|  |  |  |

本日、「主の晩餐の夕べのミサ」が行われました。

聖木曜日の夕刻に行われるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うように命じた「最後の晩餐」を直接記念します。聖木曜日の夕刻にささげられるこのミサの直前で四旬節が終わり、「過越の聖なる3日間」が始まります。イエス様の「受難・死・復活」を一年のうちで最も荘厳に記念する「過越の聖なる3日間」は、典礼暦年全体の頂点に位置づけられています。

 

久々に栄光の讃歌を歌い、フィリップ神父様が集会祈願を唱えました。

 

IMG_8530

 

 

第1朗読・第2朗読の後、松永助祭による福音朗読が行われ、フィリップ神父様によるお説教がありました。

 

DSC01225

 

DSC01231

 

フィリップ神父様は、「最後の晩餐は、悲劇ではなく、悲劇の完成である。悲劇を受け入れることで神様との関係が強くなる。」とおっしゃり、最後に「自分が何者かであるかを知るために代償を払うことには意味がある」と説かれました。

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 12章1~8節,11-14節
第2朗読 コリントの教会への手紙 11章23~26節
受難の朗読 ヨハネによる福音書 13章1~15節

 

 

 

 

お説教の後、今日、朗読された福音書のなかでもあったように、イエス・キリストが最後の晩餐の夜、自ら弟子たちの足を洗うことにより、ご自分が「仕えられるためではなく、仕えるために来た」ことをお示しになったことを記念し、洗足式が行われました。

12人の信徒(使徒、ヤコブ<別名イスラエル>の子たちの数)が代表して、フィリップ神父様に足を洗っていただきました。

 

IMG_8548

 

 

IMG_8550

 

 

その後、聖体拝領が行われました。

同じ1つのパンを分け合うことを通して、キリストとの一致を深く味わいます。こうして、ミサが一致の秘跡であり、キリスト者の生活の中心であることが明らかにされます。

 

IMG_8582

 

 

 

聖体拝領後、祭壇上のご聖体に献香し、司祭・侍者が祭壇上の全てのものを取り除き、裸の状態にします。そして、ご聖体を別の場所に移動します。キリストの受難と死がはじまったことのしるしです。

 

IMG_8588

 

IMG_8589

 

そして、ご聖体を仮祭壇に移し、献香してから聖体を仮の聖櫃におさめます。

 

IMG_8592

 

DSC01236

 

最後に信徒たちは、左右に分かれ、詩編55と詩編27を唱和して祈ります。

 

IMG_8594

 

その後、その場で閉祭の歌を歌い、閉祭となりました。

その後も仮祭壇の前でお祈りされている信徒の方が大勢いました。

 

明日は、主の受難の祭儀です。

 

DSC01241

 




 |  |  |  |

四旬節最後の主日である今日は受難の主日(枝の主日)でした。今日から聖週間が始まります。

松戸教会では、8時、そして、10時半からミサが行われました。

 

 

DSC01111

 

 

10時半からのミサでは、春の暖かい日差しの中、信徒が、下の広場でお待ちし、枝の式を行いました。

交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

DSC01118

 

そして、枝(棕櫚の葉)をもった信徒を祝福をして頂きます。

 

DSC01122

 

DSC01125

 

松永助祭による入城の福音朗読。

 

DSC01128

 

 

福音朗読 マタイによる福音書 21章1~11節

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

ダビテの子を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

DSC01132

 

DSC01134

 

 

ご受難の朗読は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

DSC01143

 

 

そして、松永助祭が松戸教会に赴任されて、初めての主日のミサでの説教を頂きました。

 

DSC01161

 

 

ミサの終わりに、フィリップ神父様より大阪教区から赴任された松永助祭のご紹介があり、ご挨拶を頂きました。

 

DSC01209

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 

 

 

 

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節
第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節
受難の朗読 マタイによる福音書 27章11~54節



 |  |  |  |

本日、2014年度入学式・1学期始業式が9時半からお御堂で行われました。

いよいよ新しい年度の始まりです。

 

最初に主の祈りをみんなで唱えました。

 

IMG_0341

 

教会学校の校長先生、フィリップ神父様からみんなに新年度の挨拶がありました。

 

IMG_0342

 

そして、フィリップ神父様から、昨日から赴任された大阪教区の松永助祭のご紹介があり、ご挨拶を頂きました。これから2月まで教会学校のご指導をしていただけるそうです!

シスターがいなくなって、不安になっていたリーダーたちもこれで一安心…。

 

IMG_0346

 

そして、今年度から教会学校に入学した8人の新しい仲間に1人1人自己紹介をしてもらいました。

みんな大きな声で名前と学年(と通っている学校のクラスまで…)を言ってくれました。

 

IMG_0347

 

この後、リーダー、サブリーダーたちからも一言ずつもらいました。

「今年は遅刻しないように頑張るからみんなもちゃんと来てね!」

 

IMG_0353

 

最後にアヴェ・マリアの祈りをみんなで唱え、入学式・1学期始業式を終えました。

いろんな体験を共有して、新しい仲間とも早く仲良くなって、今年度も、楽しく元気にイエス様のことについて、たくさん勉強しましょうね!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

本日は、枝の行列を駐車場スペースで行うので、地下ホールの前で行いました。

 

IMG_0337

 

 

 

● 今月のおすすめ品

 

IMG_0334

 

IMG_0329

 

IMG_0333

 

IMG_0335

 

春になって、たくさんの野菜が出てきました。

ネギやホウレンソウは、冬の寒さを越えて甘みが増しているそうですし、冬ではあまり見られなかったフルーツトマトやアスパラガス、きゅうりといった野菜も出てきましたね。

わき芽かぶれ菜は、春限定だそうで、やわらかくおいしいそうです。

 

 

 

IMG_0331

 

とちおとめ

福島県農業省を受賞したいちごだそうです。

味見させて頂いたのですが、本当に甘くて美味しかったです。

 

 

 

IMG_0336

 

川俣シャモのジャーキー

福島の地鶏川俣シャモのムネ肉を特製タレに漬け込みじっくり熟成させた後、成型し桜のチップで燻しながら旨みを凝縮させていきます。
噛めば噛むほどシャモの旨みがあふれ出してきます。

 

 

 

来月も、第2週5月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

今日は、午前10時から聖週間を迎えるための大掃除がありました。

多くの方に参加して頂き、ありがとうございます。

 

午後5時からは、聖週間のための侍者会を行いました。

 

IMG_0319

 

フィリップ神父様のご指導のもと、受難の主日(枝の主日)、聖木曜日、聖金曜日の典礼の式次第の確認をし、当日に備えます。

 

IMG_0326

 

明日の受難の主日(枝の主日)から始まる聖週間は、カトリック教会にとって最も大事な1週間となります。

特に過越の聖なる3日間(聖木曜日・聖金曜日・復活の主日)は、教会暦の頂点となります。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。