中高生の勉強会は、本来は、第1週に行いますが、今日、午後2時半から東京教区合同堅信式が行われます。
そのため、堅信に与る予定の3名も含めた6人が集まりました。

これから堅信に与る3名も、すでに堅信に与っている2名ももう1度堅信という秘跡について考えてみましょう。
また、今日は、聖霊降臨の主日です。聖霊が私たちにとってどれほど重要な方か、そして、この聖霊降臨が私たちに何をもたらしたのか、思い起こしてみましょう。

では、主の祈りを唱えてスタートです!

 


 

 

今週のテーマ

● 堅信のための最後の準備 ●

 

今日はいよいよ午後2時半からカテドラルで行われる堅信式で、3人のメンバーが堅信の秘跡に与ります。
堅信を受けたメンバーは、これからリーダーたちからある意味「特別扱い」を受けます。堅信を受けた者として、堅信を受けていないメンバーとは違う扱いを受けることになります。
堅信を受けたメンバーには、ある程度自由が与えられます。しかし、同時に責任もおってもらいます。
昨年、堅信を受けたメンバーは、この1年、リーダーから厳しい言葉を受けましたね。
それだけ果たすべき責任があるという事です。「福音宣教」する使命をおっている者として、後輩たちをフォローし、自分が持っているものを伝えていくことも大事な役目です。
これから、堅信を受けるメンバーも、春季集中講座の中で話したように特別な恵みを頂けるのですから、それを活かし、福音宣教に努めましょう。

さて、今日はまず堅信を受けるメンバーに赦しの秘跡を受けてもらいます。
堅信を受ける前に、告解し神様のもとに戻ること。そして、聖霊を受ける前に、それにふさわしい状態になっておくことが大事です。
大事なお客さんが来る前には部屋を綺麗にしますよね。
神様のもとに立ち返り、イエス様が洗礼を受けた時のように神様から「私の愛する子、私の心に適う者」と言われても恥ずかしくないような自分になっておきましょう。

それでは、ルカによる福音書15章 11節を開いてみてください。

ありがとうございます。有名な放蕩息子のたとえ話ですね。
弟は、父さんとの関係を断ち切り、自分自身の気持ちのままに行動しました。しかし、本当に悔い改め、「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました」と、思います。そして、お父さんの所に戻ります。
これが「回心」です。
回心した弟を、お父さんは、どうしましたか?
怒って家に入れなかった?家にいれて叱った?
お父さんは、家から遠く離れたところまで走って迎いに来てくれて、自分が着ている服を着せ履物をはかせ指をはめました。断絶された関係をお父さんの方から修復し、弟の立場を回復させました。
ゆるしの秘跡は、告解といって、「神さまに謝る」場所ではありません。
回心した私たちをもう1度神の子として迎い入れてくれる喜びのお祝いです。だからこそ、良心の究明は非常に大事です。それが私たちを回心へと導きます。回心した私たちを、どれほど喜んで神様が迎い入れてくれるか、放蕩息子の父親から見ることができますよね。

今日、堅信を受ける3人は、ゆるしの秘跡を受け、神の子として、聖霊を迎い入れる準備を行いましょう。
では、早速、ゆるしの秘跡に与りに行きましょう。

終わったら、償いの祈りをして、またここに集まってください。

 

 

さて、ゆるしの秘跡を受けて、どうでしたか?
堅信を受ける3人の最後の準備が整いました。

簡単に堅信式の流れ、そして、塗油を受ける時の所作の説明をします。

– 堅信式の説明 –

大司教様から按手される時、私たちは聖霊を受けます。
そして、塗油され、「油受けた者」になります。
その時、イエス様が洗礼を受けた時のように、「これは私の愛する子、わたしの心に適う者」と神様から言われていることを感じてください。
私たちは、福音宣教の使命を堅信を受けた時から果たさなければなりません。
聖霊が私たちを導いてくれます。今日聖霊から賜物を頂き、キリスト者として、油受けた者として、神様から与えられた使命、神様のみ旨が果たせるように、頑張りましょう。
堅信を既に受けた2人も、その事をしっかり今日思い起こしましょう。

今日は、聖霊降臨の祭日です。
聖霊を受けた聖ペトロが、聖霊から勇気を受け取ると、五旬祭のためにエルサレムに世界中から集まっている人々の前に出て、話し始めます。
そして、それを聞いた人々は洗礼を受けます。その数は3000人もいたそうです。

 

最後に、今日は、ちょっとおみくじのようなものを用意しました。
ここに7つのカードがあります。書かれているのは、聖霊の7つの賜物です。
まず、聖霊への祈り(聖霊の続唱)を唱えてから、ジャンケンで勝った人から1枚ずつ取っていきましょう。
そこに書かれたものは、一人ひとりにとって、必要なものかもしれないし、一番強く頂けるものかもしれません。

では、1人ずつ、自分のひいた賜物を言って、その説明をしてください。
今日の聖霊降臨で聖霊から私たちは賜物を頂きます。
種を蒔く人のたとえ話(マルコによる福音書第4章1ー9節)でも分かる通り、自分自身のなかにある「いばら」を取り払い、神様を心の中心に置き、信仰を強く持って、賜物を出来る限り、強く受け取ってください。私たちは、聖霊の助けが必要です。「聖霊来てください」と強く祈り、福音宣教に努めてください。

みんなには、光り輝く未来があります。
みんなが光り輝けば輝くほど、福音を多くの人に届けられると思います。

だからこそ、逆に自分を捨て、聖霊の助けを借りて、目の前にある事に一生懸命打ち込んでください。

今日は、長寿感謝の集いという事で、多くのご長寿の方が教会でミサに与ります。
長寿の方々が松戸教会を、カトリック教会をここまで大きくし、支えてきました。
今度はみんなの番です。
教会学校の後輩や、将来の信者のために、福音を伝えましょう!

 

それでは、今日はここで終わりにします。
最期にマリア様の取次を願い、アヴェマリアの祈りを唱えて終わりにしましょう。

 

 


 

次回の勉強会は、6月の第1週に子どもの奉仕するミサが行われますので、7月1日、9時15分から行われます。

筆記用具をもって、集合して下さい。

是非集まってください!