|  |  |  |

IMG_0263

 

今日、松戸教会に、ある1家族が松戸教会にいらっしゃいました。BOLANOS JORGE CABRERAさんとレイさん夫妻とそのお子さんたちです。

彼らは、非常に困っていて、藁にもすがる思いで教会に力を借りにいらっしゃったと思います。どうか力を貸して差し上げてください。

 

 (*)プライバシー保護のため、子どもたちに修正をかけています。

 

【以下、『BOLANOS JORGE CABRERAさんに在留特別許可を』署名用プリントから引用】

BOLANOS JORGE CABRERAさんに在留特別許可を!

BOLANOS JORGE CABRERA(JORGE)さんは、18年間、日本にいます。
JORGEさんははじめビザを持つて日本にいたいと考えていました。しかし、JORGEさんの仕事(大工)をするためのビザは日本にありません。JORGEさんはフィリピンの親や兄弟を支えるため、日本に残り、オーバーステイになりました。今はこのことをとても反省しています。

しかし、JORGEさんは、これからもずっと日本に住みたいです。それは、日本にJORGEさんの家族がいるからです。JORGEさんは、日本で小泉レイさん(日本人)と恋人になりました。そして、レイさんとの間に2人の子ども(長男5歳、長女0歳)が生まれました。

JORGEさんと小泉レイさんは、2012年10月に結婚しました。レイさんを心から受け入れてくれるJORGEさんはレイさんにとってかけがえのない存在です。もし、JORGEさんがいなくなつたら、レイさんは生きていくことが出来ません。二人の子どもたちも、お父さんに会えなくなったら、辛い思いをします。レイさんと子どもたちに、どうしてもJORGEさんが必要です。
JORGEさんが、家族といっしょに日本に住むことができるように在留特別許可を認めてください。よろしくお願いします。

 

 

Asking Special permission for ML BOLANOS JORGE CABRERA

Mr.BOLANOS JORGE CABRERA(JORGE)has stayed in Japan for 18 years.
He has considered staying in Japan with proper visa for the first time.However,there are no visa category correspond to Mr.JORGE’s work(carpenter). So,he decided to stay in Japan with overstay for supporting parent and relatives in Philippines.He feels apologetic for this matter now.

But Mr.JORGE wants to stay in Japan.This is for sake of the family members in Japan、Mr.JORGE has mingled with Ms.KOIZUMI Rei (Japanese citizen). Between Mr. JORGE and Two children(5 years old and 0 years old)are born.

Mr.JORGE and Ms.KOIZUMI Rei have been married since October,2012. Mr.JORGE always accepts everything of Ms.Rei. Mr.JORGE is the invaluable person forMs.Rei. If Ms.Rei is robbed of Mr.Jorge, Ms.Rei cannot live. Two children mast suffer if they lose the father too.For Ms.Rei and two children,Mr.Jorge is highly needed.
Please grant the special permission for residence for Mr.Jorge to live together with family in Japan.Thank you.

 

【署名用紙送付先・問い合わせ先】
特定非営利活動法人 ASAIN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
〒173-0014 東京都板橋区大山東町56-6-301  TEL 03-3964-8739  FAX 03-3579-0197

【Contact】
NPO ASAIN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
〒173-0014  56-6-301 0yamahigashi-cho Itabashi-ku Tokyo
TEL 03-3964-8739 FAX 03-3579-0197

 

(*)プリントにはお子様の名前が書かれていますが、プライバシーの都合上「2人の子ども」とさせて頂きました。



 |  |  |  |

IMG_5505_1

 

 

教皇フランシスコは、今日のキリストの聖体の祭日に、ローマ時間で今日の午後5時にささげられるバチカンでのフランシスコ教皇の聖体礼拝に合わせて、全世界のカテドラルでも聖体礼拝を行なうように呼びかけられました。
東京教区では「信仰年・晩の祈りと聖体賛美式(キリストの聖体の祭日)」が、東京カテドラル聖マリア大聖堂にて17:00からとり行われました。

● 東京カテドラル聖マリア大聖堂での聖体賛美式の様子

● 幸田司教様の説教

 

松戸教会でも、17:00から「聖体賛美式」を行いました。

 

IMG_5502

 

