|  |  |  |

10:30のミサのあと、教会学校の子供達が、
「2019年ワールドユースデー支援募金」の呼びかけを行いました。

大きおな声で元気一杯呼びかけました。
募金してくださったみなさま、ご協力ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
お祈りをして始めます。

最初に歌の練習をします。

みんな、教会の暦(教会のカレンダー)の始まりはいつだかわかりますか?
教会暦の最初の季節は「待降節」ですが、
今年は12/2(日)から教会の新しい年が始まります。

では、一年の最後は?
今年は、11/25(日)が教会の一年の終わりです。
なんの日でしょうか?
「王たるキリスト」です。
一年の最後の日曜日が「王たるキリスト」の祝日です!

この日みんなは行列を行います。
まず、聖母子像の前で、「イエスさまがいちばん」を歌います。
そして行列の時に「あめつちをつくり」を歌います。

今日はこの二曲とも練習しました。

さて、授業に入ります!
プリントを2枚配りました。
1枚は「マルコによる福音」が書かれたプリントです。

まず、「マルコによる福音」の12章28〜34節を助祭が朗読してくださいました。

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」という質問に、
イエスさまが「第一は神さまを愛すること、第二は隣人を自分のように愛すること」とお答えになったというお話です。

なんでクリスマスにイエス様はきたのでしょう?
2枚目のプリントに、書いてあります。
私たちが住む世界を「神の国」にするためです。

「神の国」ってどういう国でしょうか?
今日はそれをみんなで考えてみましょう!

神さま見たことある人、いますか?
いませんね…。
「天国」は神さまがいる場所です。
神さまがいないところ、見えないところでも幸せにするためにイエスさまはきました…
神様が見えなくても幸せなところ、それが「神の国」です。

聖書をヒントに、「神の国」がどんなところか考えてみましょう!

2つのグループで別れて、助祭やリーダーに手伝ってもらいながら
「神の国」について書かれているところを探してみました。

さて、それぞれのグループで、聖書の中で「神の国」がどんなところかわかる箇所を見つけられたでしょうか?

「神の国」て言うのは?
一人一人みんな神さまを一番に考えていて、
自分と同じようにみんなを愛すしている状態です。

みんな、「主の祈り」を覚えていますか?
「私たちの日毎の糧を今日もお与えください」
というところがありますね。
糧というのはご飯のことです。
みんな、自分のごはん…と思って祈りますか?
それとも、お腹が減っててもご飯が食べれない人のことを考えて祈りますか?
みんながそういう風に、他の人のこと考えられる世界が神の国です。

例えば、「よいサマリア人」のたとえ話では、
サマリア人は自分のお金を全部使って、傷ついている人を助けました。
当時は、みんな傷ついている人や病気の人に近づいちゃいけないと思っていました。
だけどサマリア人は近づいて助けました。

今日の福音(「マルコによる福音」10章46〜52節)で、
イエスさまは目見えない人を見えるようにしました。
他の箇所では、立てない人立てるようにしたこともありますね。
イエスさまはいつも人を癒した後にこう言います。
「あなたの信仰があなたを救った。」
これは、「あなたが神様と繋がってるから、治ったんだよ」という意味です。

神さまとみんなが繋がってる!
そんな状態が神の国です!

神の国はもう始まっていると、イエスさまはいっています。
イエスさまを観たら神さまを感じられるからです。
でも今のみんなイエスさまを観たことないけど…
なんで2000年間キリスト教は続いたのでしょうか?

それは、神さまの存在を感じていたからです。
そして神様と繋がりたいと思わせることがずーーっとあったのです。

「教会」ってなんでしょうか?
みんなは場所とか建物のことだと思うかもしれませんが、違います。
イエスさまを信じる一人一人が集まったら、教会です。
お互い、会った時に神さまの存在を感じるというのが教会です!
だからキリスト者は、会ったら神様を感じさせる人じゃなきゃダメなのです。

そのためには…さっき助祭が読んでくださった「マルコによる福音」にあった、
イエス様が言った2つの掟を守ることが大事です!

