぎに何をするのか考えながら練習できました。
まだ考え込んでしまいますが、スムーズに自然にできるくらいになりましょうね!

 

 

 

上級者チームが幼稚園ホールに合流して、最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

みんなどんどん侍者に挑戦してくださいね!
今少しずつ、子どもたちだけでも侍者が出来るようになりつつあります。
まだリーダーが後ろにいないと不安ですが、これからも練習を頑張って、こどもたちだけで出来るようになると良いですね!

また来週元気に集まってね!!




 |  |  |  |

9月24日(日)10時半に行われる国際ミサに向けて、大天使聖ミカエルの力強い取次ぎを願い、9日間の祈り「ノヴェナ -Novena」を行います。

 

「ノベナ」とは…

ラテン語の「9つの」という形容詞に由来することばですが、「連続して9日間行われる祈り」(9日祈祷)のことが、17世紀以 降の信心業の形式として、次第に「ノベナ」と呼ばれるようになったようです。この「ノベナ」には、特別な願いを神に聞き入れていただくため、例えば「イエスのみ心」に対する祈りや、マリアに取り次ぎを願う「ロザリオの祈り」などの信心業を、連続して9日間行う種々の形式のものが見られます。

ノベナについて(サンパウロホームページ)より

 

 

9月15日(土)から9月23日(土)までご自分で定めた日時に、30分ずつ、「大天使聖ミカエルへの祈り」・「主の祈り」・「アヴェ・マリアの祈り」(他にロザリオの祈りやご自分の言葉での祈り)をお唱え、それらを参加者がリレー方式でつなぎ、たえまなく祈りを捧げます。

 

  • 期間中、いつでも何度でも参加いただけますが、1単位は30分とします。
  • 開始の時刻は0分と30分とします。
  • 祈りの形式は特に定めません。場所は、病床でも、自宅でも、職場でも、聖堂でも。
  • 参加希望の時間帯が、他の人と重なっていたとしても、どうぞご応募ください。期間中、いつでも何度でも参加いただけますが、1単位は30分とします。

 

 

参加を希望される方は、香部屋横にある掲示板左(司祭館入口)に張り出している9月15日から23日まで「祈りのリレー参加表」にお名前を記入してください。

 

 

Novena will start on the September 15(end on the September 23)

Please write your name on precipitate forms at the presbytery entrance,if you want to participate.




 |  |  |  |

 

9月24日、大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサが行われます。

 

教会学校では、国際ミサの前に、大天使聖ミカエル行列を行います!
昨年度より、行う事になった聖ミカエル行列は、駐日ローマ教皇庁大使・チェノットゥ大司教様司式のもと行われます。

 

 

 

今年の行列は以下の通り、行われます。

 

大天使聖ミカエル行列

 

午前10時 地下ホール

地下ホール、大天使聖ミカエル像写真前で、「聖ミカエルの祈り」を唱え、教会学校の子ども代表1名が、共同祈願を唱えます。

聖母子像前に移動

午前10時15分 聖母子像前

「みつかいの」3番を歌いながら、チェノットゥ大司教様、フィリップ神父様、李助祭とともに、香部屋前に移動。

午前10時30分 御聖堂に入堂

聖霊の続唱を歌いながら、チェノットゥ大司教様、フィリップ神父様、李助祭ととも入堂し、内陣に安置されている大天使聖ミカエル像に献花を行う。(献花は子どもたち・リーダーのみ)

開 祭

 

 

行列には、どなたでもご参加頂けます。
ご参加をご希望される方は、午前10時に地下ホールにお集まりください。

教会学校の子どもたちと一緒に大天使聖ミカエルの祝日をお祝いしましょう!




 |  |  |  |

本日、船橋市民文化ホールにて「第49回千葉県教会音楽祭(北ブロック)」が行われました。

千葉県教会音楽祭は、カトリック・プロテスタントの垣根を越え、千葉県内の教会聖歌隊及び教会音楽関係者が集い、お互いの交わりを深め研さんを積み教会音楽の向上に寄与するために、毎年開催されています。参加教会の移動距離・時間等々の理由から15年くらい前から、北ブロック・南ブロックに分かれて開催されるようになりました。カトリック松戸教会は北ブロックに所属しています。
5年に一度は南北合同で行われます。今年の幹事教会は、新津田沼教会(日本キリスト教団)でした。

 

今年は、12の教派の教会が参加し、参加教会のうち、カトリック教会は松戸教会のみでした。

 

 

音楽祭は正午から始まり、第一部は礼拝、第二部は音楽の捧げもの(12時30分より)、第三部は懇親会(15時より)という構成になっています。

午前中から集まり、楽屋と舞台でのリハーサルを行いました。

 

 

第二部では「音楽のささげもの」として各教会が2~3曲ずつ持ち時間の範囲内で歌いました。

カトリック松戸教会は、3曲全部復活祭の曲を歌いました。

 

  • 復活の続唱 (グレゴリオ聖歌)(ユニゾン)
  • 復活の続唱 (作曲 高田三郎)(混声四部)
  • 勝利と力は神のもの(作曲 高田三郎)(混声四部)

 

第2部の最後には、来場者・参加教会の方々全員でヘンデル作曲のメサイアの中から「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。

 

 

第三部の懇親会では、代表者として指揮者が今回歌った楽曲についての解説等を交えながら挨拶させて頂きました。

 

 

エキュメニカルの観点から見ても非常に重要な催しですし、来年も多くの方々に観に来て頂きたいと思います。
来年は「50回記念」となり、南北合同で行われます。是非ともご参加ください。