いよいよ聖劇を皆様に披露する時がやってきました。みんな緊張しています。

直前練習を除いて毎回キャスト全員が揃って練習することは出来ませんでしたが、きっと大丈夫。

さあ、みんなで気持ちを合わせて、イエス様のご降誕をお祝いしましょう。

旧約聖書、天地創造の語りから始まります。
神様のつかいである大天使ガブリエルが、マリア様に、救い主であるイエス様のお母様になってほしいと伝える場面
 
 
ガブリエルは大工のヨゼフの夢にも現れ、神様の力で母となったマリア様を妻として迎えるよう伝えました。
 
人口調査のため、ナザレの町からベツレヘムへ向かうヨゼフとマリア。
夜になり、宿を探しますが、どこも宿はいっぱいです。ヨゼフは身重のマリアを心配しています。
なんとか寒さのしのげる馬小屋で過ごせることになりました。
そしてこの夜、私たちの救い主イエス様はこの馬小屋でお生まれになりました。

一晩中、羊の晩をしていた羊飼いたち。
輝く星とともに、イエス様の誕生を一番初めに知らされます。
天使たちは羊飼いたちに、早く行って飼い葉おけに眠る赤ちゃんを拝むようにと促します。

 
遠い東の国の三人の博士たちも、同じく輝く不思議な大きな星に導かれてイエス様に贈り物を持ってお祝いに来ました。
王様のしるしの黄金、神様のしるしの乳香、永遠の命のしるしの没薬です。

世を照らす光、すべての人が主の光に包まれた! メリークリスマス!
 
 
 
 

 
子供たちの頑張り、たくさんのお祈りに支えられ、聖劇を無事に終えることが出来ました。
神父様をはじめ、見に来ていただいた方々に嬉しいお褒めのお言葉もいただきました。
この日のためにご協力いただいた皆様、見守って下さった神様に感謝!

 
 
ミサの後、神父様から、お菓子をいただきました。