いよいよ、2019年度錬成会が13日から行われます。
今年は、主任司祭がフィリップ神父から伊藤神父様に変わられたり、教会学校もリーダー制度を廃止し、カテキスタが運営するという大きな体制の変化があり、なかなか錬成会の企画自体を行うことが出来ませんでした。

したがって…本当に久しぶりに松戸教会で行うことになりました。
今年は、青年会が関わる最後の錬成会でもあり、昨年までリーダ―を務めていた青年が全員参加して行うことになりました。
また、今年の錬成会は、中高生が13日から、子どもたちは14日から合流し、行われるという初めての試みです。

中高生でしか楽しめないこと、中高生のレベルで覚えてほしいことなどがたくさんありますから、子どもたちとは別に中高生で力を合わせ、子どもたちを迎え入れる準備を、青年たちとしてもらいたいと思っています。

 

 

今日は、総監督を中心に最終打ち合わせ……。
しかし……企画を立てたのは、ドSでお馴染みの青年ということもあり、企画内容を知った青年たちから「大丈夫ですか?」と心配の声がとびます。
総監督を中心に、しおりをみながら、みんなで役割を確認します。

 

リーダー特命タイムのための準備!
リーダー特命タイムでは、松戸教会の信徒として、青年の仕事を少しだけみんなに手伝ってもらいます。

 

帰る前に、みんなで夜道を歩くチェック!
今回は、近くの銭湯に行って、お風呂に入ります。

 

なぜか、吸い込まれるように…通り道にある松戸神社へ……何かに呼ばれたのでしょうか……
キリスト者の青年たちには、関係ないはずなんですが……なんでしょうか……。

 

でも…まぁ…これできっと大丈夫なはず…… 後は、今年の夏、子どもたちにとってこの練成会が最高の思い出になるように神様にお祈りします!
中高生は、火曜日から!
そして、小学生は水曜日から!元気に集まってください!