|  |  |  |

本日、四旬節第5主日の10時半からのミサは、子どもの奉仕するミサでした。

教会学校で学んだ1年間の集大成を信徒の方に見ていただくべく、教会学校の子どもたちがミサの奉仕を行います。
普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子どもの奉仕するミサ」を行います)

 

今日のミサのなかで、3人の6年生の「教会学校 卒業証書授与式」が行われます。
6年生は、最後のこどもの奉仕するミサです。6年間での成長を教会の皆さんに見て頂きましょう。また、5年生から1年生までは、今日で卒業する3人の6年生が安心できるように、立派に奉仕しましょう。

 

先唱は、今回は高学年が1人で行います。

ミサ開祭前に、解説やマナー喚起も行います。

 

 

 

第1朗読は、卒業生が行いました。
実は、初めて朗読でした。旧約は、難しい言葉が続きますが、所作も含め、しっかりと行うことが出来ました。

 

また、侍者もしっかりと所作を行う事が出来ました。大きなミサも経験しているので、すっかりベテランの域ですね。

 

 

第2朗読もとても難しい内容でした。これで2回目の朗読ですね。
第1朗読も第2朗読も四旬節の朗読箇所は、大人でも難しい内容ですが、しっかりと「み言葉」を伝えることが出来たと思います。

10月に洗礼を受けた高学年の子が、初めて子どもの奉仕するミサで侍者を行いました。
普段から侍者を行っているおかげで、短い練習時間だけでもしっかりと行うことが出来ましたね。

 

そして、福音朗読。
福音朗読が行われている最中、また、朗読後の所作も含め、まだまだ頑張らないといけないですね。
初聖体を受けて初めてこどもの奉仕するミサで侍者をする子もいました。修了式でもリーダーからあったように早く赤いラインのついた侍者服を卒業できるようにかんばりましょう。

 

 

 

第1朗読 エレミヤの預言 31章31~34節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 5章7~9節
福音朗読 ヨハネによる福音書 12章20~33節

 

 

 

 

共同祈願は、在校生、そして、卒業生の5人が行いました。
所作も含め、しっかりと行うことが出来ました。

 

4番目の共同祈願は、「在校生代表による送辞」的なものでした。

教会学校の卒業生たちのために祈ります。今、共に過ごした日々を思い出します。神さまのこと・イエス様の事・ミサの奉仕など、たくさんのことを教えてくれました。教えてもらったことを今度は僕たちが下級生に伝えていきます。卒業生たちが、これからも、ぼくたち下級生の良いお手本として、過ごすことが出来るように、父である神様の豊かなお恵みを与え下さい。そして、私たちも卒業生のように、豊かな信仰を育てられますように。

在校生代表の共同祈願

 

 

5番目の共同祈願は、「卒業生代表による答辞」的なものでした。

教会学校で過ごした6年間のなかで、神さまの事、イエス様の事、たくさんのことを仲間達と一緒に学んできました。神さまのいつくしみのなかで過ごせた6年間だったと思います。そして、今、卒業を前に、様々の方々の支えがあったことを思い起こします。お父さん・お母さん・リーダー達、そして、教会ののみなさん、本当にありがとうございました。今はただ、神様にこの出会いを感謝しています。来年からは中高生会のメンバーとして、さらに信仰を育てることができますように。そして、教会学校みんながこれからも互いを愛し合い、神さまの慈しみのなかで豊かな信仰を育てられますように。

卒業生代表の共同祈願

 

 

 

 

そして、感謝の祭儀が始まります。

先唱の子は、普段から侍者をしてくれているおかげで、神父様の動き、全体の流れをしっかり把握して行うことが出来ました。しっかり役割を果たすことが出来ましたね。(卒業生も安心して卒業できますね!)

