今日は船津神学生が、みんなにイエス様のことをわかりやすく伝えるため、すてきな絵本を読み聞かせてくださいました。

でも…ゴールデンウィークだからなのか…人数が少ない……。最初は2人だけでリーダーも戸惑ってしまいましたが、少しずつ集まってくれて最終的には6人になりました。よかったです…。

まずは「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

 

IMG_0206

 

 

船津神学生の選んできてくださった絵本のタイトルは…「おおきな木」。大きなりんごの木と、ある男の子のお話です。
「このおはなしには、イエスさまは出てきません。でも、イエスさまととっても似ているところがあります。今日はこの本を読んで、みんなにイエスさまについて考えてもらおうと思います」

 

船津神学生のやさしく暖かみのある朗読に、みんな引き込まれていました。
 

IMG_0220
IMG_0212
IMG_0214

 

「おおきな木は、男の子に自分の持っている実や枝、幹などのすべてをあげてしまいますが、その度に「木はうれしかった」と本には書いてありましたね。このおおきな木は、私たちのために十字架につけられたイエスさまと、とてもよく似ています。おおきな木が「うれしかった」のは、男の子が大好きだから…。イエスさまもみんなのことが大好きだから、私たちにいろんなものを…ご自分のぜんぶをくださったんです。」

みんなこの絵本と神学生のおはなしから、イエスさまがみんなを大好きだということがとってもよくわかったのではないかと思います!

 

そして神学生から、今日の福音の「ぶどうの木」についてもおはなしがありました。
「ぶどうの木はイエスさまで、枝はみんなです。木を切ってしまったら枝はどうなっちゃうかな?…そうです、育たなくなってしまいますね。みんなもイエスさまにつながっていることで成長していけるんですよ。」

 

「おおきな木」のお話と「ぶどうの木」のお話からイエスさまの大きな愛を学んだところで、みんなで「かみさまのあいは」を歌いました。オルガンの演奏が得意な船津神学生の伴奏にあわせて歌いました!
 

IMG_0216

 

最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。

 

船津神学生のお話、とても勉強になりました。みんな、イエスさまの愛をいつも感じて成長していきましょうね。
来週は…、待ちに待ったリーダー自作のDVDを見る予定です!お楽しみに!