十字架称賛の祝日である本日、カトリック松戸教会の信仰年記念行事として3回目の巡礼が行われました。

台風の影響による天気への影響が心配されましたが、晴天に恵まれ、9月とは思えないような暑さとなりました。フィリップ神父様・愛徳カルメル会のシスターも同行してくださり、総勢45名の参加者が大型バスに乗り込み、最初の目的地に向かって出発しました。

 

フィリップ神父様の祝福のお祈りのあと、この巡礼を企画してくださったヨゼフ会の方が今回の巡礼で訪ねる教会等について説明してくださいました。

 

DSC00471

 

愛徳カルメル会のシスターのリードのもとで、ミサで歌う予定の聖歌をみんなで練習しました。その際、シスターがおっしゃった「楽譜のない方がかえって言葉を味わいながら歌えるので、より一層心に響いてくるんですよ」という言葉が印象に残りました。

歌の練習が終わると、マリア会の方々が先唱してくださり、ロザリオの祈りを唱えて、時間を過ごしました。

3連休の初日であることもあり、多少渋滞がありましたが、歌の練習・ロザリオの祈りなどで時間を過ごしている間にあっという間に目的地に着くことができました。

 

 

カトリック本所教会

 

本所教会は1879年(明治12年)に創立されました。東京(当時は府内)で4番目に創立されました。1880年には聖堂が完成し、日本26聖人に捧げられました。

 

DSC00475

 

聖堂内には、1627年の日本26聖人の列福式の際に使用されたされる絵が正面に2枚掲げられています。

向かって右が「聖ペトロ・バプチスタ神父」・左が聖フィリポ・デ・ヘスス修道士です。

これらの絵は、イタリア・アジジの天使たちの聖マリア教会を管理しているフランシスコ会で発見され、白柳枢機卿が購入され、本所教会の第5代主任司祭であられた下山神父様が枢機卿より一時借用し、今に至ってます。(お2人とも帰天されている)

 

DSC00478

 

日本26聖人の1人、聖トマス小崎の像が後ろ上に…。

 

DSC00480

 

加藤英雄神父様に出迎えていただきました。

 

IMG_6434

 

 

信徒の方が、本所教会は、かつて3度聖堂を失い、そのたびに再建してきたことなど…本所教会の歴史、そして、日本26聖人についてお話くださいました。

  • 1905(明治38)年9月6日に日露戦争講和条約に反対する人たちにより焼き討ちで聖堂を失う。
  • 1923(大正12)年9月1日、関東大震災によって、本所は再び天主堂を失う。所属信徒の家屋223戸を焼失し、信徒の死者は約200名にのぼる。
  • 1945(昭和20)年3月10日、東京大空襲による戦災で、全焼。

 

 

IMG_6438

 

DSC00482

 

お話の後、本所教会の方が冷たい飲み物と甘い物を用意してくださっていました。

毎年、2月には、日本26聖人殉教者の為のミサが司教様を司式で行われ、長崎に行けない方々が集まり、盛大に祝われるそうです。

 

 

その後、信徒の方々に見送っていただき、次の目的地へ…。

 

 

 

 

元和キリシタン遺跡「札の辻」

 

住友不動産三田ツインビルの敷地内に「元和キリシタン遺跡」の碑は、置かれています。碑は広場の奥、広くゆるやかな階段を上りつめた先にあります。

 

IMG_3411

 

1623年12月14日、イエスズ会のデ・アンジェリス神父、フランシスコ会のガルベス神父、ジョアン原主水をはじめとする50人が火刑によって殉教した地です。昔は正面が海に面していたそうですが、今は高層ビルがそびえ、当時の面影はまったくありません。

当時、芝口札の辻は東海道から江戸への正面入り口で高札場であったため、多くの人が江戸に入るために通過しました。小高い丘となっていたこの地で処刑されたのは、見せしめのためでした。

同年、12月24日、殉教者の爪と子供たちの24人が、同じように支柱を引き回しされた上、ほぼ同じ場所で処刑されました。キリシタンの中の6人が火刑、17人が斬首、2人が磔刑でした。

