午後7時から聖金曜日「主の受難」の祭儀が行われました。
キリストの受難と死は過ぎ越しの途上の出来事なので、「主の過ぎ越し」を記念するミサは伝統的に行いません。
しかし、昨日の「主の晩餐(ばんさん)の夕べ」で聖別されたご聖体をいただき、
キリストとの一致のうちに、復活への希望を新たにします。

 

主の受難の金曜日には、過越の聖なる断食が行われます
聖金曜日の典礼祭儀は、普段とは違い、通常のように祭壇布をかけず、ろうそくもおかず、入祭の歌も歌いません。ここにキリストの死のかたどりをみます。
祭儀は「言葉の典礼」「十字架の崇敬」「交わりの儀」の3つの部分で構成されています。「主の受難」の祭儀では、パンとぶどう酒は聖別されません。
聖金曜日に行われるこの祭儀のなかで、救いの歴史におけるキリストの受難と死の意義を思い起こし、復活への希望のうちに十字架の勝利を賛美します。
祭儀は入際の歌は歌わず沈黙のうちに始まります。
司祭は赤い祭服をつけて静かに入堂し、会衆席に向かっていつものように「祈りましょう」の招きもなく、祭壇の前で伏臥(うつ伏せになり)して、しばらく沈黙の祈りの後に集会祈願にはいります。

祈りの後、祈願が唱えられます。

 

第1朗読と第2朗読の箇所は、「主のご受難・死」についての箇所が朗読されます。

第1朗読 イザヤ書 52章13節~53章12節
第2朗読 ヘブライ人への手紙4章14~16節、5章7~9節

次いで、受難朗読が行われます。自らを父に奉献して実際に唯一の祭司となられた方の受難が(ヨハネ 18章1~19節,42節)が、読まれるときに頂点に達します。
受難朗読のなかで、会衆はそろって「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」と答えます。
私たち全てが、罪のないイエス・キリストを十字架へと導いたことを思い起こします。
イエス様が亡くなられた箇所では、頭を下げ、沈黙のうちに祈ります。

 

第1朗読 イザヤ書 52章13節~53章12節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 4章14~16節、5章7~9節
受難の朗読 ヨハネによる主イエス・キリストの受難 18章1節~19章42節

 

 

司祭の短い説教が行われました。
説教の後、1年の典礼のなかで、もっとも豊かな盛式共同祈願が行われます。

イエス様がすべての人のために命を捧げてくださったことを思いながら、
「教会のために」「教皇のために」「教会に仕える全ての人のために」「洗礼志願者のために」「キリスト者の一致のために」「キリストを信じない人々のために」「神を信じない人々のために」「困難に直面する人々のために」それぞれ祈ります。
普段の共同祈願とは違い、一つ一つの意向に従って信徒の代表が先唱し、しばらく、沈黙のうちに祈ります。

 

十字架の顕示と礼拝

「盛式共同祈願」が終わると、司祭は、いったん退堂し、「十字架の顕示」が始まります。
司祭は、紫の布に覆われた十字架を捧げて入堂してきます。
途中、三度、「見よ、キリストの十字架、世の救い」と司祭が歌い、会衆は、「ともにあがめたたえよう」と答え、十字架のおおわれた布を徐々にはずしていきます。

顕示が終わると、十字架が祭壇の前に置かれ、司祭・奉仕者・会衆の順に行列して十字架の前に進み、深い礼をして崇敬を表す「十字架の礼拝」を行います。

 

行列の間、聖歌奉仕グループの方々を中心に
「十字架賛歌」 「とがめの交唱」 「十字架讃歌」を歌います。
十字架の礼拝を終えると、「交わりの儀」が始まります。
祭壇が用意され、司祭は聖体安置所から聖体を運び、祭壇に置き
一同を主の祈りに招きます。

通常のミサとは違い、司祭が、主の祈りの副文と応唱を唱えた後、すぐに拝領前の信仰告白を唱え、拝領が始まります。

 

拝領祈願が唱えられた後、司祭は、派遣の祝福と閉祭の挨拶の代わりに、会衆のための祈願を唱えました。
祈願の後に閉祭の歌もなく、一同沈黙のうちに退堂し、聖金曜日「主の受難」の典礼は終わります。

いよいよ明日はキリスト教の最大の主日、「復活の聖なる徹夜祭」です。
信者は、静かに祈りの夜を過ごします。