皆さん、新年おめでとうございます。
2014年が皆さまにとって神の祝福と喜びに満ちた実り多い意義ある一年となりますように心からお祈りいたします。私の生まれ育ったふるさとフィリピンや日本、そして全世界に大きな災害がもたらされないことを願っています。新しい年を始めるにあたり、自分や家族、友達、私が司牧するフィリピン人共同体と松戸教会の全信徒たちを守り助けてくださるよう、神の母であり、また私たちの母でもある聖母マリアの手にゆだねます。

私たちの心を開いて毎日の生活にイエス様をお迎えすれば、きっとこの一年がより良い、より明るい未来をもたらしてくれるでしょう。そして、私たちにとって大切な新年の抱負を立てるとすると、それはマリア様を模範とすることでしょう。いろいろなことがマリア様の一生に起こっていましたが、マリア様はすべての出来事を理解したわけではありませんでした。だから、マリア様はすべてのことを心の中にしまって思いをよせていたのです。

私たちはいつも気ぜわしく急いでいるように見えます。自分のタイムスケジュールをしっかり守ろうとしているのかも知れません。でも、いつも神様のことを忘れないでください。
祈ることをやめないでください。神様を私たちが毎日していることや場所に招いてください。
そうしないと私たちはどこかに連れ去られて迷子になり、ひとりぼっちになってしまうでしょう。マリア様のように、私たちの毎日の生活に起こったことをゆっくりと時間をかけて宝物にしましょう。そしてその宝物に思いをよせましょう。なぜなら、その宝物は三度とやって来ないからです。神様がともにいてくださることは生きることの本質を意味します。
皆さんのうえにもう一度、ハッピーニューイヤー Happy New Year!

 

主任司祭 フィリップ・ボニファチオ神父