堅信の前の最後の準備を終え、松戸教会の信者の方々に、東京教区合同堅信式の前に、ミサのなかで、堅信に与る中高生から一言ずつ挨拶をおこないました。

 

 

挨拶の前には、中高生担当のリーダーから「名前と聖霊の7つの賜物のなかで一番強く頂きたいものを言って、これからの抱負を言いましょう」と無茶ぶりがあり、みんな苦笑い…必死で春季集中講座で学んだことを思い出します。

 

1人目は、「なかなか正しい事が分かっても、それをを行う事が出来ないので頂きたい」ということで、「勇気」と答えました。
堅信を受けた後は、きっと力強く聖霊に導かれるままに、み旨にそった行動をしてくれると思います!

 

2人目は、勉強が出来るように「知識」と答えました。
勉強だけではなく、知識は、物事や自然や美術品の造られたものの美しさを通し、神様とのつながりを感じれるようになりますね。
堅信を受けた後は、事の本質を見抜き、本当に大事なもの、そして、ものの美しさを感じれる心をもって、豊かな生活が送れるようになると思います!

 

3人目も学校や教会でも、分かっていても、みんなにそれを伝えることがなかなか出来ないから「勇気」が欲しいと答えました。
さっきのおみくじでひいたのも勇気でしたね。
勇気は、自分に与えられた賜物を活かし、みんなに仕えることが出来るようになれる賜物でもあります。
きっと、堅信を受けたのちは、いちばん低い者になって、教会学校の後輩たちや周りの人々に仕える人になってくれると思います

 

 

今日、教会に集まってくださったご長寿の方々も、本当に嬉しそうにこの挨拶を聴いてくださっていました。
これからも、中高生のためにお祈りをお願い致します。

 

本当に多くの方々のお祈りや支えがあって支えられて、ここまで来たことを忘れないでくださいね。
今度はみんなが、それを後輩たちに伝える番になります。

これからの堅信式まで、もう1度心を整えて、聖霊を受ける準備をしましょう!