教会学校はじめの祈りで、今日も心をひとつにしてがんばりましょう。

さて、今日は「王であるキリスト」の祭日です。キリスト教の暦では、今日は一年の最後の主日(日曜日)です。

来週の日曜日、12月1日からイエスさまがお生まれになるのを待ち望む待降節が始まり、新しい一年が始まります。

来年はA年、マタイ福音書を中心に読んでいきましょうという年です。

B年は、マルコ、C 年は、ルカ福音書を中心にというものです。

何でこんなこと決めたのかというと、イエスさまはおっしゃいました、「天地は滅びるが、私の言葉は決して滅びない」と。

神様の言葉はとても力強いもの。わたしたちを力づけたり、正しい道に導いてくれるもの。

だから、聖書を読みましょう、という事なのです。日は王であるイエスさまを祝う日です。

この前の教会学校で、神の国ってどんなイメージかなと聞いたら、みんなから、平安とか、みんなが助け合って生きている国とか出ましたね。その神さまの国の王様がイエスさま、あなたを王としてお迎えします、と宣言する日ですね。

 🎶 イエスは王様、イエスは勝利者 🎶

うん?、イエスさまは何に勝利なさったの? … へび!そうですね、ヘビ、悪に勝たれたのですね。

十字架の苦しみを通して復活して、悪に勝たれたのですね。

だから、そのイエスさまにいつも見守っていて下さい、導いて下さいと願いましょう。

それでは聖劇の練習開始!今日は聖劇練習2回目です。

立ち位置や動きもあって、まだまだ台本を読むので精いっぱいかもしれません。でも不安にならなくても大丈夫。いつもイエス様が微笑んで練習を見ていてくださいますよ。

高校生の伴奏で劇中の歌の練習もします。何度も練習していくうちに、情景が思いうかぶようになります。

そうすると自然にセリフが言えるようになります。そこに気持ちが入るとぐっと良くなりますよ。

今日台本を受取り、初めて練習に参加した子もいましたね。

ぜひおうちでも練習してきてくださいね。

最後に輪になってアベマリアのお祈りをしました。

子供達の聖劇練習中、保護者でクリスマスカードの作成をしました。素敵なカードが出来ました。