本日、復活の主日(日中)のミサが8時から、そして、10時半からの2回のミサが行われました。

 

特に、10時半からは、国際ミサが行われ、御聖堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、エントラスもいっぱいになっていました。

 

 

入堂後、まず、フィリップ神父様が祭壇と復活のろうそくに献香されました。

 

 

栄光の讃歌の時にカナパネラが鳴らされ、荘厳に復活の主日のミサが開祭されます。

 

 

第1朗読は、ローマ軍の百人隊長であったコルネリウスから招待を受けた聖ペトロがイエス・キリストについて証言する箇所が朗読されます。 復活した主・イエス・キリストに力づけられ、聖霊に導かれた初代教会の姿を思い起こします。

 

第2朗読は、英語で朗読されました。そして、「Thanks be to God」と会衆が答えました。 今日の箇所のなかでは、洗礼によってキリストとともに死に、キリストともに復活させられたキリスト者の新しい生き方と栄光が語られます。

 

そして、復活の続唱、そして、アレルヤ唱を歌い、福音を迎えます。

 

福音朗読は、日本語と英語で、行われました。

福音朗読では、イエス様が十字架で死んでから3日目の早朝の出来事が語られます。
マグダラの聖マリアに墓が空になっていることを聞いた聖ペトロと聖ヨハネの2人の使徒が、走って墓へ向かい、墓が空になり、遺体を包んでいた亜麻布が落ちているのを見つけます。
イエスは、必ず死者の中から復活されるということになっているという聖書の言葉を、2人はまだ理解しなかったのである

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコロサイの教会への手紙 3章1~4節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

 

そして、フィリップ神父様のお説教が、日本語と英語で行われました。

 

 

 

 

共同祈願では、まず、日本語で昨夜の復活の聖なる徹夜祭で受洗された方々への祈りが唱えられました。

 

次に、ベトナム語、韓国語、英語、タガログ語、セブ語、ビサヤ語、ポルトガル語、ナイジェリア語、スリランカ語など様々な言葉で唱えられました。

 

最後に、助任司祭として2年、主任司祭として7年間、9年間松戸教会の司祭として務めてくださったフィリップ神父様への意向が唱えられました。

 

 

 

そして、感謝の典礼に入ります。

 

MCCICから花束やフルーツなど国際色豊かな奉納がされます。

 

ホスチア、水と葡萄酒の奉納は、昨夜の復活の聖なる徹夜祭で受洗された方々が行ってくださいました。

 

奉納されたホスチア、水と葡萄酒を準備し、全知全能の父である神に賛美と感謝を捧げます。

 

清めの前の献香が行われます。 フィリップ神父様が復活ろうそく、祭壇に献香されます。

 

 

 

そして、聖変化が行われます。

 

 

 

そして、聖体拝領……

 

 

普段、教会に来れない方々もいらっしゃり、400人以上の方々がミサに与り、主のご復活を共に祝います。
そのために、聖体奉仕者が御聖堂に入れずにエントランスホールでミサに与った方々や、御聖堂の右側の列、左側の列に座っている方々にご聖体を授けます。

 

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICコーラスが歌います。国際ミサならでの光景ですね。

 

 

聖体拝領後、イータスーエッグの祝福が行われます。
家に持ち帰り、改めて家族とご復活の喜びを分かち合えて頂けたらと思います。
(卵を運ぶのは、青年達です)

 

 

お知らせの時間には、教会学校の新6年生が、来週行われる2019年度の入学式・1学期始業式のお知らせをしてくれました。
小学生の皆さん、是非教会学校に来てくださいね!

 

 

ミサの終わりに、洗礼を受けた時の事と思い起こし、私たちもそれぞれの生活の場でキリストの証人となるよう派遣の祝福を受け、ミサが閉祭されます。
(最後にアレルヤ!と主のご復活の喜びを表します)

 

 

松戸教会では、昨日行われた復活の聖なる徹夜祭のなかで受洗された7名の方々を、新たな家族として迎えることが出来ました。
本当にご受洗おめでとうございます。

そして、主のご復活おめでとうございます!!!