|  |  |  |

「教会学校始めの祈り」をして、始まります。

3月になると、6年生は卒業ですね。中学生になると勉強、部活で忙しくなり、教会に来られないこともあるかもしれません。

でも、神様は見ていてくれています。今日はそんな歌を歌います。

みんなで「忘れないで」を歌います。

  🎶 だけどいつか激しい嵐が 君のほほえみ吹き消すでしょう。

                    だからいつもはなさないで胸の中のみことばを 🎶

みんなは胸の中にどんなみことばを持っている?   ……

中々すぐには出てこないみたいですね。お母さんたちは? 「この小さなものにしたことはわたしにしてくれ

たことだ」 「愛し合いなさい。赦しなさい」 「神様はどんなときにも道を用意していて下さる」

色々でてきましたね。胸の中に御言葉があると、つらい時も乗り越えられます。みんなもこれから胸の中にイエスさまの言葉を持てるようにイエスさまの行いや言葉を学んでいきましょう。

今日のお話は、「ぶどう園の労働者」のお話です。

イエスさまは天のお父様がどのような考えを持っておられるか、みんなに知ってほしいと色々なたとえを使ってお話しされました。そのたとえのひとつが今日の「ぶどう園の労働者」の話です。

主人がぶどう園で働いてくれる人を探しに、夜明けに出て行きました。1日1デナリオンの約束で働く人を雇いました。1日1デナリオンというのは、この当時の1日の普通の賃金ですね。

主人はさらに9時にも出かけていき、同じように働く人を雇いました。12時と3時にも出かけて、同じように働く人をぶどう園に連れていきました。

 

 この主人は夕方の5時頃にも出かけていくと、仕事をもらえず一日中立っている人がいたので、この人もぶどう園で働くために連れていきました。

さて、一日の労働が終わり賃金の支払いが始まりました。賃金はだれが一番始めににもらったでしょうか。夜明け前から働いた人からでしょうか。そして、みんな、いくらもらえたでしょうか?

・最初の人からあげる

・最初の人に1デナリオンで、最後の人に0,5デナリオン

色々な考えが出ましたね。

聖書にはなんとあるでしょう。

最後に雇われた人から順に、みんなに1デナリオンづつあげた、とあります。

朝から働いていた人も、夕方から働いた人も同じ賃金をもらいました。?と思いませんか。

最後にもらった人は、夜明け前から働いた人でした。夕方からちょとだけ働いた人が1デナリオンだったから、自分はもっともらえると思いました。みんなもそう思わない?そう思うよね。それで、この朝から働いた人は主人に文句を言いました。すると主人は、

「あなたと1デナリオンの約束をした。ちゃんと約束は守っている。わたしは最後に来た者にも同じように払ってやりたいのだ」と言いました。

神さまの考えはわたしたちの考えとはずいぶん違うよね。神様は何を見ておられるのかな。

夕方まで仕事がもらえずにいた人は、どんな気持ちだったでしょうか。

そして1デナリオンもらえた時はどんな気持ちだったでしょう。

日が暮れそうなのに仕事がない、仕事がないとパンを買うお金がない、家族になんと言おうと困っていたかもしれませんね。やっと雇ってもらえて、しかも1デナリオン!もらえた。この人はたくさん感謝したでしょうね。

苦しんでいる人にいつも目を注ぎ、分け隔てなく恵みをくださるのが神様ですね。

「わすれないで」をもう一度うたいます。

 

お祈りをして終わります。

また来週元気に集まれますように。

 
教会学校の時間に保護者会が開かれ、卒業式について話し合いました。
 

ミサ後に献金のお手伝いをしました。

 




 |  |  |  |

教会学校はじめの祈りをして今日も元気にスタートです。

お祈りの紙を見なくてもスラスラ言えていましたね。

 
今日は楽しみなレクの日。ゲームをして楽しみましょう。
 
 
鬼ごっこのルールの説明がありました。みんなしっかり聞いています。
 
 
お行儀が良いですね(^○^)
 
 
鬼と逃げる子を1人ずつ決めます。それ以外の子は数人ずつに分かれて座ります。
逃げる子がどこかの列の最後に座ったら、その列の先頭の子は立って鬼から逃げます。
鬼は逃げる子がどこかの列に座る前にタッチします。
 
 
よーく見てないと、自分が走る番だと気づかずにタッチされてしまいます。
 
 
よく動きましたね。暑くなりました。
 
 
最後に主の祈りを唱えて終わりました。
また来週、元気に集まって下さいね。
 



 |  |  |  |

 
 「教会学校はじめの祈り」に続き、「神様といつもいっしょ」を歌い、教会学校が始まりました。
 

今日、「ありがとう」の出来事はありましたか?

「朝、ステーキだった!」

「お母さんが教会に来られた」

「元気だったこと」

「晴れてること」

たくさんの「ありがとう」が聞かれました。

 

いつも神様がいて下さって、感謝することがいっぱいです。

「ありがとう」とわたしたちが言うと、だれが喜ぶ? そう、神様ですね。そして今度は

わたしたちの心が明るくなる。神さまの喜びがわたしたちに伝わり明るくなる。これが神様とわたしたちの交わりです。

何でも当たり前と思っていると、神様がわたしたちのために働いていて下さることに気付かない。

神さまの働きに気付けるように、いつも神さまにありがとうと言いましょう。

 

さあ、今日は2月2日、何の日か知っていますか?