 

 

奉納行列の誘導は、子どもたち2人で行いました。
司祭が祭壇の前に出てくるまで、行列のスタートをしてはいけないという事をしっかり覚えていましたね。

 

奉納では、チボリウムを奉納する2人は、少し不安な感じが出てしまっていました。
普段からミサでの奉仕を頑張って、祭壇の前でどのように行動すべきか、しっかり勉強しましょう。

 

水と葡萄酒を奉納した子は、もうベテラン感が出ていますね。
しっかりと行うことが出来ました。

 

卒業生による奉納も行われました。
6年間、お世話になった教会学校での感謝のきもちを奉納しました。

 

 

侍者は、全体を通して、集中力に欠く子も見られました。
清めも司祭を待たしてしまっていましたね。侍者は、常に司祭の動きに目を配り、実際に動く場面だけではなく、会衆のお手本になるような所作が出来なければなりません。
祭壇、ご聖櫃の一番側でミサに与っている者であることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

聖体拝領後、卒業証書授与式が行われました。
リーダーから名前を一人ひとり呼ばれ、祭壇の前に並びます。

 

そして、教会学校の校長先生であるフィリップ神父様から卒業証書が、卒業生3人に授与されました。

 

 

卒業証書授与後、卒業生3人から、会衆の皆さんに一言ずつ挨拶がありました。
リーダーから「教会学校6年間の1番の思い出」を言うように無茶ぶりされ、ちょっとビックリしていましたね。

 

 

 

 

ミサ後、改めて3人でフィリップ神父様と記念撮影。

 

そして、ご家族と…

 

 

卒業した6年生の3人は、今度は、中高生会のメンバーになります。
まず、侍者リーダーを務められるようになりましょう。そして、堅信を受け、教会学校のサブリーダーを目指しましょう。
忙しくて、中々教会に来ることが出来ないかもしれませんが、月に1度の勉強会、そして、教会学校で、今度はみんなをサポートする立場として、頑張ってください。
ご卒業、おめでとうございました!




 |  |  |  |

修了式がおわり、子どもの奉仕するミサの練習に移ります。
まずは役を発表しました!

それぞれの役を責任もってしっかり果たせるよう、これから練習します!
役がない人は練習の様子をよく観ていてくださいね。ミサの流れやそれぞれの動きを意識してみていてください!

最初は少しだけそれぞれの役割ごとに練習しました。
そして合同ですべて通して練習しました。

 

 

先唱は今回は一人です。頑張ってね!

 

 

共同祈願は5人です。

 

5年生に在校生代表としてのお祈り、6年生に卒業生代表としてのお祈りを言ってもらいます。

5・6年生は少し長めのお祈りですが、しっかり読めていましたので安心ですね。

 

侍者はあまり慣れていない子にも挑戦してもらいました。

 

奉納も、不慣れな子もがんばってみました。
6年生も奉納を担当しました。

奉納の練習では侍者も動きをしっかり確認しました。

 

朗読をする5年生と6年生は他のお部屋で練習をしていました。

 

一通り通し練習が終わりました。
この後行われる子どもの奉仕するミサの成功を祈り、練習を終わりました!
「主の祈り」をみんなで心を合わせて唱えました。

みんな6年生の良い思い出になるようなミサに出来るよう頑張りましょう!




 |  |  |  |

今日は今年度の教会学校の最後の日。修了式をします!
修了式は初聖体のクラスと合同で行いました。

 

まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

 

 

さて皆、今年度は何を勉強しましたっけ?
色々勉強して来たと思いますが、その中の1つとして、侍者の奉仕を皆頑張ってきました。

侍者服で赤いラインがついているのを着ている人!
赤いラインは初心者マークです。
これはちょっと恥ずかしいことでもあります…
はやく赤いラインのない、腰紐(チングルム)を結ぶ侍者服が着れるようになるよう、頑張ってください!

そして高学年のひとや中学生になったひとは、侍者のリーダーが出来るように頑張ってください!
そのためにはミサの流れをしっかり覚えないといけませんね。
ミサの勉強をしっかりして、侍者がじょうずに出来るようになること…これが来年の目標です!