錬成会のこと、思い出してください。
配膳係の子に、チームの仲間の飲み物より先に、自分の飲み物をまずとった人もいました。
チームの仲間のご飯が用意されていないのに、ご飯を食べ始めたチームもありました。
これでは、「隣人を愛しなさい」という掟、守れていなかったね。
「神様は何してほしいか?」を考えて毎日を過ごしましょう。
イエス様はその見本を一番にやってくださったので、
「イエス様だったらどうするか?」考えるとよいですね!

どうしてもイエス様のことが考えられないなって時もあるかもしれませんね。
そんな時、「ロザリオの祈り」を唱えましょう!
マリア様も、とてもお手本になる方です。
ロザリオのお祈りをして、マリア様だったらどうしようって考えてみましょう。
「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」はみんな覚えているよね?
覚えていれば、口で唱えている間もほかのこと考えられますよね。
ロザリオを唱える間「マリア様助けてください、イエス様みたいになれますように」って祈ってください。

最後、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて、教会学校を終わりました。
解散する前に、神父さまがくださったロザリオをみんなに配りました。

ぜひ使って、「イエスさまみたいになれますように」と祈りましょう!

また来週も元気に集まってください!!




 |  |  |  |

ついに聖ミカエル祭バザーの日がやってきました!
今年も教会学校はジュース販売とゲームコーナーの担当です。
去年に負けない聖ミカエル祭にするため、子ども達、リーダー達も頑張ります!

 

ジュースコーナーは子どもたち担当!しかし、あいにくの天気!
1時間ごとに4チームに分かれて、いつもより大きな声を出して呼び込み、ジュースをたくさん売るために頑張りました!

今回も見事完売!
みんな、本当に頑張りましたね!

 

聖ミカエル幼稚園の2階のゲームコーナーは、教会学校のリーダーや青年達、保護者の方々が担当です。
今年もたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!

大人気のストライクアウト!

 

輪投げ!は、簡単そうでなかなか入らない。でも、一番シンプルでわかりやすくて、大人気でしたね。

 

釣りゲーム!は、みんな大物を釣り上げようと一生懸命でした!

 

ボール転がし!は、小さい子にも大人気でしたね!

来てくれた子どもたちにゲームをたくさん楽しんでもらえたと思います!
 

来年もまた来てね!

 

今年もたくさんの青年や中高生がお手伝いに来てくれました!

 

さて、来週からは、通常の教会学校が行われます。
これから待降節に向かって大事な時期です。みんな元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

The Catholic Matsudo Church holds its annual ”St. Michael Festival and Bazar”
The MCCIC joined the bazar and enjoyed selling Filipino foods. They sold turon – a kind of sweet snacks. It is delicacy made of plantain banana with sugar rolled in lumpia wrapper and fried. Another was pork barbecue marinated in sweet pineapple catsup sauce; They also sold arroz caldo – a rice porridge with chicken bits topped with spring onions and fried garlic. In addition to these foods, they also sold “ pritong lumpia” – cooked with ground beef, spices and various vegetables rolled in spring rolls wrapper and fried. This is best eaten with sour spicy kind of sauce.
It was rainy that day and we had typhoon. There were not so many people who came so, there were much of Lumpia ingredients left and some porridge left which some members happily took and brought home.
However, the turon and barbecue were sold out easily.
We thank the members who extended help for this event and especially the people who bought and enjoyed eating our food.

We thank the members who extended help for this event and especially the people who bought and enjoyed eating our food.
See you all again next year!! 😀




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第3週の主日のミサのなかで、その月に結婚記念日を迎えられる方々の祝福を行うことになりました。

 

今月の「結婚記念日の祝福」は、本日、年間第29主日のミサの中で、フィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。

 

金婚式を迎えれたそうです!!本当におめでとうございます!

 

結婚は、秘跡です。
結婚記念日を迎えられた方々を祝福することで、神様のいつくしみを思い起こさせ、最も小さな共同体である家族のなかで、新たな思いで福音のよろこびを感じることが出来ればと思います。

もちろん、夫婦そろってではなくても(帰天されて死別されたご夫婦やミサに1人で来られた方)祝福は受けられます。
是非、結婚記念日を迎えられた月の第3週には、祝福に与ってください!