 

「主の奉献」の日です。

エルサレムの神殿に、イエスさまが捧げられた日です。マリア様とヨセフさまは、お生まれになって40日が経ったので、イエスさまを天のお父様におささげになったのです。

山鳩一つがいも一緒に捧げられたんですよ。これは貧しい人の捧げものです。

当時のイスラエルは、富んでいる人と貧しい人との差が大きくて、多くの人は苦しんでいました。苦しむ多くの人を救ってくださいといつも祈っていたシメオンと言う人がいました。シメオンは

神殿でイエスさまを見て、「救い主が現れた!」と気づき喜びました。

84歳になっていたアンナも、ずっと神殿で断食したり祈っていましたが、イエスさまを見て

喜び、人々に告げ知らせました。

 

わたしたちも、今日自分を神様に捧げましょう。

神様に捧げるのだから良いことでなければと思うかもしれません。でも、良いことも、悪いことも全部捧げましょう。全部ささげると心が空になります。そこに神さまの恵みがたくさん入ってきます。

天のお父様に捧げられたイエスさまは、「たくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた」(ルカ2:40)とあります。

わたしたちも神さまの恵みに包まれていきましょう。

今日は一人ひとり人形を作り、それを自分に見立てて、おささげしましょう。ミサの後で

祭壇におささげします。

折り紙で作るもの、紙コップで作るもの。

どちらもかわいいですね。頑張って完成させました。

 

もう一度、「神様といつもいっしょ」を歌います。

最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。

 

ごミサの後には、みんなで祭壇に捧げました。

 「わたし、…は神さまに自分をおささげします。」と言いながら。




 |  |  |  |

1日 朝祷会[7:00]
  *
5日 主の奉献
  *
  司牧評議会[13:30]
  *
  聖歌練習[9:00]
  軽食「シャローム」[11:30]
  *
6日 山谷おにぎりの会[9:30]
  聖歌練習[10:30]
  *
8日 宣教協力体協議会[13:30]
  於 松戸教会
  *
9日 年間第5主日
  英語ミサ[13:00]
  *
  ヨゼフ会例会[9:00]
  マリア会地区連絡会[9:15]
  *
  めぐみの会[11:30]
  *
11日 世界病者の日ミサ
  於 東京カテドラル聖マリア大聖堂
  *
15日 白井地区家庭ミサ[14:00]
  *
19日 年間第6主日
  *
  聖歌練習[9:00]
  軽食「シャローム」[11:30]
  *
20日 山谷おにぎりの会[9:00]
  *
23日 年間第7主日
  タガログ語ミサ[15:00]
  *
26日 灰の水曜日[7:00、10:30、19:00]
  *
27日 聖体礼拝の会[10:30]

 

 

松戸教会公式ツィッターアカウントにて、毎日のミサ、行事や催し・勉強会のご連絡をしています。

是非、フォローをお願いします。

 

 




 |  |  |  |

寒い日でしたが、今日も元気にスタートです!
風邪をひいているお友達もいて、人数が少なかったですね。

教会学校始めのお祈りをしてから、
「神様といつもいっしょ」を歌いました。
声がなかなか出ません。もう少し、声が出せるといいですね。お友達が増えてきました。

 

今日神様にありがとう!しましたか?
朝起きてから、感謝する事はたくさんあったでしょう。
朝ごはんを食べた、教会に来られた、元気、
全部ふつうのことかもしれないけれど、全部かみさまに感謝することですね!

今日はわたしたち教会学校のお手伝いをしてくださっている、ベトナムの方のお話を聞きました。彼は、司祭になるための勉強をしています。

 
ベトナムってどんなところ?
毎日フォーを食べます。日本のうどんのようなもの。
皆、バイクに乗り仕事に行きます。交通渋滞がすごいです!3キロの道を行くのに1時間かかります。事故が起こることもよくありますが、みんなスピードを出していないので、大きな事故にはなりません。
古い街をみんなで守っています。
 
今、修道会に入って司祭になりたいと思って勉強していますが、初めは神様のもとで働こう、とは思っていなかったそうです。
日本に来て、ある神父様に出会い、たくさん話を重ねる中で、
司祭になりたい!そういう思いになったそうです。
ご両親も驚いたそう。
神父様がとても楽しい方で、気が合ったそうです。
そして、子どもたちに関わっていきたい、
日本に来ているベトナム人の方々と関わっていきたい、と考えています、
と話してくださいました。

質問コーナーではベトナムの教会の子どもたちのことを聞きました。

教会には2~300人の子どもがいる。
ミサ後に1時間、神様の事を勉強をする。子供たちに教える人はそのための勉強をして、その資格を持って教えている。
侍者をみんながやりたがるので、順番を決めている。

どうしてそんなに信者さんが多いのですか、日本は中々増えないのに、という質問がありました。それに対しては、貧しいからという事があるかもしれないと答えていました。

その他、色々なことを聞かせてくれて、ありがとうございました。

豊かになって、何でも自分の力でやれる、これもあれも自分がやったと思うようになると神様なんか必要ないと思ってしまうかもしれませんね。本当はすべて神さまの計らいの中にあるのですけどね。
 
それでは、いつも神さまのことを忘れないように「神様といつもいっしょ」を歌いましょう。
最後に、今日来れなかったお友達のため、またお父さん、お母さんの健康のためにお祈りをして、最後に「主の祈り」を唱えて終わりにしました。

来週も元気に集まってくださいね。