今日は「王であるキリスト」の祝日です!
この日は、教会歴最後の主日です。
この日を祝い、10時半のミサの前に教会学校を中心に行列を行いました。

 

10時15分、フィリップ神父様が教会入り口の聖母子像前へ…。

 

聖母子像前に神父様が来られると、王であるキリストの絵が描かれている教会学校の十字架に灌水、献香を行いました。

そして、教会学校の子どもたちが、「イエス様がいちばん」を歌います!

 

 

「イエス様がいちばん」が歌い終わると、いよいよ行列が始まります。

教会学校の子どもたちが中心となり、「あめつちをつくり」を歌い、聖堂へと向かいます。

 

 

行列が終わり、会衆がお聖堂に入った後、フィリップ神父様が入堂されます。

 

そして、福音朗読

 

第1朗読 ダニエル書 7章13~14節
第2朗読 ヨハネの黙示録 1章5~8節
福音朗読 ヨハネによる福音書 18章33b~37節

 

 

フィリップ神父様によるお説教。

 

典礼暦年最後の主日「王であるキリスト」の祭日は、1925年に、教皇ピオ11世が回勅をもって、定められました。

私たちは、この祭日を祝い、世の終わりが滅びの時ではなく、神の国の完成の時であること、キリストがこの世界の支配者であること、この王であるキリストが再び来てくださる喜びの時であることを祝いました。

 

次週から新しい典礼暦年がはじまります。。。