|  |  |  |

本日、午後1時から地下ホールで青年の同人誌「野ばら」を編集チーム主催の朗読会が行われました。

 

何人かしか集まらないのではと…青年たちも心配していましたが、松戸教会の信徒以外の方々も合わせ、30名をこえる方々が集まってくださいました。

 

 

 

同人誌「野ばら」

青年有志たちで作っている同人誌です。
「野ばら」は、2016年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。
現在は、2019年1月13日に17号が発刊されています。

 

 

 

 

はじめに、「野ばら」の編集長から挨拶があり、本日のゲスト、服部剛さんの紹介が行われました。

 

 

そして、服部さんからご挨拶をいただきました。

服部 剛

詩人(日本現代詩人会会員)
ドン・ボスコ社「カトリック生活」連載。
心のともしび「服部 剛の心の糧」
著書「詩集 我が家に天使がやってきた―ダウン症をもつ周とともに

 

 

まず、同人誌「野ばら」の同人メンバーが、自作の詩を朗読しました。

 

そして、服部さんのダウン症をもつ息子についてのお話と詩の朗読が行われました。

皆さん、聞き入られてましたね。
「神の愛」とは何なのか…本当の命の価値とは何なのか、青年たちも考えるきっかけになったと思います。
服部さんの詩集「詩集 我が家に天使がやってきた―ダウン症をもつ周とともに」の後書きには、『人間の生活は大切ですが、それはいのちが生きることの一部分でしかない。(中略)「天の息吹」を吹き込まれて生まれた周くんに出会えて、パパとママよかったね。』という谷川俊太郎さんから服部さんへの手紙が記されています。

天の息吹(創世記2章)を思い起こしますね…。

 

 

そして、服部さんと野ばらのメンバーのみ言葉を味わう対談が行われました。

この朗読会で選ばれた箇所は、ルカによる福音書の5章1-11節のペトロの召命の箇所です。

 

朗読会に来てくださった皆さんとも分かち合いました。

 

 

最後に、もう1度服部さんが詩を朗読されました。

 

参加された皆さんどうでしたでしょうか?
初めての試みでしたが、楽しんでいただけたでしょうか?
多くの方々に集まっていただき本当にありがとうございました。

同人誌「野ばら」は、偶数月に発刊していますので、ぜひ購読をお願いいたします。
(次号は、3月10日発刊となります)




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今月は、冬物の最後ですね。2か月おきになったので、季節の変化がとても分かりやすくなりました。
そして、待ち構えて買う方も多くなってきました。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

あんぽ柿

福島県伊達市梁川町五十沢で大正年間に開発されました。
渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる独特の製法で作られます。半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかいのが特徴です。カリウム、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいて、
蜂蜜柿は、種ありの品種です。皮は固く果肉はトロッとした食感の干し柿です。体にも優しいそうです。サラダに使っても美味しいそうですよ。

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

葉物

福島の厳しい寒さの中育った葉物たちは、野菜本来の味が強いです。

 

 

次回も、4月の第3週2月21日(日)8時ごろから即売会を行っています。
復活の主日ということもあり、多くの方が教会にいて、教会には、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

今日も元気に子供たちが集まりました!

「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

みなさん「赦しの秘跡」ってわかりますか?
初聖体を受けた子は、初聖体前にやったはずです!
日本の教会の決まりに
「一年に一回は赦しの秘跡をうける!!」
というのがあります。

待降節と四旬節の季節に受けるのが良いと言われていて、
みんなには、ちょっと早いけど、3月第1週に受けてもらいます。
今日はそのための準備を教えます!

3枚のプリントを配布しました。

まず、1枚目のプリントを見てください。
赦しの秘跡を受ける前の準備の作業を始める前に
絶対的なこととして…
神さまはみんなが大好きで幸せになって欲しいと思っています。
このことは忘れずにね。

しあわせのための大事な2つのルールがあります。
これは今までの教会学校でも何度か伝えてきたし、
「教会学校のしおり」にも書いてあります。
2つのルールをプリントに書いてみてください!

答えは、
1 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい
2 隣人を自分のように愛しなさい

イエス様の時代は、613個もルールがありました。
みんなには「教会学校の掟(ルール)」があるね。しおりに書いてあります。
その中から、大事だと思うこと書いてみましょう!

さて、2枚目のプリントを見てください。
大きな丸の中に、

神 様

イエス様

と書いてありますね。
▲は、イエス様が向いている方向です。
イエス様はいつも神様を見つめています。

この丸の中に入るには、イエス様が教えてくれた「ルール」を守ること!
自分はどこにいるでしょうか?
丸の中にいる?
丸の中でも、イエス様のそばにいる?神様のそばにいる?
それともちょっと丸からはみ出しているかな?
完全に出てしまっているかな?