 

 

ここで、校長先生であるフィリップ神父様にお話をいただきます!

「おはようございます!
教会学校では色々勉強しましたか?満足しましたか?まだまだこれから?
教会学校は楽しく過ごせましたか?

教会学校では遊びも勉強もあります。
色々な活動があります。
楽しく活動しましょう。

先輩のお兄さんお姉さんは、小さい子をみてあげてください。
ひとりぼっちでの勉強ではなく、共同体・兄弟姉妹として、一緒に勉強しましょう。
そして、家族的な雰囲気を作り、イエス様の家族的な共同体を作っていきましょう。

今日は修了式ですが、勉強は死ぬまで終わりません。
この世の中で、色々なことを勉強していきます。
教会学校や教会の中でも勉強することがたくさんあります。

卒業生の皆さんは、卒業しても、毎週ミサにきてください。
みんなこれからも頑張ってください!」

校長先生、ありがとうございました!

 

 

そして今年度卒業する3名を紹介しました!

中学生になると、月に一回勉強会があります。
いまよりも難しい勉強もします。
そして堅信をうけます。
卒業生は勉強が難しくなって大変かもしれませんが、頑張ってください!

これで修了式を終わりました!

 

今日は「子どもの奉仕するミサ」が行われます。
修了式の後はその練習を行います。
初聖体クラス以外の皆はこのまま残って練習しましょう!!




 |  |  |  |

On March 17, 2018, a one day bus tour to Mt. Fuji was organized by the Matsudo MCCIC.

 

The bus left at 7:35 am from Matsudo Station and arrived at Arakurayama Sengen Park at around 11:00 am. We all walked up to the 400 steps hill to see the 5-storey pagoda and to have a glimpse of Mt Fuji. Unfortunately, Mt Fuji was covered by thick clouds. We spent about 30 minutes near the pagoda chatting and taking some photos while waiting but it didn’t come out.

 

At around 12:15, we started walking down the stairs and took the bus to Heidi Village to have lunch.

 

Everybody enjoyed the mixture of Swiss and Yamanashi lunch buffet.

 

We also went to the Itchiku Kubota Art Museum, dedicated to the textile artist Itchiku Kubota. It has a small garden and the gate and building are fascinating. Exhibited were the artist’s kimono silk dyeing art creations depicting the beauty of nature, cosmos and seasons.

 

After the museum, we could clearly see Mt. Fuji that we went straight to Kawaguchiko to have better views of it.
Everybody took photos and we had another group photo as a souvenir.

We then went to the hot spring to relax a bit and went back to Matsudo station at around 8:00 pm. There were 42 adults and only one child who joined the said one day bus tour. There were guests coming from Ichikawa, Toyoshiki and Akabane churches. Everybody seemed to have a great relaxing and bonding time.




 |  |  |  |

主の平和

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

だいぶ、ご無沙汰していました。
最後の投稿を見ると…なんと、聖ミカエル祭バザーが最後…

というのも、主要メンバーが怪我をしたり、歳を重ねて行ったり……徐々に活動が難しくなってきているのです!
冬の間は、雑草も少なく活動もそんなに難しくないのですが、これから、春を迎え、どんどん大変になってきますから、土いじりに興味がある信者の皆さん、是非、みみずの会に参加してください!!お願いします!

 

教会も、駐車場前に春の訪れを少しづつ感じています。
色々な花が咲き始めたり、蕾が出てきたり……聖堂までの間、少し足を緩めて、花々を見てみてください。

 

祭壇のお花も四旬節モード。
毎週、毎週、お花係の方々が、綺麗にいけてくださっています。教会のちょっとした変化は、誰かが必ず奉仕して下さっているのですよね。本当にいつもありがとうございます。

 

今月最後の週には、聖週間を迎えますね。
松戸教会では、10人の洗礼志願者が、復活徹夜祭に洗礼を受けるそうです。
私たちも、洗礼志願者のためにお祈りしたいと思います。

これからは、定期的に更新できるように頑張りますね!