 

DSC00484

 

神父様と共にお祈りをしました。

 

DSC00485

 

 

 

 

カトリック高輪教会

 

高輪教会は、1948年スカボロ外国宣教会の宣教によって教会の礎が始まり、1959年品川駅近くの現在の教会位置に、聖堂が建築され、11月22日、土井大司教(当時)の司式のもとに献堂式が行われたました。

徳川家光によるキリシタン迫害の象徴ともいえる「江戸の大殉教」の殉教地・札の辻に近い教会であることから「殉教者の元后聖マリア」に捧げられています。

 

1989年に再建された新しい聖堂は、コンクリートを打ちっぱなしにしたモダンなデザインで、高輪プリンスの目の前にあることもあり、結婚式に利用する方が非常に多いそうです。

 

DSC00489 DSC00492

 

つくと、早速信徒の方が、教会の歴史や江戸の大殉教について説明してくださいました。

高輪教会では、「王であるキリスト」の祭日に、独自に教会の方々で朗読などを決め、「江戸の殉教者の記念ミサ」が行われているそうです。

 

IMG_6449

 

2つのグループに分かれ、それぞれ教会を順に紹介してくださいました。

 

DSC00493

 

地下には、クリプト(納骨堂)も設けられていて、このクリプトの入口には、江副隆愛氏によって描かれた江戸大殉教の刑場の光景「江戸大殉教図」(この絵のレプリカや写真はご覧になった方は多いと思います)が掲げられています。

 

DSC00494

 

地下には、資料館もあり、踏み絵やキリシタンを取り締まるために見つけたものに賞金を出すなどと書かれている札が展示されていました。

 

IMG_6455retouched

 

聖堂の入り口前には、「江戸の大殉教記念碑」があります。(道路側から見ると英語で書かれています。)

この碑は、1623年(元和9年)12月4日に行われた第一次江戸の大殉教からちょうど333年たった1956年に、処刑された場所の跡地にあった智福寺の境内に建てられていましたが、智福寺の移転に伴い、ここに移設されました。

 

DSC00496

 

1997年、中から自然光による美しいプリズムが望める十字架のモニュメントが造られました。気温・湿度などによって見える十字架が変わるそうです。(逆に入ってしまうと……正面に自分の顔が映ってます…)

 

DSC00499

 

この後、高輪教会で昼食を頂きました。

 

DSC00500

 

IMG_6458

 

昼食後、信徒の方に見送って頂き、次の目的地へ…

 

 

 

カトリック築地教会

 

築地教会は、東京で最初に建てられた教会です。

1871(明治4)年、仮の教会が建てられ、1874(明治7)年11月22日、聖ヨゼフを保護者として新聖堂は祝別されました。

1877(明治10)年、築地教会に司教座がおかれ、オズーフ司教が着座し、1920(大正9)年に、東京大司教館が築地から関口教会構内に移転するまで、宣教の拠点としての役割を果たしました。

 

IMG_6464

 

1878年(明治11年)現在地に、煉瓦作りの聖堂が建てられましたが、1923(大正12)年9月1日の関東大震災で、旧聖堂は崩壊し、ローマ教皇使節の仮使節館として使用していた旧大司教館をはじめ、教会付属の建物はすべて焼け落ち、築地教会はガレキの山となってしまいました。

 

IMG_6465

 

大震災の3年後、1926(大正15)年11月、新聖堂の起工、翌年1927(昭和2)年4月10日に竣工、レイ大司教により献堂されました。新聖堂はレイ大司教の希望によりギリシア建築パルテノン型の木造モルタルとなりました。

第二次世界大戦中の空襲では、近くに聖路加病院があったため空襲をまぬがれ、築地教会も戦災にあうことなく現在に至っています。

築地教会の聖堂は1999(平成11)年4月、東京都景観条例により歴史的建造物に選定され、さらに2001(平成13)年3月中央区からも文化財に選定されました。

 

