今日から四旬節が始まります。

四旬節は、洗礼を受けた信者も、この期間をとおして節制と回心につとめ、「自分は一体何を信じ、誰を信じているのか」振り返り、信仰の原点を見つめ直す時です。栄光の賛歌やアレルヤ唱(アレルヤ唱は「詠唱」に代わります。)も四旬節は歌いません。

 

カトリック松戸教会では、灰の水曜日のミサが6:40/10:30/19:00と3回行われました。

 

DSC00939

 

お説教の中でフィリップ神父様は、四旬節に勧められる3つの「祈り・節制・施し」について、1つ1つ説明してくださいました。

節制とは、断食などで自分を空にして神様、そして、聖霊をもう1度受け入れる準備をすること。

施しとは、自分本位なモノではなく、相手を思って行うもの

祈りとは、自分を捧げ、神様のもとに戻ること…

四旬節を通し、自分を省み、神様のもとに戻ることを促されました。

 

DSC00960

 

お説教が終わると、「灰の式」が行われ、「回心」の印となる(受難の主日<枝の主日>に祝福された枝を燃やしてできた)灰を額に受けました。

 

DSC00968

 

回心して福音を信じなさい」という言葉とともに、灰を受けました。

 

DSC00970

 

 

第1朗読 ヨエルの預言 2章12~18節
第2朗読 コリントの信徒への手紙二 5章20~6章2節
福音朗読 マタイによる福音書 6章1~6、16~18節