6月24日(日)10時半ミサのあと、地下ホールでお祝いパーティが開かれました。いつものように、パーティ係と担当地区(今回は柏・我孫子・茨城)で準備などを行いました。

 

8時ミサ後、早い時間のお手伝いを申し出てくださった方々は、会場のセッティングとお茶の準備。ホールでは+テーブルクロスを掛けたり、番重にゴミ分別にご協力いただくための札をつけたりする一方、台所では大きなやかんにお湯を沸かし、ポットに準備します。お湯をそのままポットにいれてしまうなど小さなハプニングもありましたが(「濃さを揃えるため、やかんの中でお茶を作るのよ」とのパーティ係さんの説明に納得!)、無事煎茶と紅茶のポットを2本ずつ作り、名札も掛けました。

10時過ぎ、イトーヨーカドーの開店を待って、サンドイッチやお寿司を受け取りに行ってくださったチーム。

神父様席後ろの装飾にも、初ミサに来ていただいた嬉しさがあふれているようでした!

テーブルにはこんな工夫も。お皿が取りやすかった!という声が聞かれました。

お食事がほぼ終わると、神父様の祝福をいただこうと長い列ができていましたが、この日は司牧評議会もある忙しい日だったので、そんな方々の喜びにも気を配りながら、片付けを進めてくださっていました。

楽しいパーティのあとには、やはりたくさんのゴミも出ます。それらを持って帰ってくださる方にも、改めて感謝申し上げます。

素敵な飾りは、大事にしまわれて、次の機会を待ちます。

また、神様の家族として、みんなで楽しい時間を持ちたいですね!

皆さん、お疲れ様でした!