松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日も天候が不安定なために、地下ホール前で行いました。
大阪の梅田教会からもお手伝いに来てくださっていいました。

今回販売を担当して下さっていた野菜畑代表の柳沼さんから震災後、今年の3月11日で7年目を迎えましたが、故郷を失ったという心の部分は、いつまでも癒えることはないというお話を伺いました。

ハード面だけではなく、希望という新たな復興のエネルギーが必要ですね。
私たちも被災者の方々に心を向け、ともに歩む心が必要ですね。
そういう意味でも、野菜やフルーツで季節を感じれるのは、良い機会ですね。

 

 

● 今月のおすすめ品

特産品(新商品)

松戸教会では、人気の商品。
ごはんの素は、お酒のおつまみにも使えるらしいです。
きゃらぶきは、福島県産の柔らかい山蕗を醤油と酒のみで、時間をかけて煮上げたものです。
えごまドレッシングも大人気。
ドレッシングだけではなく、えごまの商品は、人気になるものが多いです。

 

さくらんぼ(佐藤錦)

果実は7グラム程度で、短いハート型。甘みと酸味のバランスがよく日持ちもよいです。
山形県東根市の篤農家、佐藤栄助氏が「ナポレオン」と「黄玉」を交配し育成したサクランボの代表的な品種です。1914年に命名されました。育成者の佐藤氏の名前と「砂糖のように甘い」意をかけあわせた名称だそうです。

 

新鮮野菜

今朝とれた野菜をそのまま運んで来てくださっています。
野菜不足のなので、本当に嬉しいですよね!

 

次回も、8月の第3週8月19日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。