福音朗読の後、黙想し、ロザリオの祈りを一環唱えました。

ロザリオの祈りとは…

「アヴェ・マリアの祈り(天使祝詞)」を唱えながら、福音書の中に記されているキリストの主な出来事を黙想していくお祈りです。

ロザリオを使って、お祈りします。1連ごとに、まず玄義をとなえ、次に「主の祈り」を1回、「アヴェ・マリアの祈り」を10回、栄唱を1回唱えます。

引用元:『Laudate | 祈りのひととき』より

ロザリオの祈り - 栄えの神秘 –

第1の黙想 イエス、復活する 意向 世界平和のために
第2の黙想 イエス、天に上げられる 意向 病気の方、さまざまな困難を抱え苦しみにある方々のために
第3の黙想 イエス、復活する 意向 名誉教皇ベネディクト16世のご健康と教皇フランシスコの福音宣教のために
第4の黙想 イエス、復活する 意向 日本の司教団のために
第5の黙想 イエス、復活する 意向 松戸教会共同体のために

 

 

 

賛美の祈りを唱えました。

 

 

普段のミサでは、歌われないラテン語で歌を歌い(聖体顕示:アドロ・テ・オ・バニ、献香:タント・エゴ、終わりの歌:サルェ・レジナ)普段とは違う雰囲気の中、聖体賛美式を終えました。(松戸教会ではクリスマスミサの時にラテン語で聖歌を歌います)

 

福音朗読 ルカによる福音書 9章11b-17節

 




 |  |  |  |

本日、6月2日は、人類に対する神からの恵み、愛の結晶である「聖体の秘跡」について公に感謝する「キリストの聖体」の祝日です。
そして、松戸教会では、5人の子供たちが初聖体のお恵みに与りました。(もう1人、来週9日、初聖体を与ることになっています)

 

そのため、10時半からのミサはいつもの日曜日とは異なり、子供の奉仕するミサとなり、先唱や朗読を子供たちが務めました。

 

 

ご家族の方々も参列され、多くの会衆が集う中、初聖体を与る5人の子供たちが入堂してきました。

 

IMG_5350

 

フィリップ神父様のお説教の後、初聖体志願式が始まりました。神父様は、子どもたちに、初聖体を受けることを本当に望むかと尋ねられ、一人一人はっきりと「はい」と答えました。

そして、この日の奉納は初聖体を受ける子どもたちの手で行われました。

 

IMG_5371

 

ご家族や会衆に見守られながら神父様から初聖体を授かりました。

 

IMG_5401

 

IMG_5414

 

ミサの最後に、初聖体を与った子どもたちは、祭壇の前に1列に並び、それぞれ、自己紹介をしました。そして、聖堂いっぱいの信徒から祝福されました。

 

 

IMG_5378

 

 

第1朗読 創世記 14章 18-20節
第2朗読 使徒パウロのコリントの信徒への手紙Ⅰ 11章23-26節
福音朗読 ルカによる福音書 9章11b-17節

 

 

 

ミサ終了後、地下ホールでお祝いをしました。

IMG_5487

 

IMG_5491

 

初聖体を受け、キリストの食卓を囲む一員となられた子どもたちを中心に和やかな雰囲気と喜びに包まれていました。

 

 

(*)プライバシー保護のため、信徒の顔に修正をかけています。

 

初聖体とは…

 幼児洗礼の子どもが初めて聖体拝領をすることです。聖体とは七つの秘跡のひとつで、主イエス・キリストご自身が、パンとぶどう酒の形のもとに現存され、私たちと共にいて救いを完成してくださるのです。




 |  |  |  |

30日(日)10:30からのミサの後、援助修道会のシスター永田をお迎えして、10月から松戸教会で始まる「聖書100週間」についての説明会が聖堂で行われます。

興味をお持ちの方は、どうぞお集まりください。

なお、勉強会は10月から始まる予定です。

 

聖書100週間とは…
一生に一度は聖書を全部読みましょう」とおっしゃられたマルセル・ルドールズ神父様(パリ外国宣教会)によって、1974年にカトリック上野教会で始められた約3年をかけて聖書(旧約・新約)を全て通読するプログラムです。




 |  |  |  |

明日は、いよいよ「初聖体」です。

今年、初聖体を与ることになっている6人の子どもたちは、最後の準備をしました。

 

聖ミカエル幼稚園でのお勉強の様子です。

 

IMG_5326

 

 

そして、初めての「ゆるしの秘跡」を受けます。

 

IMG_5330

 

 

初めての告解のあと、先生から感謝の祈りと償いの仕方を教えてもらいました。

 

IMG_5335

 

 

明日は、いよいよ『初聖体』です。

● 『初聖体』 – First Communion –

 

 

 

(*)プライバシー保護のため、信徒の顔に修正をかけています。