DSC00512

 

信徒の方が、築地教会の歴史について、お話くださいました。

創建時から残っているアンジェラスの大きな鐘が、聖堂内に祭壇に向かって左後ろ奥に置かれています。もう一つの対の鐘は現在カテドラル関口教会にあるそうです。

また、祭壇の十字架は関口教会のものを譲りうけたそうです。

 

DSC00511

 

 

 

カトリック浅草教会

 

カトリック浅草教会は、1877(明治10)年12月に、東京都内の2番目の教会として、現在の位置に立てられました。

敷地内はとてもきれいで、ガーデニングが行き届いています。

ホールでは、最初の教会からの遺産である聖ペトロと聖パウロの像が置いてあり、これらの像の上には2代目の教会から受け継いだステンドグラスがはめ込まれています。

(浅草教会は聖パウロに捧げられています)

 

DSC00522

 

教会入口左手には奇麗なルルドがありました。

 

IMG_0505

 

浅草教会に着くと、まず教会の裏手にある「浅草・鳥越殉教記念碑」に案内して頂きました。

フランシスコ会のヘロニモ・デ・ヘスース神父は、マニラとの貿易を考えていた徳川家康から、貿易政策に協力することを条件に、江戸での宣教をゆるされ、1599年、八丁堀に「ロザリオの元后聖マリア聖堂」を建て、江戸布教のきっかけをつくりました。
ヘロニモ神父のあと、同じフランシスコ会のルイス・ソテロ神父たちは、約13年間この聖堂を中心に東北、幾内方面にもおよぶ宣教活動を続けました。

しかし、1613年、ソテロ神父の留守の間に、江戸のキリシタン数名が捕らえられ、ロザリオの元后聖マリア聖堂も壊され、聖堂再建は許可されませんでした。

そこで、ソテロ神父は、江戸から離れた新開地浅草に、小さな聖堂とハンセン病の病院を建てましたが、1ヵ月ほどで、多くの キリシタンが捕らえられ、鳥越の牢に入れられたあと、鳥越刑場で27名が殉教し、多くの信徒が追放されました。(鳥越刑場はここではなく、鳥越川の方にあると西川神父様が教えてくださいました)

 

IMG_0083

 

聖堂内に入ると、ミサを行いました。

 

DSC00528

 

 

第1朗読 民数記21章 4b-9
福音朗読 ヨハネによる福音書 3章13~17節

 

 

ミサが終わると、信徒の方が、今から約400年前、当教会のキリシタンたちがハンセン病患者の世話をしたこと、江戸時代の殉教を経て明治時代に禁教令が解かれた後も迫害を受けたこと、関東大震災でガレキと化したが、その後また再建されたことなど、浅草教会の歴史を説明してくださいました。

また、松戸教会の信徒の方が、1877年(明治10年)12月25日、浅草教会の開堂式の時に行われた洗礼式で受洗した22名の中に松戸在住の方がおり(東葛飾で最初のカトリック信徒)、その後、松戸教会の礎を築かれるなどしたなど(詳細は「松戸教会50周年記念誌」)、浅草教会は松戸教会と非常に縁が深い教会ということを、補足として、お話しされました。

 

IMG_6492

 

そして、浅草教会の主任司祭・西川神父様、信徒の方もご一緒して、記念撮影…。

 

IMG_6498

この後、ホールでお茶を頂き、それぞれ、西川神父様がハンドメイドされた「ロザリオ ブレスレット」を購入されたり(なんと…300円で販売されてました)、ホール内に飾れている浅草教会のかつての写真などを見学させていただきました。

 

そして、西川神父様・信徒の方に見送って頂き、帰途へ…。

帰りも6号線が多少渋滞していたため、少し予定よりは少し遅れましたが、無事松戸に到着しました。

 

 

殉教された方々の信仰心、そして、幾度となく崩れ去った聖堂を立て直した各教会の信徒の方々の力強さなどを感じ、自らの信仰を顧みる恵みの多い巡礼となりました。