本日、年間第22主日のミサは、2018年4月から2019年1月まで松戸教会で司牧実習され、3月21日(日)に司祭叙階された長崎教区の宮原大地神父様を浦上教会からお迎えして、初ミサが捧げられました。

 

 

多くの方々が、初ミサの恵みに与りました。

 

 

司祭としての初めてのお説教。
浦上教会での司牧のお話もしてくださり、近況をお伝えくださるとともに、その中で気づかれた「へりくだる」という事について、分かりやすくお話しくださいました。

 

 

感謝の祭儀が始まり、奉納が行われます。

 

私達、松戸教会の信徒の前で初めての聖変化。

 

そして、聖体拝領。

 

 

聖体拝領後、司牧評議会委員長より、松戸教会を代表して初ミサの感謝の気持ちが贈られました。

 

改めて宮原新司祭よりご挨拶を頂きました。

 

そして、派遣の祝福!

 

 

初ミサのお約束を果たして頂き、本当にありがとうございました。
土曜日・日曜日に行われた全ての主日のミサを司式して頂き(月曜日の朝ミサも司式して頂きました!)、多くの方々が初ミサの恵みを味わえたことに、信徒一同、心から感謝しています。

10時半からのミサ後、祝賀会が行われました。

 

本当にありがとうございました!