今日から教会学校3学期が始まります!
まずは御聖堂で始業式を行いました。

「教会学校・はじめの祈り」で始めます。

 

最初に校長先生のフィリップ神父様からお話をいただきました!

「新しい年が始まりましたね。
今まで勉強も遊びもしてきました。
信仰教育には土台が必要です。いまはそのための大切なチャンスです。
学校の部活が忙しくてこれない人もいるから、来れるいまはチャンスです。
一生懸命勉強して下さい。お祈りも覚えて下さい!
お祈りは、キリスト教信者としてのアイデンティティだからです。
「主の祈り」、「アヴェ・マリアの祈り」、「詠唱」、そして「ロザリオの祈り」…覚えて下さいね。

私たちキリスト者は、いつでも困ったときお祈りできます。
人間として限りがあり弱さもあります。
だから祈りましょう!

そして、御ミサもあります。
イエス様の体をいただいて、それだけではなく
神様の力、恵、命をもらいます。

みんなロザリオ持ってますか?
キリスト教信者はみんな持っている。
持っていましょう。

お祈りなど、教会学校で教わってください!
勉強したいことはリーダーに言ってください!
私たちは朝起きて神様に感謝します。生きていることを神様に感謝します。
そういうお祈りの生活を送って欲しいです。」

 

神父様ありがとうございました。
いま神父様からお話があったように、日曜日にミサに来るだけじゃダメで、
お家に帰ってからも、お祈りの生活をして、普段の日も毎日キリスト者でいましょう。

教会学校からクリスマスカードを送った方からお返事が来ていたので何通か紹介しました。
お返事をくださったみなさま、聖劇・ミサに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!

 

ここで、幼稚園へ移動しました。

さっき神父様のお話なんて言ってましたか?
お祈りはキリスト者のアイデンティティだと仰っていましたね。
アイデンティティってちょっと難しい言葉ですが、
つまり、「カトリック信者だったら当然お祈り言えるよね」っていうことです。

じゃあ…使徒信条!言えますか?
ミサでも毎回唱えますね。
本当は何もなくての言えるはずだけど、
穴あきのプリントを用意しました。
ところどころ空欄になっているところを書いてみましょう!

「使徒信条」のプリントを配布しました。

そして、ヒントもこの箱の中にあります!

くじのように一枚紙を引いてください。
そこには空欄に入る言葉が書いてあります!
自分がわからなかったところのくじを引けたらラッキーですね!
そして…ハズレの紙も入っています。
ハズレはそこに書いてある課題をやってもらいます!
それからもう一回引いてもらいます。

では、スタート!
くじを引いてもらいます!

最初の子は…早速ハズレでした。
「新年の目標を大きな声で言って!」という課題でした。

「病気にならない!」と言ってくれました。

 

どんどんくじを引いていきます。

そしてまたハズレ!
「お正月何してた??」という質問に大きな声で答えるという課題でした。

「テレビ見てた」とのことです。

どんどん引いていきます!

次のハズレは「丁寧に新年の挨拶をして!」という課題でした。

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれました。

次々に引いていきます。
そろそろ完成した人もいるんじゃないでしょうか?

次のハズレはなんと「侍者やって」という課題でした!
今日の10:30からのミサの侍者お願いします!!

 

できた人〜?

16番「〜〜〜の交わり」の部分がわからないと言う人が…
わからないところひけるかな!?

さてタイムアップ!

その後、少しの時間で「イエス様がいちばん」を歌いました。

最後に、先ほどの使徒信条のプリントの空欄が全部埋まったという子に
「使徒信条」を唱えてもらいました。

できましたね!!

将来、堅信の時には、使徒信条を全部書くというテストをすると思います。
厳しいから、できるまで帰れないです!
今はまだ難しいと思いますが、今のうちから覚えて書けるように勉強しておきましょう。
また、テストのためではなく、キリスト者として大事なことだから覚えて欲しいと思います。

「アヴェ・マリアの祈り」をみんなで唱えて終わりました。

また来週元気に集まってね!