自分がいると思うところにしるしを書いてみてください!

さて、かけたかな?
なんで、自分はそこにいると思いましたか?
なんでそこに自分を書いたのでしょうか?

イエス様よりも神様に近く書いた人もいるかもしれませんね。
本当にそう思いましたか?もしかしたら偉くなりたいと思っちゃったのかもしれませんね。
ほんとうに神様が大好き!という理由の人もいるかもしれませんね。

丸の外に書いた人もいるかもしれません。
ルールを守れてないと思ったのかな。
例えば、毎日お友達と喧嘩しちゃうとか、
お祈り覚えてないとか。
そう思って丸から出て書いた人もいるかもね。

そんな時、また神さまの方向き直したい、と思う気持ちが大事です。
どうして神様のほう向け無くなっちゃったのかな?
どのルールを破ってしまったからそこにいるのかな?

それを赦しの秘跡のとき神父様にお話ししましょう。
考えて、プリントに書いてみましょう。

なかなか思いつかない人は、
自分は何がイエスさまと違うかな?と考えて、
イエス様からズレちゃってるところをお話しするのも良いでしょう。

赦しの秘跡はごめんなさいではありません。
怒られに行くのではありません。
「ごめんなさい」は、いまの考える作業で終わって、
赦しの秘跡のときは「神さまのところに戻ります!」と言いに行くのです!

今この時間に書けなかった人は宿題です!3月3日までに考えてきてくださいね。
書けた人も、もう少し掘り下げて考えてみてください。
例えば「友達と喧嘩した」とかだったら、
どうして喧嘩してしまったのか、
なぜそういう気持ちになってしまったのか、
という風にどんどん深く考えてみてください。

今日はこれでおしまいです!
最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

また来週も元気に集まりましょう!!




 |  |  |  |

今日も元気に子供たちが集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

今日は2グループに分かれて侍者会を行いました!
侍者スキルアップコースと、侍者リーダー・赤ライン合同コースです。
コースのメンバーをリーダーが発表しました!

侍者スキルアップコースはまずチングルムの結び方の練習をしました。
これから白服になる子達にもきちんと教えられるように練習しましょう。

次に幼稚園に移動してカンパネラの練習をしました。

タイミングや何回ならすのかなどを確認しながらやりました。
一人でもきちんと鳴らせられるように頑張りましょう。

こちらの侍者リーダー(と侍者リーダーを目指す人たち)と、赤ライン侍者服の人たちの合同コースでは、
侍者リーダーが実際に赤ラインの子たちに指示を出しながら、
ミサの最初から最後までを通して練習しました。

一緒に座るとき、侍者リーダーが合図を送って揃って座ります。

朗読者の誘導に行く人も、事前に決めておく必要がありますね。
それをするのも侍者リーダーです。

福音朗読の時は、お説教に入る前、
「お座りください」と神父さま(もしくは助祭)がおっしゃったタイミングで一歩下がって礼をしますが、
赤ラインの子に「一歩下がって礼」と指示を出すのも侍者リーダーです。

奉納者を迎えに行くメンバーも決めます。
赤ラインのメンバーがあまり慣れていない子しかいなかったら、
侍者リーダーや白服のメンバーを一緒に行かせるなど、気を利かせなければいけませんね。

祭壇に向かうタイミングも気をつけましょう。
神父様が祭壇の前の方に出てきてからです。

神父様からご聖体や水とぶどう酒を受け取る人も、動きを覚えてくださいね。
聖体奉仕者や助祭がいらっしゃった場合も考えてください。

侍者リーダーはここからもとても重要で、
神父様をお待たせしないように、テキパキ指示を出したりしなくてはいけないです。

聖体拝領の時も、前の方の席やオルガン側の席に、
足の悪い方や車椅子の方がいないか気をつけて見ていてください。
その方達が侍者より先に聖体拝領を受けるからです。

そして退堂…列を気をつけましょう。

侍者リーダーコースの子たちは、
まだリーダーからの指示がないとうまく赤ラインの子に教えてあげられませんでした。
子供達だけで侍者ができるようになることが目標です!!
どのタイミングで指示を出さないと間に合わないのか、など、
今日リーダーに教わったことをよく覚えて!

赤ラインの子たちも、よくミサの流れを覚えましょうね。

最後は幼稚園のホールに集合して、少し歌の練習をしました。

そして最後に主の祈りと栄唱を唱えて終わりました。

今日の侍者会でやったこと、忘れないようにしてね!
どんどん侍者やってみましょうね。

また来週元気に集まりましょう!!




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、本日・年間第4主日のミサのなかでフィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

8時のミサ
10時半のミサ

 

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。 2月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!