本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、午前10時半からミサが行われました。
ミサのなかでは、今年1年帰天された松戸教会信徒の方々、そして、帰天された第4代主任司祭川原 謙三神父様、第6代主任司祭小川拓郎神父様への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

 

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

 

 

 

午前10時半、ミサが開祭されます。
入堂とともに祭壇、無原罪のマリア像に献香されました。

 

そして、ミサが開祭されます。

 

ことばの典礼。
み言葉を味わい、神の愛、神の御業を思い起こします。

第1朗読。

 

第2朗読。

 

福音朗読

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

 

そして、お説教。

フィリップ神父様はお説教のなかで、「聖母マリアは、最も偉大な人であり、女性の模範です。マリア様は、肉体のまま、天に召されました。女性は、愛を育み、愛を運びます。男性は女性を守り、女性とともに神様のいつくしみを届けます。聖母マリアの信仰の姿勢は全ての人の模範です。私達もマリア様のように素直にすべてを委ねて行くことが出来る恵みを願い、祈りましょう。また、このミサのなかで、この1年で亡くなられた兄弟姉妹に神様が永遠の命を与えてくださるように願い祈りましょう」と、仰られました。

 

 

共同祈願の際には、平和への願いを込めた意向が唱えられ、心を合わせて、祈りました。

 

 

 

奉納行列後、清めの際には、無原罪の聖母像、祭壇への献香が行われました。

 

 

 

そして、聖変化

 

 
奉献文の際には、フィリップ神父様が、1人ひとり、今年1年帰天された松戸教会の信徒の名前が読み上げられ、亡くなった方々への祈りを捧げました。また、帰天された第4代主任司祭川原 謙三神父様、第6代主任司祭小川拓郎神父様への祈りも行われました。

 

 

 
多くの方々がミサに与り、ご聖体を拝領しました。
夏休み中で帰省されていた方などもいらっしゃり、たくさんの方々がミサに与りました。

 

 

退堂前、サルべ・レジーナを歌い、祈りをマリア様に捧げました。

 

8月15日は、聖フランシスコ・ザビエルが日本に初めて上陸した日であり、日本の終戦の日でもあります。
マリア様の被昇天にそのような出来事が起こる意味を思いを巡らせることが出来たらと思います。