本日、洗礼者ヨハネの祭日のミサは、2017年4月から2018年1月まで松戸教会で司牧実習され、3月21日(日)に司祭叙階された福岡教区の李韓雄神父様を大名町教会からお迎えして、初ミサが捧げられました。

 

 

 

冒頭、李神父様から司牧実習、そして、松戸教会の信徒の祈りに対してのお礼の言葉を頂きました。

 

 

司祭としての初めてのお説教。
分かりやすく、洗礼者ヨハネの存在の意味、役割についてお話してくださいました。「主は恵み深い」というヨハネの名の持つ意味を通し、私たちキリスト者がどのように信仰の道を歩むべきか、考えさせられました。

 

 

私達、松戸教会の信徒の前で初めての聖変化。

 

 

そして、聖体拝領。

 

 

 

聖体拝領後、司牧評議会委員長より、松戸教会を代表してお祝いが贈られました。

 

改めて李新司祭よりご挨拶を頂きました。

 

 

叙階後、早速、初ミサのお約束を果たして頂き、本当にありがとうございました。
土曜日・日曜日に行われた全ての主日のミサを司式して頂き(月曜日の朝ミサも司式して頂きました!)、多くの方々が初ミサの恵みを味わえたことに、信徒一同、心から感謝しています。

10時半からのミサ後、祝賀会が行われました。